ラーメン平乃家@小郡 & 中国料理 白龍@鳥栖 

今日の麺ドラは小郡から鳥栖へ。まずは「我ガ」……は開店前だったんで通過、続いて「平乃家」へ。新規開店後、一度休業してまた再オープンしたんよね。麺はスープが豚骨と魚豚、麺が細麺と太麺で合わせて4種。つけ麺は今はやってないみたいね。「魚豚太麺」の食券を購入。
14051100.jpg 14051101.jpg
麺は大砲麺工房特注で太さは10番、ムッチリモッチリした食感で麺の味もいいが、終盤は短く切れたのが多かったのが惜しい。スープはコラーゲン感の強い豚骨と軽やかな魚介のミックス、バランスは半々くらいか、かなりあっさり寄りの味。とはいえ太麺の存在感に負けないくらいの強さはある。具はサッと炙ったチャーシュー、海苔、ネギ、そして以前家系寄りだった頃の名残のホウレンソウ。
終盤の麺以外は、素材と技の良さを感じつつオリジナリティも見える味わい。次は豚骨の細麺を味わってみましょうかね。

ラーメン平乃家
魚豚太麺 580円 ☆3.5
小郡市小郡1284-1 11:00~15:00&17:00~23:00 月曜定休


二麺目は鳥栖へ。「仁」に暖簾がかかってるのを横目に見つつ、その親戚筋にあたる「白龍」へ。麺メニューの中から「担担麺」をオーダー。
14051102.jpg 14051103.jpg
麺は中細の弱縮れ、張りがあって歯切れのいい歯ごたえ。スープは鶏ガラ醤油ベースの上にゴマと辛さが浮いてるタイプ、練りゴマの甘さとコクと唐辛子系の辛さがしっかり利いているが、それに負けないほどにベーススープの味がクッキリ強い。このスープなら、他の麺メニューもさぞや美味しかろうな。具はチンゲンサイとザーサイ。肉は無かったな。チンゲンサイはたっぷりめ、切り方が櫛切りなのが面白い。
確かに以前の「仁」の辛つけ麺を思い出させる味わい。次は「皿うどん」にするか「支那そば」にするか迷いどころやなぁ。

中国料理 白龍
担担麺 630円 ☆3.5
鳥栖市本鳥栖町410-9 11:00~14:30&17:00~22:00 月曜定休(祝日は翌日振替)
HPあり

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2466-e828d310