麺酒場 木村@警固 ~野菜は緩和剤~ 

四川担々麺 700円 ☆4.0
福岡市中央区警固2-15-20 11:30~15:00(夜は居酒屋営業) 不定休

以前この場所にあった「SAKABAクッカー」って店の麺部門をメインにした新店「麺酒場 木村 本店」が7月に舞鶴にオープン。その後こちらの店も9月に「麺酒場 木村 警固店」としてリニューアルオープン。より麺に力を入れたって感じなんでしょうかね。麺メニューは「四川汁なし担々麺」「四川担々麺」「中華そば」「博多ブラック」、あと冬季限定で「濃厚味噌担々麺」ってのもある。オーダーは「四川担々麺」。辛さが0痺~5痺から選べるんで、2痺でお願いする。
13111200.jpg 13111201.jpg
麺は中細ストレート、しっかりした歯ごたえのある中華麺、味もしっかりしている感じ。スープは鶏ガラベースにゴマ少々、ラー油少々、そして花椒がガツン。食べはじめはそうでもないんだけど、食べ進めるにつれて口の中がジンジンと痺れ、柑橘にも似た爽快感が広がる。この痺れのためかラー油の辛さなんてほとんど感じない。具は挽肉、ホウレンソウ、太モヤシ。中でも野菜のサッパリ感は、痺れゆく口の中で一瞬の安らぎになってくれる。麺完食する頃には、痺れは唇から喉まで広がっていた。3痺にしなくて良かったと心底思いましたよ。
まあ、好きな人はハマるしダメな人は絶対ダメな味わいですな。福岡でこれだけ花椒利かせてる店は「蓮双庭」か、あとは「行徳家」の期間限定くらいかな。つくづく「あぐらの担担麺」の閉店が惜しまれるなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2348-98d5a493