FC2ブログ

利尻らーめん味楽@博多阪急物産展 ~最果てラーメン博多に来たる~ 

焼き醤油らーめん 900円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1(博多阪急8F) 10:00~20:00(最終日~17:00) 13日まで

今日のお昼は博多阪急の「冬の北海道物産大会」に出店している「利尻らーめん味楽」。北海道の最北端に近い利尻島で営業しているラーメン屋で、営業時間はわずか2時間半。たまたま先日「マツコの知らない世界」の北海道物産展の会に紹介され、へぇそんな店があるんやなぁと思ってたら、なんかすごくベストなタイミングで出店依頼出来たそうで、博多阪急に登場。こりゃ行ってみるしかあるまいと会場に着けば、11:15の時点で既に30人ほどの待ちの列。その後も行列は伸び続け、店を出る11:55頃には65人を数えた。ただ、店内には割と空席があって、店員さんがちょっと手際が悪い様子。なので店に入ればさほど待たずに麺が出てくる。店内には店のパンフが置いてあって、どうも今は新横浜ラーメン博物館に出店しているようで。ああ、利尻島は無理だが新横浜なら行けなくはないな。福山雅治のライブついでに行ってみるのもいいかもしれん。
18110800.jpg 18110801.jpg
麺は北海道の定番、西山製麺の中太熟成縮れ麺、ムッチリ感があり口当たりもいい。このスープにはもっと合う麺があるんじゃないかなと最初は思っていたが、今思えばこの麺が正解だったかも。スープは利尻昆布を20時間煮出したものと豚骨鶏ガラのケモノ系のダブルスープ。ケモノ系を相手にして昆布のダシ感や甘さの方が前に出てくる、なるほど利尻らーめんと名乗るだけある味わい。さらに注文ごとに中華鍋で醤油ダレを焼いたという焦がし醤油の香ばしさもいいね。具はホロホロ柔らかチャーシュー、薄味柔らかメンマ、口溶けのいい海苔、細切り白ネギと小口の青ネギ。どれも普通にいいんだけど、一番スープと相性が良かったのはシャキシャキの白ネギだったな。最後はスープまで残さず完食。
高価な利尻昆布をふんだんに使った、利尻島の店でしか出せない味を、博多で楽しめる有り難さよ。是非お時間にゆとりを持って(あるいは開店ダッシュで)行かれてみて下さいませ~。