まるきゅうらあめん@博多駅前 ~Great Ending~ 

塩つけ麺中盛 800円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅前2-11-16 11:30~21:00 日祝定休
HPあり

今日のお昼は博多駅前。だったら開店前のあの店の進捗状況を見て、あの店に行ってみようかなぁ……とか思ってたら、「まるきゅうらあめん」博多店の前を通りすがる。おや、オープンしてたんだ。しかも店頭には「つけ麺」の幟。中洲店では夜限定メニューの「塩つけ麺」がお昼からいただけるって事か? というわけで予定変更、近くのコインパークに車を入れる。券売機を見て「塩つけ麺」を探す……あったあった、夜限定じゃなくて良かった。量が3種類あるんで、中盛にする。
09120100.jpg
メニューはこんな感じ。「塩つけ麺」中盛の値段がどう見ても間違ってますな。あとアルコールが安いのも気になる。思ってたほどは待たずに麺登場。
09120101.jpg 09120102.jpg
麺は極太の縮れ麺、中洲店では「浅草開化楼」の名をアピールしまくってたのにこっちには「浅」の字も見あたらないんで、製麺所を変えたのかも。麺箱よく見てみればよかったな。食感はハードで表面ムッチリ芯はゴリッとした感じ、麺自体の味もしっかりしたもの。対するつけ汁は鶏ガラ+魚介かな、「塩つけ麺」の名に恥じぬ強めの塩の味、そして厚めの油の層がハードな麺に負けずしっかりと対抗している。鶏ガラの風味もシャープで温度も熱々、この味は好みやな。具はチャーシューにメンマに刻みネギ、あと唐辛子も少々。チャーシューは1枚分か、厚みがあるんで歯ごたえはしっかり、しかし口にすればホロリと崩れる。味付けも強め、しかも焼き目が付いてて香ばしさも立っている。メンマは柔らかめでまあ普通、ネギはつけ汁とよく合っている。麺をやや長めにつけ汁に浸しつつズズッと啜り、麺完食。量は俺的には丁度いいくらい。
09120103.jpg
そして締めのスープ割り、コレがムチャクチャ美味い。油はほぼ麺に持って行かれて少々浮かんでる程度、鶏ガラに和風味が加わり穏やかな表情も見せつつ、しっかり塩気は利いていて弱さを感じさせない。新たに加わった青ネギやチャーシューの欠片もまた美味し。この1杯で白飯2杯くらいは行けそうなくらいに俺好みの味、きっちり最後の一滴まで堪能する。
麺がもうちょい違ったら俺の好みのど真ん中だったかなぁ。ただ、塩気が強いのが苦手な人にはあまり向かないかも。開店から1週間、客入りも常時8割~満席くらいだったかな。中洲店より立地はいいしな。券売機に、メニュー名は忘れたけど限定麺の用意もあるみたいだし、今後にも期待やね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miocel.blog32.fc2.com/tb.php/1250-7f60f554