蕎麦切倭人@飯塚 ~夏はやっぱ冷やかけだよね~ 

冷やかけ(ブレンド粉) 1050+50円 ☆3.5
飯塚市平恒801-1 11:30~15:00&17:00~21:00 月曜定休

今日のお昼は飯塚、同行してる上司の希望で蕎麦。飯塚で蕎麦となるとまず思い浮かぶのがこの「倭人」。数年ぶりやなぁ。メニューを見ると、せいろで730円からとちょっとお高めの価格設定。まあ今日は上司のおごりなんで価格に遠慮はしないけど。「そば湯そば」ってのが気になったけど(釜揚げだよな、多分)、「冷やかけ」があったんでそれをオーダーする。と、店員さんから「今日はブレンド粉を使ってますので50円増しになります」との事。田舎にすると100円増しなんで、普通の粉と田舎の粉のブレンドって事なんだろうけど、選ぶ余地無く容赦なく50円増しってのもちょっとすごいな。
10060500.jpg 10060501.jpg
携帯カメラなんでちょっと悪い画質で失礼します。
平打ち気味の蕎麦は食感、風味ともに微かに田舎っぽい荒さを感じる。香りはこの時期さすがに弱いな。きっちり締められていて歯ごたえがなかなか強い。冷たいつゆは「かけ」と「ぶっかけ」の中間くらいの濃さ。かえしの風味は控えめ、カツオのダシがきっちり利いている上に、トッピングの鰹節でさらに風味が強くなる。が、後味はスッキリしたもの。具の揚げナスが3つ、揚げたてのようで芯がほのかに温かい。これ自体は普通に美味いし、冷たいばかりの蕎麦の中でいいアクセントになってくれている。小鉢の手作り豆腐も相変わらずの美味さ。最後はつゆまできっちり完食。
季節柄、蕎麦自体は弱めだが料理としては流石に美味い。んー、今度はこの店の弟子筋の「侘介@西新」や「桜花@篠栗」にも久しぶりに行ってみるかな。

10060502.jpg
その後立ち寄った「道の駅 香春」でラー麦を使った麺を発見! 普通の麺100円に対してラー麦麺は150円。量は同じ。両方買ったんで、今度ラーソーメンで食べ比べてみるか。

ぷち麺にゅーす
・そんな飯塚の店の話。飯塚市本町12-15に「山形そば 楽」という店があり、かけそばや盛りそばが290円とお手頃価格で提供しているのだが、この店が山形名物「冷たい肉そば」を出しているそうで。ちなみに600円。福岡じゃ恐らく他では食べられない味、これは一度来てみたいな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1406-5ae9d8e2