手打蕎麦 すみくら@二丈吉井 ~試さずにはいられない~ 

十割そば 900円 ☆4.0
糸島市二丈吉井3729-1 11:00~16:00 火曜定休

昨夜は割と食い過ぎ飲み過ぎ、万全ではない状態での今日の麺ドラ、糸島方面へ。まずは二丈吉井の「すみくら」へ。開店から一年半か、俺の次の客で席が埋まり、待ちが出るほどの人気ぶり。さてオーダーは本枯節を使った温蕎麦の予定だったのだが、今日がやや温かいってのと、十割そばの説明に「幻の希少在来種「奈川在来」を100%使用した生粉打ちそばです。」なんて書かれてるんで、思わず「十割そば」をオーダーしてしまう。やむを得ん、温蕎麦は次の秋だ。
14020200.jpg
まずはつゆ、薬味と一緒に蕎麦豆腐が運ばれる。ワサビが添えられ、そばつゆ少々が張ってある。中には蕎麦米が混じっていて、風味も食感も面白い。
14020201.jpg 14020202.jpg
蕎麦は細めで幅に少々のムラがある。強烈な香りや甘さはないものの、噛みしめるほどに、食べ進めるほどに風味がどんどん強くなっていく感がある。蕎麦の風味って「穀物っぽさ」と「草っぽさ」があると俺は思うんだけど、この店のは「草っぽさ」に近い感じ。つゆは甘さ控えめ、醤油の風味はキリッと利いてるんだけど塩気はさほどでもない。しっかり蕎麦の風味を引き立てた上に、後味に鰹節の風味が微かに感じられる。薬味もしっかり美味い。そして蕎麦、つゆ、共に量が多めなのも嬉しい。食後はトロトロに濃厚な蕎麦湯、つゆの最後の一滴まで楽しむ。
ちょいとホール担当が不器用かな、って気もするが、まだ真新しい木のぬくもりのある店内といい、窓から広がる田園風景といい、ロケーション共々楽しめる店かな。次こそはそばセット(温)を、次の新蕎麦の時期に。

二麺目は「悪くはないけど凡百」だったので省略。以前はもっと濃厚だったと思うんだけどなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2398-da241215