らーめん大助@浮羽 ~帰ってきた麺~ 

らーめん 480円 ☆4.0
うきは市浮羽町朝田251-2 水曜定休

杷木から筑後川を渡って南下、次に向かったのはこれまたコメントで情報を頂いた店、太宰府から浮羽に移転して9月13日から営業している「らーめん大助」。もともとは浮羽にあった「に百杯家」が「大助」と改めて太宰府に移転していたわけで、つまり帰ってきた形になるな。太宰府時代は3種類の味で600円だったが、こちらでは1種類で480円。もちろんデフォの「らーめん」をオーダー。店の中央あたりのテーブルには太宰府時代と同じく5種類ほどのお漬物などが並んでいる。
11101613.jpg 11101614.jpg
麺は細麺、やや張りがある感じの歯ごたえ。スープは以前の「こってり」がベースかな、濃いめでポッテリと甘い豚骨風味、そこに背脂でコクがプラス。和風味は特に感じなかったと思う。油っ気は強めだがベタッとした感じではない。具の中ではチャーシューが小さめで2枚、周囲を炭で炙ってから切ってあるので香ばしさが立っており、歯ごたえはトロリと柔らかい。このチャーシューはかなり好きやなぁ。麺の量も意外としっかり入っている。ちなみに以前入っていた赤い薬味は中央テーブルに用意されている様子。
店が遠くなったのは残念だけど、値段がお手頃になったのは嬉しいところ。店の運営に余裕が出てきたら、また「和風とんこつ」も出してもらえたら嬉しいなぁ。

で、その後コスモス見に行きました。
11101615.jpg 11101616.jpg
まず向かったのは大刀洗のキリンビール園。福岡屈指の100万本のコスモスは、昨日一昨日の風雨がよほど強かったのか7割ぐらいが倒れている。咲いているのもあれば蕾のままのもある。むぅ。確か倒れたコスモスは茎からは立ち上がらず、花のあたりだけが上を向くんだよなぁ。来週末あたり行く予定だった方は「ガッカリするかも」という覚悟を用意するのをお忘れ無く。
11101617.jpg 11101618.jpg
続いて向かったのが久留米市北野町のコスモス街道。この時期から出始める山汐漬狙いでもある。こちらもある程度倒れかけてはいるが、マイケルジャクソンのゼログラビティくらいの角度でどうにか立っている。以前見た変わり種の品種は見られず、普通のコスモスばかりだったのはちょいと残念ではある。
11101619.jpg
ちなみに今日は神事「きたのくんち」の日だったようで。車輪で引かれる御輿は時々止まり、人々はお賽銭を捧げて御輿の下をくぐっている。俺も見様見真似でくぐってみたけど、良かったのかな。まあ少なくとも現時点ではバチは当たってないみたいだけど。

コメント

まずい うまかっちゃんで作りなおせ!
それができないならやめてしまえ!迷惑だ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1798-372f961a