満月@三ヶ森 ~偶然か必然か~ 

とりそぼろ+華のり 500+100円 ☆4.0
北九州市八幡西区三ヶ森3-11-3 11:00~16:00&17:00~20:30OS 水曜定休
HPあり

今日の麺ドラは北九州方面。まず向かったのは「満月」。なんと1年半ぶり。正午前で店の前に1組待ち、駐車場前では空き待ちの車が列をなす人気っぷり。今日の狙いは「黒門」でも出されている「華のり」。どのうどんに合うか店主さんに聞いてみたところ「とりそぼろかかけ、あと梅あっさりも評判がいい」との事だったんで、今日は「とりそぼろ」をオーダー。
11022700.jpg 11022701.jpg
麺は……ん? 久しぶりだから変わってるように感じるのかな? 透明感やムッチリとした粘り腰の歯ごたえは相変わらずなんだけど、表面がざらついたように僅かに荒れている。あと、麺が2本くっついて途中から倍の太さになってる(引っ張れば2本に分かれる)のが結構見られた。味的には問題ないし、口当たりの滑らかさに欠けるが味の絡みはいいんで、偶然こうなったのかわざとこうしてるのかが判断できないなぁ。すめは昆布強めで、濃いが軽くキレがある相変わらずの美味さ。とりそぼろから甘さが移っているが、その甘さに負けていない。とりそぼろは粗めに刻まれていて、歯ごたえのある肉質とそれ以上に歯ごたえのある皮、噛み締めればしっかりとした鶏の味。ゴボウもいいアクセントになっている。
11022702.jpg
半分以上食べたあたりで「華のり」投下、すめをたっぷり海苔に吸わせる。ダシとはまた違う強い磯の香りが意外ととりそぼろと相性がいい。ザクッとした海苔の食感もまた面白い。最後はもちろんすめまで残さず完食。
「華のり」の新たな魅力が感じられた一杯でした。麺に若干の違和感があったけど「わざとです」と言われりゃ納得するくらいのモンだしなぁ。店を出る頃にはさらに長くなった待ちの列。次は店主さんに「お久しぶりですね」と言われないくらいの時期に来たいねぇ(笑)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1620-1e32d7b7