三日月庵@宗像 ~サービス特化~ 

鯖天 600円 ☆4.0
宗像市江口光星原661-1 10:30~15:00 月曜定休

今コレ! '13」今日はうどん部門。候補は3店、「釜喜利うどん」「三日月庵」「めん処 ふくや」。このうち「ふくや」は「たけや」に行ってみたいので外し(えー)、「釜喜利うどん」は他の誰かが選ぶだろうという事で(ええー)、今年は「三日月庵」にしてみようと思います。
細い道の奥にある民家改装型の店舗は今日も多くの客で賑わっている。靴を脱いで上がり、外向きの席に座って、「鯖天」をオーダー。
13121400.jpg
まずは突き出しが出てくる。小魚の南蛮、叩いたメカブ、レンコンチップス。アルミの器に入ったメカブはちょっと食べづらい(笑)。で、今日も半分くらい食べたあたりでもう麺登場。
13121401.jpg 13121403.jpg
「天ぷらが多いので別皿でお持ちしました~」と有り難い言葉。厚くて大きい鯖の天ぷらが3つも、と思ったら……
13121402.jpg
うどんの上に既に2つ載ってるんだぜ。合わせて5つだぜ。
麺はエッジが立って弾力的な歯ごたえ。麺の質、そして提供時間の短さから考えて、恐らく冷凍麺ではなかろうか。なので、メニューに具が豪華なうどんが多くて、かけとかざるとかぶっかけみたいなうどんの質で勝負するメニューが無いのかも。すめは塩気控えめ、ダシも利いてて天ぷらの油っ気に負けていない。具は鯖天の他に卵焼きとネギ。卵焼きの甘さは鯖に疲れた舌に優しかったよ。そして鯖天、衣はサックリしていて鯖は噛みしめるほどに力強い味わい。後半はショウガをちょいと載っけて食べるのもいい。これまた推測だが、生の鯖ではなく焼き鯖を天ぷらにしてるのかも、とも思った。火の通り具合とか色合いとか。
推測混じりで申し訳ないが、品質を安定させた上でサービスを厚くするってのは一つのやり方だなぁと思う。実際、トッピング、内装、接客などは値段の割にはむっちゃクオリティ高いと思うし。次は是非、写真を見るだに恐ろしい「牛肉」頼んでみたいのぅ。

ぷち麺にゅーす
博多区千代4-29-16、「博多とんこつラーメン源」の跡地に「うどん(秀)」(←秀は○囲い)が12月16日11時オープン予定。看板には「大盛り無料」「キムチ食べ放題」みたいな事があったんで、「だいまるうどん@田村」や「天ぷらうどん@唐人町」あたりの出身かも。
古賀市花見東1-6-10、以前中華料理店「香亭」だった場所がラーメン店「萬龍」になってました。花輪があったから最近のオープンかな。

コメント

情報ありがとうございます~。
裏打会は夏吉のあたりですかね。お店、増えてきましたねぇ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2366-3af88cca