ちゅるるちゅーらラーメン研究所@中間 ~今後の研究成果に注目~ 

ちゅるチュラ豚骨女味 660円 ☆3.5
中間市東中間2-3-5

今日の麺ドラは北九州。まず向かったのは中間市の「ちゅるるちゅーらラーメン研究所」。最近オープンした、永犬丸の「ちゅるるちゅーら」の二号店だそうで。店頭には「プレオープン中です」「現在メニューは里中店と同じです」との掲示あり。正午前で客入りは半分行かないくらい。オーダーはデフォのラーメン「ちゅるチュラ」を、4種のスープの中から2番目に豚骨寄りの「豚骨女味」、黒マー油を入れるかどうか選べるので無しにすると「無しでもちょっとだけ入ります」との事。ちなみに4種のうち「豚骨女味」だけは「チビ(ハーフサイズ)が出来ません」と書かれている。なんか作り方がややこしいんだろうな。
10090500.jpg 10090501.jpg
麺は細ストレート、加水率高めな感じのポニュッとした食感。相変わらずここの麺は好きなんだよなぁ。スープは豚骨メインに魚介サブ。豚骨はポッテリとした甘さでコラーゲン感が強い。しっかりした味だが濃厚ってほどでもなく、むしろサラッとして飲みやすい。魚介は節系のみかな、豚骨をいい感じに和らげてくれてる感じ。スープにダイレクトに鰹節が結構入ってるけど、追い鰹的な役目だったりするのかも。ちなみに具としても美味い。少々入ってる黒マー油も香ばしくいいアクセントになっている。具のたっぷりのモヤシ(太と細の中間くらいの太さ)はスープとよく合っている。そしてチャーシューは相変わらずすげぇ美味い。厚みがあり、味付けはやや甘めで、片面炙ってあって歯ごたえも風味も増している感じ。最後はスープまでほぼ完食。
うん、相変わらず美味いぜ。ただ、デフォで660円はちょっとお高めかなぁ。あと、丼が心持ち小さくなったような気がしなくもない。店名が「ラーメン研究所」なので、今後の新メニュー開発がすごく楽しみやね。さて店を後にし、里中店の前を通りがかると……うおぉ、待ちの客がおる。二号店はまだあまり認知されてないのかな?

コメント

>偽者ヨン様@ちゅるるちゅーらさん
>ちゅるるちゅーらラーメン研究所ですが、まだグランドオープンが出来てなくて、すいません。私ごとですが、節約しようと自分で工事をしていたのですが、丸ノコで指を飛ばしてしまいまして。。思うように工事ができず、プレオープンも大幅に遅れまぢた。もちは餅屋だなぁと痛感したしだいでございます。。やっと水仕事ができるようになり、十月頃には研究所としてスタートしたいと思います。私はラーメン屋を始めて五年ですが、ラーメンを研究する事が、楽しくなってしまいました。ですが、今の店で提供するには限界がありまして。 

痛い痛い、聞いてるだけで痛い! そんな事情があったんですねぇ。
確かに「研究所」の方はどことなく手作り感がある店造りだった気がします。

>コンセプトといった立派なものはありませんが、ラーメンは十人十色な食べ物なんだと思います。お客様が百人いらっしゃれば、百種類の好みがあって、百人のラーメン職人がいれば、百杯のこだわりが、ラーメンに表現される不思議な食べ物だなぁと興味が尽きないわけです。で、その部分を研究対象にしたく、それを提供できる環境が欲しかったわけです。百人のお客様に、お客様の好みを伺って、百種類のラーメンを一杯だてで、調合できたら、なんて考えてます。まぁ実際どこまで実現できるのか、未知数ですが。結局はお客様とラーメンの話をするのが、楽しいからそれが目的ではありますが。じわじわとやりたい事が形にしていけたらと。

各人に合わせた一杯立てラーメン……うわぁ、想像した事もなかったです。
ラーメンというよりカクテルみたいですね。実現できたら凄い事だと思います。

>本枯節の花カツオは追い鰹としての役割です。正解ですよ。ただ、私は食べて美味しいと思うのですが、結構丼の中でよけられる方も多く悩んでおります。

あらら、避ける人もいるんですか。美味しいのにもったいないです。

>chururuchura よろしければフォローお願いいたします。

フォローさせていただきました~。
「研究所」の情報や新メニュー情報なども楽しみにしております。

〉みおせるさん
ご来店ありがとうございます。

ちゅるるちゅーらラーメン研究所ですが、まだグランドオープンが出来てなくて、すいません。私ごとですが、節約しようと自分で工事をしていたのですが、丸ノコで指を飛ばしてしまいまして。。思うように工事ができず、プレオープンも大幅に遅れまぢた。もちは餅屋だなぁと痛感したしだいでございます。。やっと水仕事ができるようになり、十月頃には研究所としてスタートしたいと思います。私はラーメン屋を始めて五年ですが、ラーメンを研究する事が、楽しくなってしまいました。ですが、今の店で提供するには限界がありまして。 
コンセプトといった立派なものはありませんが、ラーメンは十人十色な食べ物なんだと思います。お客様が百人いらっしゃれば、百種類の好みがあって、百人のラーメン職人がいれば、百杯のこだわりが、ラーメンに表現される不思議な食べ物だなぁと興味が尽きないわけです。で、その部分を研究対象にしたく、それを提供できる環境が欲しかったわけです。百人のお客様に、お客様の好みを伺って、百種類のラーメンを一杯だてで、調合できたら、なんて考えてます。まぁ実際どこまで実現できるのか、未知数ですが。結局はお客様とラーメンの話をするのが、楽しいからそれが目的ではありますが。じわじわとやりたい事が形にしていけたらと。

本枯節の花カツオは追い鰹としての役割です。正解ですよ。ただ、私は食べて美味しいと思うのですが、結構丼の中でよけられる方も多く悩んでおります。

〉ニジノスキーさん
野菜盛りも進化させますね。それからワンコインラーメンPART2を只今スタディ中ですよ。 お楽しみに

chururuchura よろしければフォローお願いいたします。
  • [2010/09/17 17:42]
  • URL |
  • 偽者ヨン様@ちゅるるちゅーら
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>ニジノスキーさん
>こないだここで食ってきました。
>相変わらず価格が高めなので、自分は『野菜盛り』(750円)一択ですが。

自分は次は「冷つけ麺」予定で。あるいはチビ2杯も面白いかなぁ。
まあその辺は本店で食べれますけどね。

>本店には以前『豚骨ラーメン』(500円)があったんですけど、あれが復活してくれればいいんですけど。

研究所の成果が出るのを楽しみにしたいですね。

こないだここで食ってきました。

相変わらず価格が高めなので、自分は『野菜盛り』(750円)一択ですが。

本店には以前『豚骨ラーメン』(500円)があったんですけど、あれが復活してくれればいいんですけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1481-b25ea7f6