手打ち蕎麦 花音@古賀 & ゆいまる@宗像 

年越し蕎麦を予約しに行ったら店が閉店してました(詳しくは後述)。というわけで傷心の麺ドラ、宗像方面へ。まずは「花音」に行ってみると、新蕎麦の張り紙が。というわけで安心して入店。オーダーは冷たいぶっかけの中から、ゆばそばを。
13122201.jpg 13122202.jpg
美しい盛りつけ、少しずつ崩しながらお召し上がり下さい、と店員さん。細めで整った麺線、きっちり締められてしっかりした歯ごたえ、そして新蕎麦の香り。甘さはちょい控えめかな。つゆは辛口で味濃いめだが、湯葉から滴ったであろう、蕎麦の底に貯まった豆乳とつゆが混じり合い、マイルドな甘さと辛さが入り交じって蕎麦に絡みつく。こりゃ面白い味わいだな。さらにたっぷりの薬味も絡めつつ味わう。湯葉はムニッとした歯ごたえ、そして大豆の甘さがしっかりとしており、それだけで美味く、蕎麦と一緒に食べてまた美味い。ボリュームもなかなかのもの、完食後は濃厚な蕎麦湯で丼に残った豆乳とつゆを味わい、そして片口に残ったつゆをさらに味わう。
新蕎麦としてはちょいと物足りないが、蕎麦料理としては個性的で味わい深い一品。今度は鶏なり鴨なりいただいてみたいかのぅ。

手打ち蕎麦 花音
ぶっかけ・ゆばそば 900円 ☆4.0
古賀市美明3-10-9 11:30~14:30OS 火曜水曜定休


二麺目は赤間駅の先、へのさんトコの「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2013年・麺大賞」豚骨 of the yearの「ゆいまる」へ。ラーメンをオーダーし、本棚からライジングインパクト17巻を取ってきて読みつつ待……とうとすると、1話も読み終えぬうちに麺登場。早っ!
13122203.jpg 13122204.jpg
麺は細ストレート、ちょい硬めの茹で加減で外連味のない味わいと食感。スープはちょい塩気強めのキレ重視タイプかな、油っ気もほぼ無くクセのない味わいながら、鼻に息を抜けば豚骨臭さもほんのり感じられる。風味としてはアッサリタイプなのだが、一口また一口と味わうほどにより豚骨の深みを感じられる、懐の広い味わい。具のチャーシューはトロトロなのが2枚、逆にキクラゲはコリコリ感が強い。終盤に辛子高菜も入れてみたが、コレは辛味が強いタイプなのでご用心。
刺激的でも強い味わいでもないが、単なるアッサリに終わらない面白さのある一杯。具も充実してワンコインってのも嬉しいところ。こりゃ宗像らへんを通る時は国道3号よりも県道69号の方が面白いかもですな。

本格とんこつラーメン ゆいまる
ラーメン 500円 ☆4.0
宗像市三郎丸6-3-12 11:30~21:00 木曜定休


ぷち麺にゅーす
13122200.jpg
・「蔵吉@西区横浜」、11月末にて閉店しておりました。うわあああ、俺のホームの1軒があああ。
古賀市花見南1-11-20に「らーめん屋 一火」が開店準備中っぽい感じ。宗像の同名店の2号店なのかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2372-b29c97a4