博多塩らあめん えん舞@中洲 ~生まれ変わって尚~ 

つけ麺 750円 ☆4.0
福岡市博多区中洲3-7-33 11:00~翌3:00 不定休
HPあり

今日のお昼は「えん舞」。中洲と博多に2店舗を構える塩ラーメン専門店「まるきゅうらあめん」が、東京の方といろいろあって店名を改めて今月6日再オープン。博多店の方に行ってみたかったんだけど、博多区役所の近くなせいかコインパークの値段が高いんよねぇあの辺り。というわけでまだ100円で収まりそうな中洲店に行ってみた。12時半過ぎの店内は、以前より多くの客で賑わっているように思える。券売機を眺めてちょっと迷い、「つけ麺」のボタンを押す。時間掛かるかなぁとか思っていたが、10分待たないくらいで麺登場。
10052400.jpg 10052401.jpg
「慶史」謹製の麺は生成り色で弱縮れの太麺。麺のみ一本啜ってみれば、ややミッチリとしたタフな歯ごたえ。俺的にはもうちょいムッチリかポニュッとしてる方が好みではあるが、これはこれで食い応えがある。さらに麺自体の味もなかなか美味い。続けてつけ汁に浸して啜る。鶏ガラと鶏油の美味さ、魚介系やニンニクの風味もあるかな。そして塩の鋭い味とほのかな甘さ。濃厚かつキレのある味、これはかなり好みやなぁ。麺が味も歯ごたえも強いんで、つけ汁にしっかり浸して食べるくらいが俺的には丁度いい感じ。具の炙りチャーシューは量は少なめだが味はいいし、粗く刻まれたネギも存在感がある。メンマも普通にいい感じ。大盛りって程じゃないがそれなりに量があった麺を完食、スープ割りをお願いする。
10052402.jpg
つけ汁には割りスープの他に、細ネギと肉片も入れられる。そのまま飲むにはちょっとキツいかなぁってくらいのつけ汁が、お吸い物くらいの塩加減になり、さらに肉の風味も加わって実に美味い。最後の一滴まで美味しくいただきました。
店名改めても相変わらずの美味さ。中洲店では以前は夜だけだった「つけ麺」が昼も食べられるのは嬉しいところ。次は塩らあめん、ランチセットを狙ってみるかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1396-cdfdb69e

『博多塩らあめん えん舞 中洲店』 細マッチョなつけ麺を賞味

 久しぶりに『博多塩らあめん えん舞 中洲店』さんにお邪魔しました。お目当てはつけ麺です。俺コレの記事を見て以来、ずっと頭の片隅にあったんですよね。
  • [2010/09/10 16:21]
  • URL |
  • その一杯が食べたくて。 |
  • TOP ▲