野菜ソムリエ×らーめん志士@小倉北区 ~正月野菜をさらに喰う~ 

かつお菜らーめん(塩)+プチ汁飯 750+100円 ☆4.0
北九州市小倉北区中井2-11-13 11:00~14:30&17:30~23:00 日曜定休
Facebookあり

今日のお昼は「らーめん志士」、シニア野菜ソムリエの白木さんとお店の共同開発メニュー、かつお菜の収穫が終わる3月くらいまでの限定メニュー「かつお菜らーめん」が狙いである。醤油、塩、ピリ辛から選べるんで、塩でお願いする。
14012800.jpg 14012801.jpg
まあ見た目からしてカラフルかつヘルスィーな感じですな。麺は中細ストレートでちょい柔めの茹で具合、卵白入りかな、いい具合のプリッと感。透き通ったスープは鶏ガラベースかな、油っ気も塩気も控えめで優しい味わい。そこに野菜から出た(であろう)甘さが加わり、ますます優しい味わいに。具はかつお菜を周囲に配し、野菜3種とネギがセンターに。かつお菜は苦みがほぼ飛んでいて(ゼロではない)、正月の雑煮を思い出す美味しさ。柔らかめに茹でられてるんでたっぷりの量も問題なくいける。そして他にもゴボウのきんぴら、ニンジンの塩もみ、ハクサイの甘酢。これらはかつお菜とは逆に歯ごたえを活かしてあり、それぞれに風味も食感も違いを楽しめる。
14012802.jpg
そんだけ美味いのだからスープも残さずに、というわけで汁飯もオーダー。小さなお茶碗にご飯とゴマとネギと味海苔、その上からスープと残った野菜を掛ける。そりゃもう間違いない美味さである。
具に肉類が入ってないとは思えないほどにドッシリと存在感のある一杯。ホント、日曜定休じゃなきゃもっと来たい店ですな。次回のイベントも楽しみやなぁ。

かつお菜トリビア
・煮ると鰹節がいらないほどうまみが出る、という事からその名があるかつお菜だが、鰹節のうまみはイノシン酸、そしてかつお菜のうまみは昆布と同じグルタミン酸なので、本来ならばコンブ菜と呼ぶべきだったのかもしれない(←トリビアか?)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2394-7d933ef1