蕎麦 なが田@御供所町 ~ハイセンスな店でハイセンスな蕎麦~ 

さくらざる 1,000円 ☆3.5
福岡市博多区御供所町3-17-4 11:30~20:30 火曜定休

今日のお昼は「蕎麦 なが田」。以前「月刊はかた」って雑誌で見て気になっていた、去年末オープンの店。「博多町家ロジハウス」ってののモデルハウス的な建物なのかな、鰻の寝床っぽい縦長の建物、玄関横には蕎麦屋のメニューと「ご遠慮なくお二階へどうぞ」の貼り紙。どう見ても民家な感じの玄関で靴を脱ぎ二階へ。
10042300.jpg
そこはモダンな感じの新しい建物、エレベーターもあったりする。南面に大きく取られた窓からは東長寺の大きな木などが見て取れる。カウンターには先客が一人、店主さんを相手にジビエや丸天やツイッターの話に興じている。窓側のテーブル席に座り、メニューをチェック。
10042301.jpg
馬肉がオススメっぽいし、メニュー的にも珍しいんで「さくらざる」をオーダー。
10042302.jpg 10042303.jpg
蕎麦は太からず細からず、シャキッと麺線も整っている。田舎っぽいやや尖ったような風味があり、甘さも出ているが香りはやや弱め。温かいつゆには馬スジ肉と白髪ネギ。つゆは濃いと言うよりは深い味、甘さも辛さも利いてはいるが出しゃばらず、あくまで蕎麦を引き立てる感じ。馬肉からのダシもまた深みを演出しているのかも。馬スジ肉は牛スジ肉に比べると脂っ気が控えめで、より赤身っぽい感じ。ホロホロの肉質とトロトロのゼラチン質はそれ自体も美味く、肉っぽいクセが薄いんで蕎麦とも意外と合う。柚子胡椒や七味で味の変化を楽しみつつ(特に柚子胡椒とスジ肉が合うね)、ズズッと麺完食。
10042304.jpg
最後は蕎麦湯でつゆの美味さを最後まで味わう。
味も雰囲気もいいし、値段もそう高くない感じ。次は田舎ざるを試してみるかな。ちなみに駐車場は、東側の空き地を使っていいそうです。今日はコインパーク使っちゃったけどね俺。

ぷち麺にゅーす
・中央区赤坂1-11-17、「大いなる樹」が入ってるビルの2階だか3階だかに「峰安閣」なる中華料理屋が、オープンしたのかもうすぐするのか。昼からやってるみたいなんでランチで見に行ってみたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1369-70d1ca8b