神風亭@宗像 & 四川野郎@中間 

今日の麺ドラは北へ。まずは宗像の「神風亭」へ。今日はそこそこ暑いんで冷やしのメニューにしようかと思ってたんだけど、今日のオススメのトコに「釜玉うどん」がある……じゃあそれにするか。麺が太麺中麺細麺から選べるんで、太麺で。釜玉には細麺は似合わんよな。
14051800.jpg 14051801.jpg
ありゃりゃん、そげん太くないね。平打ちの中細ってトコかな。ガッツリかき混ぜて、冷たいつゆとネギをかけていただく。麺はちょい柔らかめ、過剰な弾性も抵抗感も無く、しなやかでムッチリとした食感。風味もほのかな甘さで、全体的に女性的な印象の麺。玉子は黄身だけなので、濃厚な甘さがしっかり麺に絡みつく。玉子の上の糸海苔は磯の風味がほんのりと、玉子の下に敷いてあった少量の大根おろしは麺への味の絡みをさらに良くしてくれてる感じ。つゆはぶっかけ用かな、濃すぎず甘すぎず程よい風味。
まあ、太麺がこんなに細かったってのが誤算ではあったが、流石に美味しゅうございました。あと釜玉に大根おろしってのは覚えておこう。次こそ冷たい「梅塩冷やし」か「冷やし担々」あたりを、中麺でいただいてみたい。

神風亭
釜玉うどん・太麺 550円 ☆3.5
宗像市広陵台1-7-2 11:00~15:00 不定休


二麺目は昨日コメントで情報頂いた店(ありがとうございます~)。中間の「ラーメン龍の道」の跡地に、5月15日にオープンした新店、担々麺&麻婆丼専門店「四川野郎」。ちなみに「龍の道」は移転先を探しつつラーメンの試作中らしい。
14051802.jpg 14051803.jpg
メニューどん。おっ、汁無しがある。それにするか。そしてテーブルオプション。「激辛わかめ」……四川省のどっかの村で使われてたりするのかね。
14051804.jpg 14051805.jpg
さほど待たずに麺登場。ガンガン混ぜるよ~、そういや今日は混ぜ混ぜメニュー2麺だな。麺は細縮れ、芯にコリッと感があるちょい硬の茹で加減。味付けはコッテリとした甘さのゴマダレと、山椒とラー油の麻辣。いずれもさほど強烈では無いが、俺レベル(辛いのそんなに得意じゃ無い)だと不満が無いくらいの辛さ加減。具は挽肉、ザーサイ、白ネギ、ミズナ。挽肉は小さめで味付けも控えめ、量はある。逆にザーサイは大きめの細切り。
14051806.jpg
中盤でテーブルオプションから四川山椒と激辛わかめを追加。わかめは激辛を恐れてちょっとしか入れなかったけど、たっぷり入れたらもっと劇的に味が変わったかも。食感は軟らかい。そして四川山椒は蓋を開けただけで柑橘系の香りが漂うほど、口の中がジンワリ痺れるほどに麻を楽しめる。さらに四川山椒を追加したりして(食後20分くらいシビシビが残った)、ズズッと完食。
日本人好みに合わせつつ本場っぽさも感じさせた一杯。次は「黒ごま担々麺」かな、夏に冷やしとか出してくれたら嬉しいけどなぁ。

四川野郎
汁なし担々麺 600円 ☆4.0
中間市中間4-2-5


ぷち麺にゅーす
小倉北区中井5-19-3に「手打ちそば 安曇」が5月12日オープン。

コメント

>ニジノスキーさん
>基本メニューが600円で統一なのは、いい意味で選ぶのに迷いそうですね。
>チーズ麻婆豆腐丼が気になります。

四川山椒とチーズが合うかどうか気になるところです。
ちなみに麺とハーフ丼のセットは好きな組み合わせが出来るっぽい感じでしたよ。

あ、早速四川野郎に行ったんですね。
基本メニューが600円で統一なのは、いい意味で選ぶのに迷いそうですね。
チーズ麻婆豆腐丼が気になります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2471-62f5314d