耕治@鳥町食道街 ~ダイビングフロム清水ステージ~ 

鶏そば 1,100円 ☆4.0
北九州市小倉北区魚町1-4-5 11:00~21:00OS 無休
HPあり

今日の麺ドラは小倉。40分100円のコインパークに車を入れてちょいと小倉の町を歩いてみる。まず向かったのは鳥町食道街の「耕治」。3年半ぶりかな。俺的には、醤油ラーメンはこの店が一番美味いと思っている。3年半前よりちょっと値上げして一杯700円。以前はちょい高いと思っていたが、最近は他店が全体的に値上がりしてるんでそんなに高くもない気がする。ただし、ラーメン以外の麺類やセットモノははっきり高い。で、今日は何を血迷ったか、ラーメン以外の麺類を食べてみようという気になってしまい、それでも1,300円なんてメニューを選ぶ勇気はなく、結局ギリギリ1,000円オーバーの「鶏そば」をオーダー。
10102400.jpg 10102401.jpg
麺は細ストレート、卵麺らしい食感と味もいい感じ。スープは醤油味を注ぎ、上から塩味のあんかけ。下のスープは中華料理屋らしい、様々な味が複雑に絡みつつそのどれも突出していない美味さ。説明しづらい味だが、まあとにかく美味く、濃くはないが深みがある。ちょっと塩気が薄いかなぁという気もしたが、あんかけと合わせるからかな。そのあんかけ、太モヤシと細切りの鶏肉を炒めてあんかけにしている。モヤシのパリパリとした食感、鶏肉(ムネ肉かな)の柔らかい食感、流石中華の仕事だなぁって感じ。他に黒っぽい肉も入っている。まさか牛肉かと思い食べてみたら、なんと鶏レバーだった。レバーっぽいクセはあるが臭みはなく、食感もフワッとしていて美味い。あんかけの味付けはオイスターなどは使ってないようで、塩味でちょいニンニクとショウガも感じたかな。あんかけの上に載ったメンマは味的にも食感的にも名脇役。全体的に量もたっぷり、最後はスープまできっちり完食。
ちょっと値は張るけど流石の味、いやあ、美味しゅうございました。しかしこの店のいつもと違った味を味わうと、次は何を頼むか迷うなぁ。ラーメンに戻るか、タンメン1,050円も気になるし、もしも夏に冷やし中華を出してるならそれも食べてみたいよなぁ。んー、迷うぜ。

その後旦過市場のホルモン屋でどぎどぎうどんを食べられるって聞いてたんで行ってみたが、特に見あたらない。日曜定休なのかもな。で、いろいろ迷って入った店が、店員の態度がイマイチでラーメンの味もンーって感じ。美味いラーメン食べた後なんだから、うどんか蕎麦かパスタにしとくべきだったかなぁと反省。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1522-ba9ec695