酒と魚と手打ち蕎麦 はやし & 支那そば かね庵 @小倉 

今日のお昼は小倉駅近く。どうせなら日曜定休の店に行こうと考え、思いついたのが「はやし」。「芭蕉庵@八幡」のお弟子さんの店だっけ確か。店内は手狭ながら落ち着いた雰囲気、客入りは半分くらいだったかな。メニューこちら。
14100400.jpg
おや、やや外れとはいえ小倉の市街地でこのお値段はお手頃じゃないですかね。あ、釜揚げがある。じゃあ迷わずそれで。調理の手際もいいのか、ちょい待ってつゆと薬味、続いて麺登場。
14100401.jpg
麺は気持ち細めってくらいかな、太さもキレイに整っている。季節柄香りは弱めだが甘さは十分、そしてモッチリとした食感がいいね。熱々のつゆは甘さ控えめでかえしの辛さがキリッと利いていて、蕎麦の甘さをしっかり引き立てる。薬味はシンプルに白ネギとワサビ、どっちもちゃんと美味い。ミズナはまあ普通。あっという間に完食後はトロットロの濃厚蕎麦湯、つゆを伸ばして飲んでると、嗚呼こんな幸せな時間がもう終わってしまうのかと一抹の寂しさを覚えてしまった。
いやぁ、この値段でこのお味は嬉しくなってしまうね。ただまあ難点もあり、ぶっちゃけ量が少なめ。なので次はミニ丼も一緒にいただいてみたいね。出来れば新蕎麦の時期に。

酒と魚と手打ち蕎麦 はやし
釜揚げ 700円 ☆4.0
北九州市小倉北区京町3-13-14 12:00~14:00&17:30~22:00 日曜定休


まあそういうわけで、もう一杯くらい頂きたいなぁとか考えててふと思いつく。日曜定休の店「泰玄」が今日は「かね庵」やってるんだっけ。というわけでそちらに向かう。前回「支那そば」いただいたんで、今日は「つけそば」で。麺が細めだからかな、さほど待たずに麺登場。
14100402.jpg 14100403.jpg
チャーシューが冷たいんでまずつけ汁に沈めておく。麺は恐らく支那そばと共通の弱縮れの細麺、冷たく締められててコリッとムチッの中間の食感。量も1.5か2玉くらい入ってそう。つゆは鶏ガラと和風ダシかな、醤油もキリッと利いてて油っ気もちょい強め、後味に黒コショウも感じる。具はチャーシュー1枚とカイワレと糸海苔、つけ汁にネギとゴマ。チャーシュー1枚は厚みがあり歯ごたえしっかりで味強め、ちょっとずつかじってビールのアテにしたくなる美味しさ。糸海苔もつけ汁とよく合ってるな。麺完食後はスープ割り、つけ汁を裏に下げて割ってから持ってきてくれるのだが、これが残念ながら割りすぎたようでかなりの薄味に。惜しい。
細めの麺に醤油風味のつけ汁、俺が好きなタイプのつけ麺で、味もやはり俺好み。「かね庵」は「泰玄」が時々オープンするセカンドブランドなので常時味わえるわけではないのが残念。でもまたチャンスがあれば味わいたいね。

支那そば かね庵
つけそば 700円 ☆4.0
北九州市小倉北区末広2-3-2 11:30~15:00 10月は木曜土曜に営業
Facebookあり(営業日はこちらにて告知)


ぷち麺にゅーす
・小倉駅北の「麺屋大黒」が閉店しとった。他のメニューも喰ってみたいと楽しみにしとったのに(´・ω・`)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2565-b6fbf246