麺家 小太郎@久留米 ~久留米にもテール麺~ 

和牛テール肉入りラーメン 850円 ☆4.0
久留米市東町39-2 不定休

今日の麺ドラは久留米。一麺目にうどん食べて(後述)、二麺目は豚骨の新店「来雷軒」へ向かうも、駐車場が埋まっている。待とうかなとも思ったが、ふと思い出したのが非豚骨、しかも牛テールラーメンの新店「小太郎」。不定休だから開いてるかどうか不安だったが、開いてたんで二麺目はこの店にする事に。麺メニューは「和牛テールラーメン」「和牛テール肉入りラーメン」「チャーシュー麺」あと「つけ麺」もあるみたい。せっかくなんでちょい高いけど肉入りをオーダー。
12081203.jpg 12081204.jpg
麺は細ストレート、気持ち柔らかめだが弱くはなく、スープと良く馴染む。黒く澄んだスープはテールスープベース、牛ダシならではの甘めの味わいを、強めの黒胡椒が引き締める。醤油の利きも控えめで、キレよりコク重視って感じ。具のテール肉は大ぶりのが2つ、繊維質にホロリと崩れる軟らかさの肉質、脂身もあるが重さを感じずこれまた軟らかい。他の具、チャーシュー2枚も軟らかくて普通に美味いし、煮玉子半分も大判の海苔も上質。水菜は葉より茎が多く、ちょい苦みが目立ったかな。最後はスープまでほぼ完食。残すのがもったいない美味さやね。
ラーメンにしてはスープの味がちょっと独特なんで苦手な人もいるかもしれんけど、俺は好きな味やな。テール肉はあれば嬉しいし、無くても十分満足行くと思う。このスープで「つけ麺」ってのも面白そうやな。ただ、福岡市民としては、定休日をバシッと決めてもらえると有り難いんだけど(笑)。

12081200.jpg
今日の一麺目は「木村家うどん」。久留米の大手パン工場に併設する店なんで、小麦粉には自信がある事だろう。オーダーは「ざるうどん」を細麺で。ほぼ満席の店内、無料のお惣菜をいただきつつ麺を待つ。
12081201.jpg 12081202.jpg
割り箸より細い麺は、細さに見合わぬしっかりとした歯ごたえ。対するつゆはかえし控えめでダシ重視か、そのまま飲めるくらいの軟らかい塩気。福岡のうどん屋にしては甘さがほぼ無く、実にスッキリとした味わい。特筆するほどの目立った個性はないが、しっかりと地に味がついた美味さでした。これなら温うどんも楽しみやな。

木村家うどん
ざるうどん(細麺) 370円 ☆3.5
久留米市津福本町1377 10:30~19:30 火曜定休

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/2031-322809a8