味由@筑前町 ~地粉の力~ 

冷やしぶっかけうどん 500円 ☆4.5
朝倉郡筑前町依井394-1 11:00~20:30OS 不定休
HPあり

今日の麺ドラは甘木方面。まず向かったのは「味由」。
11091800.jpg
中華料理店「永徳酒家」を中心に結成された筑前町麦プロジェクトの地粉「筑前麦太郎」。「味由」では春頃から筑前町産のチクゴイズミ100%でうどんを打っているそうで。店内レジ横ではうどんの打ち方のパンフと共に「筑前麦太郎」の粉を売っていたりもする。オーダーは期間限定メニュー「冷やしぶっかけうどん」。ちなみに「温かぶっかけうどん」は以前頂いた事がある。
11091801.jpg
バイキング形式の漬物や惣菜を取ってきて、箸を割った頃に早くも麺登場。この店のうどんは釜揚げではなく、圧力鍋で茹でた麺を一旦締めてから温め直して提供されるので、タイミング次第では提供がむっちゃ早いのだ。
11091802.jpg 11091803.jpg
太からず細からずの麺は食感が超魅力的。ツルッと滑らかな口当たり、ムッチリとした腰、そして箸でいくら引っ張っても切れない強い引きで、麺を噛むのが楽しくなってしまうほど。そして味も、噛み締めるほどに麺の甘さがジワリと広がる。あと特徴的なのが麺の長さ、長いモノでは1m超えてた気がする。黄金色のダシはそのままだとやや塩気が強いが、大根おろしと合わせると「冷かけ」かってくらいに程良い塩気に。鰹昆布のダシの味わいもいい感じ。そして具もまた良し。フレッシュなネギ、サックリとした揚げ玉、麺に絡む鰹節などどれも抜かりがない。終盤は柑橘(カボスかな?)をギュッと絞り、別皿に移しておいたショウガをちょい入れて、具をかき集めるようにしてズズッと麺完食。
いやぁ、なんかうどんがすげぇ美味かったなぁ。地粉の力か、圧力鍋の力か、あるいはその両方か。両方だな、きっと。次は温かいうどんでこの麺の新しい魅力を探るか、あるいは新蕎麦の時期に北海道産の粉を使った二八蕎麦を試すか。今から楽しみですよ。

11091804.jpg
次の店に向かう途中で見つけた、すげぇ老舗っぽい店。行った事ある方、ご感想よろしくお願いします~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1777-869cbe41