ぷち麺にゅーす・だいじぇすと 

どうも、みおせるです。今週は貯め込みに貯め込んだ仕事がついに爆発、忙しいっぽい感じ。というわけで今日は久しぶりのぷち麺にゅーすだいじぇすとでございます。前回はいつだっけ……うわ、1ヶ月以上貯め込んでたんだ。というわけで時代遅れな情報も紛れております。先着は先頭1件です。

・博多区竹下にて営業する中世博多うどん「春月庵」。その2号店が、博多区博多駅前1丁目に6月上旬オープン予定。2号店でも何玉食べても同じ値段なのか!?
・筑豊ラーメン街道沿い、飯塚市川津404-7に「ろくの家」なる店を発見。花輪の具合からしてごく最近のオープンかな。小倉の魚町にある2店舗と同じ系列っぽいが、店名に七福神の名前は見あたらず。見落としたか?
・国道201号沿い、田川市弓削田3589-1(多分)にうどん・そば店「一粒の麦」が4月24日オープン。
・西区野方の「金の豚」に期間限定メニュー「冷やしざるらーめん」登場。「行徳家」にもそんな感じのメニューが出てるって話もあるし、「博多王道@薬院」にも出てるっぽいし、今年の夏の流行りは「ざるラーメン」か?
・イオンモールルクルの麺模様。1階「らーめん山頭火」は5月30日をもって閉店との事。これで九州からは店舗が無くなるなぁ。「讃岐うどん みのり」「北神威」は閉店、「みのり」跡にはうどん「杵屋」が5月27日オープン予定。そして2階フードコート「そば処 吉野家」に新メニュー「カレーもりそば」530円を発見。十割蕎麦のカレーつけ麺がこの値段……き、気になるぜ。
・今日付の西日本新聞朝刊によると、西新屋台村は6月中に撤収、7月から建物の建築が始まる予定との事。中には5月20日に新オープンしたラーメン屋「鶴と亀」も。ビジネスとはいえ厳しい話である。とりあえず、一度は食べに行ってみたいな。
・ちゃんぽん党に嬉しいにゅーす。西区小戸、小戸公園近くに「井手ちゃんぽん」小戸店が7月上旬オープン予定。あの辺でそれなりの広さの敷地と言えば……小戸西交差点すぐ近くの居酒屋跡かな。ちなみに原田店、ひいては唐津店からの流れ。
・博多区博多駅南1-14-3に「博多とんこつラーメン 白龍」なる店が、6月中旬オープン予定。
・残念ニュース。早良区飯倉の「博多そば 來幸」にテナント募集の貼り紙が。好きな味だったんだけどなぁ。
・中央区天神2-3-10に「ちゃんぽん・らーめん・皿うどん 一香軒」が6月上旬オープン予定。長崎が地元の焼肉店「清香園」の経営で、長崎に1店舗あるみたい。って事はちゃんぽんがメインウェポンかな。検索してみたところ、イナッキーさんのレポ発見。
・小郡市小郡916-4に「不知火ラーメン 夢(むう)さん」なる店が、5月8日オープン。以前から「不知火ラーメン」という店はあったみたいなんで、リニューアルかな。多分。
・中央区赤坂1-5-11「博多 喜庵」で、5月末までワンコインランチ(ざるそば+わさびいなりで500円)が復活。他にも12時前限定や13時以降限定などのお得なメニューもいくつか。
・博多区上川端町4-214、川端商店街の「味処 井戸端」では水炊ラーメン700円が今だけ500円に。「今だけ」がいつからいつまでなのかは不明だが、喰ってみたいなぁ。
・キャナルシティ「ラーメンスタジアム2」で5月31日~6月20日まで全店で夏の新作「スタミナラーメン」を提供予定。んー……気になるのは「牛骨煮干らーめん」かなぁ。あとラースタツイッターもスタート。
・南区鶴田2-22-8、「ウエスト」鶴田店跡地に「濃厚つけ麺 風雲丸」、6月2日オープン予定。広島発祥の店だが、いわゆる「広島つけ麺」専門店というわけでもないみたいな。
・中央区赤坂1-11-17、「大いなる樹」が入ってるビルの2階に「峰安閣」なる中華料理屋がオープン。ランチで担々麺とか焼きそばとかやってるみたい。
・ブログ「福岡の東濃く腹」によると、古賀市花見南2-25-20の「白龍軒」が糟屋郡久山町に2号店を出店予定との事。詳報待ち。
・博多区博多駅南6-8-1の「萬○ラーメン龍九」博多駅南店、4月24日に「18ラーメン」として再オープン。結局「萬○」は全店が「18」に移行か。
・博多区吉塚1-22-34の「トクトクラーメン」の店頭のメニュー看板に「うどん 350円」の文字を発見。値段的に「皿うどん」の書き間違いでもないだろうし……ちょっと気になるなぁ。
・東区松島3-35-25に「蔵出し味噌 麺場 彰膳」福岡東店、5月中旬オープン。

コメント

>これってラーメン屋?

>広島の天使さん
>これって昔むかしのラーメンの味ではないか?この平成も20年以上経過した時代にこんな味のラーメン屋があったとは?まさに化石(奇跡)

むむ? どっかの誤爆ですかな?

これってラーメン屋?

これって昔むかしのラーメンの味ではないか?この平成も20年以上経過した時代にこんな味のラーメン屋があったとは?まさに化石(奇跡)

>OGTさん
>そういえば、しばらく前に不知火ラーメンに行ったのを報告してませんでしたね。
>注文から配膳まで、オペレーションもまだまだ定まってないようで、見ててハラハラ状態でした。

ああ、なんとなく想像出来ます。店の外観とも相まって。
基本的には「地元の人間が集まる店」って感じなんでしょうね。ビールとかも勝手に取ったりして。

>そのときに近くに見つけた「正ちゃん」って店にも後日行きましたが、こっちは化調の効いた食堂系ラーメンでした。

これはこれで「地元の人間が集まる店」っぽい感じ。
どっちも、福岡市にはあまり無さそうな気もしますね。

>ニジノスキーさん
>飯塚にも『ろくの家』ですか。
>あそこと同じ系列だと、ここにも例の男前セットがあったりして…。

雰囲気的に同じ系列っぽい感じです。
とりあえず自分は、先に小倉の方に行ってみようかなぁと思ってます。
恵比須と大黒、どっちが美味しいんだろ。やっぱ同じかな。

>匿名さん

仕入れなくなったんじゃなくて、供給されなくなったんでしょうねぇ。
まあ、味が変わらないなら問題ないんじゃないでしょうか。たぶん。

そういえば、しばらく前に不知火ラーメンに行ったのを報告してませんでしたね。
注文から配膳まで、オペレーションもまだまだ定まってないようで、見ててハラハラ状態でした。
ラーメンは、油球のまったく浮いてないマットなトンコツ。
プレーンというか、ちょい印象が薄いかなぁって感じです。
きっとこれからキャラクターが出てくるんでしょう。

そのときに近くに見つけた「正ちゃん」って店にも後日行きましたが、こっちは化調の効いた食堂系ラーメンでした。

乙です。

飯塚にも『ろくの家』ですか。
あそこと同じ系列だと、ここにも例の男前セットがあったりして…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1397-3dfc3b6b