かほラーメン@嘉隈 ~帰りに聞いた衝撃の真実~ 

畑からの醤油ラーメン 520円 ☆4.5
嘉穂郡桂川町吉隈205-7 11:00~20:00 火曜定休
HPあり

今日の麺ドラは飯塚方面。まず向かった目的店(不定休)はお休みだったり、代案に考えていた店は数年前に閉店していたり、いろいろ引っかかりながら予定を大変更、「かほラーメン」嘉隈に向かう。常時半数以上の席が埋まっているくらいの賑わい。俺の一番の狙いは「冷やし醤油ラーメン」だったが季節メニューのためまだ出ていない様子。であれば「畑からの醤油ラーメン」にするか。小テーブルに置いてある辛子高菜(大ぶりに刻まれていて、辛さ控えめで美味い)をつまみつつ待つ。
10061300.jpg 10061301.jpg
麺は中太、やや太さにムラがある縮れ麺。細ストレート麺の「冷やし醤油ラーメン」とは麺が違ったんだな、気づかなかった。ムッチリとした歯ごたえとピチピチ跳ねる口当たり、麺自体の味もいいけど終盤は麺線が短いのが多くなったのがちょっとだけ残念。肉や魚を使わず数種類の野菜だけから採ったというスープは、とてもそうとは思えないコクの深さがある。「濃厚さ」や「とろみ」こそ無いが味わいの広がりや深み、後味のスッキリ感が素晴らしい。野菜らしく、尖ったところもない優しい味わい。それに加え、スープが温かいからチャーシューの油が少し溶け出してるのかな、表層では動物質っぽい強いコクも微かに感じられる。この一点は「冷やし醤油ラーメン」よりも上やなぁ。具はそのチャーシューが3枚。箸でつかめないほどにホロホロな柔らかさ、味付けもしっかりしていて美味い。他に柔らかく炊いたニンジン、たっぷりの小ネギもフレッシュで美味い。最後はもちろんスープまできっちり完食。
時折相反することもある「個性的」と「美味い」が極めて高いレベルで実現している一杯。俺的には、コレを味わうためだけにわざわざ飯塚まで来る価値は充分にあると思います。さて支払いの時に「冷やし醤油ラーメン」を今年も出すのか聞いてみたところ「出すよ~、多分明日から」とのお答え。ウギャー、ナンテコッタイ。今日は何もかも間が悪い日だぜ。

10061302.jpg 10061303.jpg
今日の二麺目、「直方感田 明治屋産業びっくり市」内のフードコート「びっくり食堂」で、ラーメン360円。美味しいって話をどっかで聞いたような記憶があったんだけど、まあ普通でした。クラシックな味わいで、この値段なら悪くはない。なんか480円の担々麺っぽいのが美味しそうだったから、次はそっちにしてみるかな。

コメント

>あれ

>筑豊人さん
>こちらの住所は「嘉隈」ではなかったのでしょうか?

じゃあそれで。

あれ

こちらの住所は「嘉隈」ではなかったのでしょうか?

>くもり

>ながぐつさん
>雨じゃなくて、よかったです。了解です。

雨が降らなくて良かったです。テレビには映りましたか?(笑)

くもり

雨じゃなくて、よかったです。了解です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1412-6af3500e