China Kitchen 麻婆@姪浜 ~酸辣+湯麺~ 

ハーフセットB 780円 ☆3.5
福岡市西区姪の浜6-12-30 11:00~15:00&17:00~20:00 日曜定休

酸辣湯麺はへのさんの仮定『「酸辣湯麺」の謎を探る』によると、具が少なくスープにとろみもない、酸辣+湯麺の「サンラータンメン」と、具沢山であんでとじた、酸辣湯+麺の「スーラータンメン」に分かれるという(詳しくはへのさんのブログをご覧くださいませ)。で、今日のお昼は姪浜の「麻婆」。
13090500.jpg
四川飯店出身の店は「サンラータンメン」であるとの仮説もある。そしてこの店のハーフセットBは「エビチャーハンとサンラータンメン」。おお、確かに。
13090501.jpg 13090502.jpg
酸辣湯麺は確かにハーフくらいのサイズかな。麺は中細の弱縮れで卵麺かな、プリッとした歯ごたえと、シュルッと滑らかな口当たり、そして麺の味までも、むっちゃ俺のツボなタイプ。スープは鶏ガラベースでとろみはなく、中国酢っぽい酸味と、ラー油メインにコショウも入ってるっぽい辛味が利いている。辛味はそんなに強くはないけど、ラー油が喉の奥にへばり付いて1回むせた(笑)。具はホウレンソウと挽肉のみと至ってシンプル。
13090503.jpg
対するエビチャーハンはハーフよりはかなり多め。パラッとしてるがパサッとはしておらず、味付けも強くはないが物足りなくもない程良さ。プリプリのエビが3尾入ってるのも嬉しい。付け合わせの青ザーサイまでもきちんと美味い。
仮説通りのタイプで、しかも美味しゅうございました。しかし四川飯店といえばやはり担々麺。というわけで次は中華丼と担々麺のハーフセットAだな(←実は中華丼大好き)。

ぷち麺にゅーす
・あの有名店「Shin-Shin」の博多駅店が、10月31日、博多駅のどこかにオープン予定。デイトスの麺街道かな?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2300-2db3c5af