例年になるか? 東京横浜旅行記・初日 

12122700.jpg
今年も年の瀬のクソ忙しい時期に仕事休んで(笑)、東京横浜に一泊二日で行ってきたんで、何を喰ったか書いておこうと思います。店のデータはまとめて一番下に。
さて、東京についてまず最初に向かったのは「ソラノイロ@麹町」。なんかの雑誌の記事で、数人のライターが今年一番の店に指名してた、のを見た気がする。メニューは中華そばとベジソバの二本が柱だが、俺のオーダーはもちろん「ベジソバ」。
12122701.jpg 12122702.jpg
パプリカを練りこんだ麺は平打ちの中太、モッチリとした食感で麺の味もいいが、特にパプリカを強く感じるってわけではないな。スープは鶏がらなどをベースにした塩味に、グラッセしたニンジンのピューレが混ぜられてるそうで、これがまた絶妙なバランス。ニンジン独特の甘さが立っているがニンジン臭くはなく、しかも甘さとベーススープが入り混じって双方の良さが生きている。さらに柚子胡椒を入れると柚子の風味と唐辛子の辛さがスープの味をさらに引き立てる。このバランスの境地にたどり着くまでにどれくらいの労力を費やしたんだろう。具のチャーシューは脂身多めだが味や食感はいい感じ。そして茹でたキャベツ千切りにブラックペッパー振ったのがまたスープと好相性。連食予定なのに最後はスープまで完食。いやぁ、美味かったって以上に勉強になった、って感じの一杯でした。ただ1つ難点。爪楊枝がミント風味だった(笑)。

続いて「喜楽@渋谷」。入店前も食後も十数人が待ちの列を作る人気店。細くて急な階段に相席必須の小さなテーブルと手狭な店。中華食堂系の麺メニューが並ぶが、その中から福岡ではあまり見かけない「湯麺」をオーダー。ちなみに一番人気は「もやし麺」みたい。
12122703.jpg 12122704.jpg
自分の中で「湯麺」ってのは「強火で油炒めした野菜が乗ってる塩ラーメン」なのだが、まさにその通りの味。ただし非常にレベルが高い。麺は平打ち気味の中太麺、シコシコとした強めの歯ごたえで麺自体の味もいい。スープは鶏がらや豚骨をベースにしてる(と思われる)中華っぽい味で、強すぎず弱すぎないしっかりとした味。さらに塩気が味を引き締め、炒めた油と野菜の味が味を膨らませ、なんとも後を引く味わいに仕上がっている。具の野菜も量は多くないが歯ごたえと甘さは良く、少量の豚肉もなかなかの存在感。いやぁ、経験と技術を感じる一杯でした。叶わぬ願いなれど、この店の中華丼を一度食べてみたいなぁ。

この辺で横浜方面へ移動。向かったのは中華街の「梅蘭新館」。何度もテレビで見たことのある名物「梅蘭焼きそば」が狙いですよ。
12122705.jpg 12122706.jpg
まあ見た目は素っ気無い麺だけど、焼き付けた麺と麺の間にあんかけが入ってるのよね。麺は表はしっかりと焼き色がついてるが、裏面はそこそこの焼き目だったな。パリッというかサクッというか、いい感じの歯ごたえ。たっぷり油が使われてるはずなのだが、重さやくどさが全く無かったのが驚き。麺の周囲を固めるのに溶き卵を流して焼いているのだが、その焼き目の部分はパサパサしててなんかイマイチな味だったな。中のあんはすげぇ強めのとろみがついた醤油味、豚肉やモヤシ、青菜など食感も味の強さも抜群。ただ、麺の量に対してあんかけが少ないと感じる人もいるかもしれない。俺的には、大きくなっていた期待を上回る部分も物足りない部分もあったかな。出来ればこの値段なら、スープでもついてると嬉しかったかなぁ。

12122707.jpg
その後、関帝廟なんか参拝して、宿にチェックインしてメインイベント会場、パシフィコ横浜へ。
12122708.jpg
冬の大感謝祭、オテル・デ・福山。鍵盤弾き語りとかあったけど、この人のライブとしては割とスタンダードなタイプだったんじゃないかな。新曲「誕生日には真白な薔薇を」は、その、なんだ。俺には重い曲だった。ドラマの内容に沿った曲だったんだろうけどさ。そういや映画「そして父になる」は全く触れられなかったな。

コンサート終了後、横浜駅まで向かい家系元祖と言われる「吉村家」へ向かう……が、そこにあったのは人人人の大行列! 21時半過ぎてこの行列、ホントに地元の人に愛されてる店なんだろうなきっと。というわけですごすごと宿のある伊勢佐木町へ戻る。なんか飲んで〆られる店はないかと歩き、関東では一大チェーンだが九州には店舗が無い「日高屋」に入ってみる。
12122709.jpg
生ビールで疲れたのどを癒し、餃子をつまむ。大き目の餃子はジューシーだが、焼き目がちょい硬い。まあこのサイズが6個で200円だからさほど問題は無いんだけどね。
12122710.jpg
唐揚げも意外と周りサク中ジュワーで美味かったし。
12122711.jpg 12122712.jpg
そして〆の「中華そば」390円。麺はちょい柔、カンスイを感じる味だがこれはこれで。スープはまず節系の和風味を感じ、後に柔らかい鶏がら風味が追ってくる。この味は福岡には無い気がする。チャーシューも脂身が多いが柔らかく、メンマに海苔も上出来。ネギが少ないけど、コレで390円ならそりゃ人気は出るわな。ビール2杯込みで1,440円だったし、いずれ福岡にも進出してきたら嬉しいねぇ。

お店データ
ソラノイロ
ベジソバ 800円 ☆4.5
東京都千代田区平河町1-3-10 11:00~15:00&17:00~23:30(土日祝は昼のみ) 無休

・喜楽
湯麺 750円 ☆4.0
東京都渋谷区道玄坂2-17-8 11:30~20:30 水曜定休

梅蘭新館
梅蘭焼きそば 900円 ☆3.5
神奈川県横浜市中区山下町138 11:30~21:40OS 無休

日高屋 関内伊勢佐木モール店
中華そば 390円 ☆3.5
横浜市中区伊勢佐木町2-67

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2132-c0a9d4f2