大陸食堂 三千世界@田村 ~ラーメン屋ではなく中華料理店の~ 

Cランチ 680円 ☆4.0
福岡市早良区田村7-20-8 11:30~14:00&18:00~22:00 火曜定休

今日のお昼は「三千世界」。先客無しで後客1組、相変わらず客が少ないが、夜はどうなんだろうな。店に来る前は単品の麺にしようかと思っていたが、日替わりのランチメニューを見ると今日は「温玉とシソの湯麺」との事。シソの麺か……面白そうなんで、今日も麺のランチにする事に。
10092300.jpg
単品メニューはこんな感じ。全体的に値段が安めなんだよなぁ。どうにか一度飲みに来てみるかな?
10092301.jpg
前菜と漬物。前菜は冬瓜の煮浸し、小茄子の中華醤油漬け、ピーマンの鰹節醤油和え(いずれも仮名)。漬物は普通のタクワン。小茄子は甘酸っぱく、冬瓜は貝柱のダシかな、どれもコンスタントに美味い。
10092302.jpg
おかわり自由のご飯とほぼ同時に出てきた小鉢、春巻き。もちろん揚げたて、パリパリの皮にしっかりと具が詰まっていて、薄味ながら美味い。
10092303.jpg 10092304.jpg
そして麺。やや小振りな丼だが、このメニューの流れの中だと不足感は全く感じない。細ストレートの麺は恐らく卵麺、中華料理らしい味と食感。ベーススープもまた、ラーメン屋というよりは中華料理屋らしい味わい。複雑かつ芳醇で、塩気も油っ気も控えめでジワリと身体に染みこむ感じ。それだけでも十二分に美味いが、他の料理のベースとしても活躍しそう。味わいの鋭さでは敵わないが小倉の「耕治」の味に方向性が似ている気がする。細切りの具はモヤシ、タケノコ、キクラゲ、ニンジン、タマネギ。これらが濃い味のあんかけになり、微塵切りのシソの葉が混ぜられ、上には穂シソがあしらわれている。流石は中華の火力って感じのシャキシャキ食感で、火が通ったシソの葉は尖った刺激が飛んで清涼感ある風味のみを残す。温玉は黄身がギリギリで形を保てるくらいの絶妙な柔らかさ、麺や具に和えたりしつつ、ズズッとスープまで完食。このスープは残すのはもったいない。
二度目ではあるが相変わらずのすべり知らずの味わい。バス乗り継いで一人呑みに来ようかなと本気で考えたくなるな。ちなみに前回も書いたが、ランチは肉・魚・麺の3種類。特に麺に興味がない中華好きの方も是非一度お試しを。

コメント

>三千世界

>ひろチャンさん
>おいしいよ。台湾ラーメンに最近はまってます。

いい店ですよねぇ、三千世界。ランチをやめられたのはホントに残念です。
いずれ夜に飲みに行ってみたいモンです。その時は必ずや台湾ラーメンいただいてみます。

三千世界

おいしいよ。台湾ラーメンに最近はまってます。

>中国の方がやってるんですね

>ヒロポンさん
>新店でしたか。失礼しました。勝手に「ニイハオ」「百千萬」みたいな店をイメージしてました。
>中国の方がやっているようですが、メニューの筋から四川の方じゃないようですね。

やあ、すみません。ショップカード(今は手元に無い)のお名前を見る限り、日本人の方だと思われます。

>「殺人担々麺」わ・わ・忘れた訳でも、こっこっこっ怖い訳でもないですよ。でも営業日がチョッとなぁ。

急かせたくないので「待ってる」とは言いませんが、楽しみにしておりますよ。

中国の方がやってるんですね

新店でしたか。失礼しました。勝手に「ニイハオ」「百千萬」みたいな店をイメージしてました。
中国の方がやっているようですが、メニューの筋から四川の方じゃないようですね。
近所にあった中国の方がやっている年季の入って無いお店で
「ニホンジンムケ・アレンジシテナイ・ホンバノマーボードーフ・タベタイカ」と言われて作ってくれた麻婆豆腐の味忘れられません。
「ホンバモスコシコクアル。ニホンデテニハイルコウシンリョウアジチガウ」
ふんだんに香辛料使ったでしょうにお代はいつも通りでした。

「殺人担々麺」わ・わ・忘れた訳でも、こっこっこっ怖い訳でもないですよ。でも営業日がチョッとなぁ。

>田村は広いぜ

>ヒロポンさん
>地元に根ざした、個人営業の大衆食堂の汚い店(衛生的にではなく、店に年季が入ってるの意)は大事にしたいです。

この店はまだまだ年季も入ってない、ジャズが似合いそうな小綺麗な店ですからねぇ。
年季が入るまでもうしばらく(十数年~数十年くらい?)お待ち下さいませ。

田村は広いぜ

・・・遠い。
「げんこつ」「あじ扇」のちょい先かぁ・・・と思って行こうかなと思って調べてみたら。
ここはひとつ店の方が近所に越して来るのを気長に待つ作戦とする。
地元に根ざした、個人営業の大衆食堂の汚い店(衛生的にではなく、店に年季が入ってるの意)は大事にしたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1498-c1389182