ラーメン処 三氣@水城 ~替玉の麺は何故硬い?~ 

やる氣ラーメン+替玉 500+10円 ☆3.0
太宰府市水城1-16-2 11:00~翌1:00

10071400.jpg
今日のお昼は「三氣」。狙いは2つ。1つは「ラー麦」で自家製麺した麺。店舗横に製麺所まで作っちゃったんだもんなぁ。そしてもう1つは平日限定の「替玉10円」。店に入ると券売機、もちろん替玉前提なのでセットメニューには目もくれず、デフォの塩豚骨「やる氣ラーメン」の食券を購入。麺の硬さは普通でお願いする。待ってる間店内を見回すと、壁の一面にサインが飾ってある。ローカルタレントやら野球選手、漫画家に混じって某ADのサインが写真と共にデカデカと。
10071401.jpg 10071402.jpg
麺は細麺ストレート、いい感じの茹で具合。一般的な豚骨用細麺に比べると、ただ歯ごたえがあるだけではなくその中にしなやかさ、ソフトな弾力感が加わったような感じ。そして味も「ほの甘い麦の香り」が感じられる。対するスープ、白いねぇ。そしてだいたい見た目通りの味。臭みはなく、ポッテリと甘く、油っ気は薄く塩気はそれなり。他のメニューのベースとしてあえてクセを抑えて作ってるみたいな、まあ正直、面白みはないけど万人向けっぽい味。具のチャーシューにキクラゲもクセはなく普通に美味しい。ズズッと麺完食し、替玉をオーダー。現金で大丈夫ですよ。麺の硬さは普通で。
10071403.jpg
普通でって言ったけど、他店と同様最初の一杯より気持ち硬めの茹で具合。茹で時間同じでこうなってるのか、茹で時間あえて変えてるのか、ちょっと気になる。「ドォーモ」か「ももち浜ストア」あたりで調べてもらえんかのぅ。気持ち硬めだけど粉っぽさは無く、強い歯ごたえの中に微かにしなやかさが潜んでいる。タレをちょい足し、ゴマと辛子高菜を入れてズズッと完食。
替玉10円は平日のみとはいえ嬉しい限り。そして「ラー麦」美味いなぁ。こないだ社領あたりのラーメン屋でも「ラー麦」の旗を見かけたし、少しずつ広まってるんだろうなぁ。そういや「五島軒」でも「ラー麦」自家製麺を出し始めてるんだっけ。近いウチに行ってみたいところ。

そういや某ADのサイン見て思い出したんで、古いラーメン本を引っ張り出して「博多豚骨ラーメンのお初」を調べてみた。
福岡市という範囲では、屋台の「三馬路」と「浜荘」が昭和16年で最古みたいですな。どちらも現存しておらず、「三馬路」の味は「うま馬」に引き継がれてます。「浜荘」の味を継いだ店もあったけど畳んでしまい、その跡には今では「島系本店」が入ってたり。さらに、現存する店で最古なのは「赤のれん」と「博龍軒」かと思ってたんだけど、これらの開業は昭和23年。で、これより古い昭和21年開業の店が現存してたんですね。知らんかったなぁ。その店は中洲の「博多荘」。白湯ではなく清湯みたいだけど。しかも「ワンタンメンのお初」でもあるそうで。うむ、今度行ってみよう。

コメント

三氣のラーメンうさんくさいですよ。内部をしってますがこだわりなんかなく、マニュアルでやってるので素人でもスープをとることができます。麺についてですがあれは誇大広告です。違法です。麺は製麺所からの仕入れです。あのラーメン屋ゆるせないですよ。もともとあの会社は惣菜屋でラーメンの素人ですよ。1人たりともラーメンの知識ないです 笑

コバヤシさん、はじめまして~。

>実は私もみおせるさんと同じ疑問を持っていて、なぜ替え玉の時は麺が硬いのか?いつも不思議に思っていました。
>そして思ったことなんですが、ひとつは替え玉の時はスープの温度が低くなっていること、もうひとつは最初の時はトッピングするために、麺をスープに入れてから、提供されるまでに時間がかかる。
>以上2つの理由ではないかと思うようになりました。
>あくまで持論ですか、どう思われますか?

自分は後者の方ですね。つまり「替玉は茹でてすぐ出されてるけど、一杯目は具を盛ってる間にちょっと伸びてる」という。
あるいは、慣習的に替玉の方が茹で時間が短くなっている、でしょうか。
あくまで推測ですけど。実際のところ、どうなんでしょうねぇ。

>これからも楽しみにしております。

はいはい、今後ともよろしくお願いします~。

はじめまして

みおせるさん、毎日読ませてもらってます。が、コメントは初めてです。

実は私もみおせるさんと同じ疑問を持っていて、なぜ替え玉の時は麺が硬いのか?いつも不思議に思っていました。
そして思ったことなんですが、ひとつは替え玉の時はスープの温度が低くなっていること、もうひとつは最初の時はトッピングするために、麺をスープに入れてから、提供されるまでに時間がかかる。
以上2つの理由ではないかと思うようになりました。
あくまで持論ですか、どう思われますか?

これからも楽しみにしております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1441-b0dc4724