唄う稲穂@薬院 ~おかえりなさい~ 

特製つけうどんセット 1,000円 ☆4.5
福岡市中央区薬院1-10-10 16:00~翌3:00
Facebookあり

いや今日は行かない予定だったんすよ。でも店の前通ってちょい覗いてみたら席がちょいちょい空いてたんで、こりゃチャンスと入ってみました。というわけでお昼は今日オープン、その記念で今日限りランチやってる「唄う稲穂」。しばらくは夜営業のみで、落ち着いたらランチもやる予定らしいですよ。店名からわかるかもしれんけど、昔野芥にあった「唄う! 手打ちうどん稲穂」の店主さんが東京から帰ってきて、うどん職人として入っておられる店ですな。もうちょい詳しい情報などは「その一杯が食べたくて。」にございます(すいません山田さん任せで)。さて今日は「特製つけうどんセット」のみの提供となっている。真新しい厨房とか店内とか眺めてたら1分くらいで麺登場。早っ。
14101600.jpg 14101601.jpg
まず来たのはつけうどん。冷たい麺を温かいつけ汁でいただくタイプ。麺は細め、冷たすぎないくらいに締められていて、食感はややソフト寄りだが芯にわずかにモッチリ感を残す。「博多と讃岐の中間」よりちょっと博多寄りかな。そして噛みしめれば甘い小麦の風味が広がる。つけ汁はキリッとダシが利いた和風味で、ギリギリそのまま飲めるくらいの塩加減。ネギと擂りゴマが味を膨らませる。具は豚しゃぶ、青海苔入り揚げ玉、糸海苔。この豚肉が低温調理なのか、絶妙に軟らかくジューシーですげぇ美味いし、歯ごたえと磯の風味が利いた揚げ玉も絶妙な存在感。
14101602.jpg
セットの2つめはかしわ飯。温玉が載ってるから親子かしわ飯とでも言おうか。これがまた濃いめの味付けに歯ごたえある鶏肉、玉子の濃厚な甘さ、ボリュームもあって絶品。店員さん同士の話によればこれのおかわりは+200円だったようだが、200円でこれは絶対お得だぜ。
14101603.jpg
つけ汁まで完食後に出てきた、セットの3つめは豆楽庵の豆乳プリン。黒蜜が掛かってて、すごく甘くて豆乳っぽくない。普通のプリンかって感じ。でも美味かったよ。
いやぁ野芥の頃を思い出す創作度の高い品々、美味かったです。カウンター席なら時々、うどんを打ってる姿が見られるのもいいよね。つけ汁が熱々ではなかったのと、プリンのプラスチックスプーンが安っぽかったのが残念ポイント。でも残念であって不満ではないくらい。ランチ営業のスタートを心待ちにしつつ、夜営業にも行ってみたいねぇ。つまみや酒の揃いもすごいらしいですよ?

コメント

>こんばんは~

>鳥栖の達ちゃんラーメンがあった所に
>牛骨ふい麺←変換できなくてすいません
>メインのお店が今日オープンでしたよ
>麺はそのたびに
>ビローンって手で伸ばしまして

きゃー、貴重な情報ありがとうございます!
跡にどんな店が入るか楽しみにしてたんですが、まさかの手延べ麺ですか!
近いウチに必ずや行ってみたいと思います~。

>麺山田さん
>ご案内ありがとうございます!笑

いつもお世話になっております(笑)。

>これでますます薬院が激戦区となりましたが、

そうなんですよねぇ。嬉しいっちゃ嬉しいんですけど、
稲穂系の店が大正通り沿いに集まってるのがもったいない気もするんですよねぇ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご案内ありがとうございます!笑
何よりも復活が嬉しいですね。
これでますます薬院が激戦区となりましたが、
よくよく考えれば、ラーメン店だったら、
これくらいの密集度は普通にあるわけで、
競争によるレベルアップが期待できるかな、と♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2572-a1c86608