FC2ブログ

鶏白湯ラーメン 絶好鳥@箱崎、夜はあのうどん屋で 

泡そば 700円 ☆3.5
福岡市東区箱崎1-12-14 11:00~14:30(土日祝~15:00)&17:30~21:00(日祝は夜休み) 月曜定休(祝日は営業)

今日のお昼は箱崎の「絶好鳥」。店頭の駐車場は埋まってたんで近くのコインパークに車を入れ、入店。券売機を見ると……冷やし麺狙いだったんだけど、券売機のどこにも無い。終わっちゃったかな、残念。というわけで代わりに「泡そば」ってのの食券を購入。しばし待って麺登場。
19073000.jpg 19073001.jpg
ブレンダー使ってる音は聞こえたけど、確かに泡泡してるなぁ。麺は製麺屋慶史謹製、細~極細で結構歯ごたえがあるタイプ。スープは鶏白湯、ブレンダーでまろやかさが出ていて、トータルでかなり甘め。そこにブラックペッパーが合っている。終盤は泡はほぼ無くなったが、味的にはまったりしたままだった。具は鶏モモチャーシュー3枚、揚げたカボチャ、茹でた豆苗、ナルト、卵焼き、白ネギ。チャーシューは炙ってあって、レアではないが味付けしっかりで美味い。ナルトも柔らかくて良かったな。最後はスープの半分くらいまで完食。
ブレンダー系鶏白湯、中でも麺と、麺とスープの相性が良かったね。他の麺もいずれ味わってみたいかな。

夜はうどん屋飲みでした。
続きを読む

さぬきうどん誠屋@曰佐 ~量より質を取ってみた~ 

ミニ玉子丼ミニうどんセット+鶏天2枚 583+151円 ☆4.5
福岡市南区曰佐4-39-30 11:00~15:00&17:00~20:45 火曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

今日は土用の丑の日。「う」がつく食べ物を食べるといいらしい。というわけでうどんをチョイス。久しぶりに「誠屋」へ。以前来た時から丼も美味しそうだと思っていたので、一番安い丼である玉子丼をミニで、それをミニうどんセットで、温か冷か選べるんで冷で。さらにトッピングで鶏天をつけてもらう。ちなみにこの店、大半のトッピングが140円(+税)なのだが、2つめからは70円(+税)で頼めるのだ。いろいろトッピング楽しみたい人にはうってつけではなかろうか。そんなに待たずに麺登場。
19072700.jpg 19072701.jpg
夏休みにバイトしてるのかね、高校生っぽい男子のたどたどしい説明。鶏天は後からですって。うどんの上のショウガは早々に漬物皿に退避。エッジが立った平打ち中太麺は、ムッチリモッチリ、過剰な弾力感も無く、歯に吸い付くような歯応え。麺線も割と長め、口当たりも滑らか。すめは煮干しベースかな、でも金気も苦味もなく、塩気も控えめで、優しい味わい。具はカマボコとネギとショウガ、終盤にショウガを戻して味変を楽しむ。麺の量は丸亀製麺の並よりは多い感じ。玉子丼はこれまた塩気控えめ、出汁で煮たタマネギと玉子の柔らかいコク、汁気も多過ぎず、煮加減も硬すぎず柔すぎず。ご飯の量は少なめだけど、セットだとちょうどいい感じ。
19072702.jpg
鶏天は結構大きめ、冷たいすめに浸して食べると……ムネ肉かな、ジューシーとまでは言わんけどふっくら柔らかめ。衣はサックリ感。そして結構しっかり目に下味がついてるな。というわけで2枚目はそのまま食べると……ああ、これだけで酒のアテになりそうなくらいの味加減。コレいいねぇ。あと漬物もちゃんと美味しい。最後はすめまでほぼ完食。
調べてみたら……うわ、2年半ぶりか。まあウチから遠いとはいえ、これだけ美味い店にこれだけ来てなかったのかと思うとちょい無念。次はもうちょい近いウチに来たいねぇ。というのも、2ヶ月有効のサービスカード(来る度に違う何かがもらえるヤーツ)いただいたんで。現金だなぁ。次はミニ天ぷら丼セット狙ってみたいな。

鯛らーめん 穂と花@周船寺、夜は大人気の餃子屋で 

鯛らーめん和+鯛の生ハム押し寿司 880+120円 ☆4.0
糸島市高田5-20-8 12:00~14:00&19:00~20:00 土日祝定休
Facebookあり

午前中ちょいとごたついて、遅めのお昼。となると12時開店の店がいいだろう。というわけで今日のお昼は「穂と花」。先客2人後客2人。今日の麺は花・和・泰・担の4種。その中から和をチョイス。あと鯛生ハムの押し寿司があったんで、それもいただく。
19072500.jpg
まずは押し寿司。しっかり昆布の風味が移った皮付き鯛の生ハムに酢飯、その中に青菜や梅肉、山芋も入ってたな。120円でコレはちょっとした贅沢かも。あっという間に食べ終えて、もうちょい待って麺登場。
19072501.jpg 19072502.jpg
中太ちぢれ麺は製麺屋慶史謹製、ムチプリッとしたいい感じの歯ごたえ。スープは鯛ダシ、以前食べた鯛白湯が鯛ポタージュだとすれば、こちらは鯛コンソメか。骨蒸しっぽくもある鯛の出汁は派手さはないが奥深い。わずかにコラーゲン感もあるかな。もちろん臭みはないよ。具は鯛生ハム2枚、糸島穂先メンマ、鯛味噌、海苔、白ネギ、ミツバ、松の実。鯛生ハムは1つはそのまま、1つは熱を入れて食べたが、そのままの方が個性的でいいかも。メンマは味付け控えめ、歯応えがいいね。鯛味噌はほぐし身と赤味噌がベース、あっさり気味なスープに溶くと個性が楽しめる。最後はスープの大半まで完食。
鯛白湯よりもこっちの方が好みかも。なんとなれば最後にごはんぶち込んでも良さそうだし。次は押し寿司我慢して白ごはんセットにしてみようかな。助六も気になるんだけどな。

夜は餃子屋で。麺もあるよ。
続きを読む

麺酒場 朱拉@神屋町 ~とにかく麺が冷たい~ 

冷やし梅肉中華そば 800円 ☆4.0
福岡市博多区神屋町3-24 11:00~14:30&17:00~23:00(金・土・祝前日~24;00) 不定休 ※7月24日はお休みです

今日のお昼は「朱拉」。先日から始めた冷やし麺が狙い。ただ回りで頼んでるの俺だけだった。また、冷やしの提供期間中は塩ラーメンがお休みになるはずだったが、普通にメニューに載ったままだったし普通に頼んでる客がいた。席はほぼ満席になり断られる客も出る。冷やしなんでちょい待って「よく混ぜてお召し上がり下さい」との言葉と共に麺登場。
19072300.jpg 19072301.jpg
麺は製麺屋慶史謹製の平打ち中細麺、しっかり冷たく締められてツルッツルの口当たりとムッチリとした歯応え、平打ち独特の食感もいいね。スッキリとしたスープは和風ベースにほんのりゴマ油の香りがしたかな、でも梅の風味は感じず。むむ? 具はレアチャーシュー2枚、半熟煮玉子半分、メンマ、半割のオクラ、白髪ネギ、ラディッシュ千切り、そして謎の茶色い塊……ほぐした梅肉とカツオ節を混ぜたもの。なるほど、それで「よく混ぜて」なわけね。というわけで、煮玉子を端に寄せてよく混ぜて食べると……いいねぇ、酸っぱいけど酸っぱすぎない梅の風味にカツオ節の味が乗ってきて、スープの味の奥行きが増す感じ。具のチャーシューはジューシーでオクラは歯応えがいい。ラディッシュが意外と存在感出てくるね。最後はスープの大半まで完食。
ちょっとお値段するけど具沢山だし、梅を主眼にしつつ梅過ぎないのもいいね、バランスが取れてる感じ。こりゃリピもあるかな? 飲みの締めにもいいね!

南京ラーメン黒門@若松区 & こばやしうどん@中間 

今日は割と早起き出来たんで、麺ドラで「黒門」を目指す(「来来」行けるほどの早起きではなかった)。開店10分前くらいに到着。車内で待って開店してから店に向かったのだが、どうやら玄関前のボードに名前書いてる人が優先のようで。俺も書いとけばよかったな。とはいえスムーズに入店して……ラーメン50円値上げしてるな……ラーメンを単品でオーダー。入店順にラーメンが届けられ、ちょい待って麺登場。
19072100.jpg 19072101.jpg
麺は細ストレート、気持ち多加水気味かな、気持ち柔めかなってくらいの茹で加減。麺量も普通の豚骨よりちょい多めよね。スープは以前は豚骨清湯と思ってたけど、豚骨清湯があちらこちらで出るようになった今となってはちょい白濁気味よね。とはいえ味はクリア、深みのある優しい豚骨風味に、気持ち強めの塩気で味に締まりがある。この見た目でベストの味を想像して、それよりちょいと上な味。チャーシューは脂身多めのバラ肉、意外とジューシーなモモ肉。他にメンマとアサツキ……あ、モヤシがなくなってる。卓上のにんにく醤油やコショウで味変も楽しみつつ、最後はスープの大半まで完食。
ほぼ1年ぶりに食べたけど、豚骨清湯とかいう言葉に囚われない唯一無二の味だなぁって感じ。海苔を入れてもおにぎりを添えても楽しめるけど、この一杯だけで完成してるよね。また早起き出来たら来ますね~。

南京ラーメン黒門
ラーメン 650円 ☆4.5
北九州市若松区青葉台南3-1-5 11:00~16:00OS(売切次第閉店) 月曜&第4火曜定休(月曜祝日は翌日振替)


二麺目は遠賀川沿いの道路沿いにある店「こばやしうどん」。こないだの山田ホニャララさんとの飲み会で最近のお気に入り的な感じで教えて頂いた店。以前から存在は知っていたが、老舗然とし過ぎててオススメなしじゃ入らなかったろうな多分。店の入口右手には麺打ち場、店主さんらしき方が生地を麺棒で伸しておられる。店に入れば奥に小上がりが5,6卓、手前にはテーブルが大小5,6卓。右手厨房にはガラスケースに入ったおにぎり類と、おでんも置いてたな。メニューこちら。
19072102.jpg 19072103.jpg
まず目に付いたのは「オニオン天」、なんでタマネギ天じゃないのん? とか思いつつメニュー見てたら……「元祖」? 店員さんに聞いてみたら「汁無しで……レモンを搾って……」よくわかんない。まあいいや、思い切って「元祖」頼んでみましょ! ちょい待って麺登場。
19072104.jpg
釜揚げっぽい麺の上にカツオ節、別皿にとろろ、大根おろし、レモン、ネギ、柚子胡椒、醤油。「全部うどんにかけてよく混ぜてどうぞ、醤油は全部入れると辛いかも」と店員さん。というわけでレモン絞って柚子胡椒以外を載せて醤油半分かけてよく混ぜる。
19072105.jpg
エッジのないうどんはちょい細め、柔らかめなんだけど粘り腰があり、いくら引っ張ってもなかなか千切れない。この優しいモッチリ感は楽しいね。醤油は甘めかな、それがうどんの味を引き立てる。さらにレモンで味の締まりがあるのがいいね。薬味類もそんなに量は多くないけど、時折味のアクセントになってくれる。柚子胡椒は……予想的中、結構辛口だったんでちょいちょい足していく感じ。中盤で醤油も足したりレモンもギリギリまで搾ったり。麺量も結構あったよな、最後は薬味の欠片までほぼ完食。
食べ方も面白いし、何よりうどん自体がいいね。麺打ち場見た感じ、純手打ちかもしれん。ただ、今回の「元祖」に関しては、ちょいとお値段高く感じたかも。他のメニューとの対比でね。次は「オニオン天」かな、冷たいメニューも試してみたいな。山田さん情報ありがとうございました~!

こばやしうどん
元祖 680円 ☆3.5
中間市垣生207-2 11:00~15:00