結城食堂@厳木 ~これもまた佐賀のちゃんぽんか~ 

チャンポン 580円 ☆3.5
唐津市厳木町牧瀬692-1 10:00~16:00

やや道に迷いつつ(カーナビのない旅も楽しいモンです)、続いて向かったのは「道の駅厳木」の中にある長期宿題店「結城食堂」。何でこの店を知ったかは全く覚えていないが、なんでも60年来続くちゃんぽんが味わえるそうで。券売機で食券を買い、渡してしばし待つ。
10092603.jpg 10092604.jpg
広く浅めの丼に盛られたチャンポン、麺も具も厳木や唐津の地のモノを使っているそうで。厳木の小島製麺の麺は、恐らく茹で麺だとは思うが、ムッチリとした食感でかなり美味い。透明感のあるスープのベースは和風ダシかな、そこに具を炒めた油やコショウが加わり、軽やかだがドッシリと来る美味さがある。具はモヤシにキャベツにタマネギにニンジンにネギ、カマボコ、あとは小さめに刻まれた豚肉。魚介類は入っていない。炒め方がいいのか野菜はシャキシャキの歯ごたえ、豚肉も小さいが味が濃い。最後はスープまできっちり完食。
なるほど、歴史があるだけあって「濃厚ではないが飽きが来ない」って感じの味わい。値段もそんなに高くないし。しかし「ちゃんぽん」って食べ物は長崎と佐賀と福岡でそれぞれ個性があって面白いよね。そのうち食べ比べとか出来たらいいなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1501-ad621173