FC2ブログ

ラーメン処 のんちゃん@伊万里 & らーめん砦@佐世保、そして長崎の夜を楽しむ 

今日は朝から麺ドラ、一番の目的は長崎くんち。それに併せて麺とか観光とか楽しもうって寸法。まずは福岡から唐津を経由して伊万里へ。牛骨ラーメンを提供している「のんちゃん」が最初の狙い。思ってたより狭めの店内は先客後客無し。麺は醤油塩味噌が600円、具材多めの特製が700円、他に和風とか辛そうなのとかつけ麺とか幅広い。俺のオーダーは「特製塩ラーメン」。待ってたら店主さんが小さな擂り鉢出して「ゴマも合いますので良かったら」と。なのでゴマを擂り擂りしつつ待ってたら麺登場。
18100700.jpg 18100701.jpg
麺は中細の縮れ、プリッと感やチュルッと感も良く、食感的に面白い。スープは伊万里牛のゲンコツを丸1日炊いてるそうだが、なるほど豚骨よりクセがなく、それでいてコクはある。塩気も結構強めで、意外と万人向けかも。テールスープとはまた違った感じかな。具はたっぷりの茹でモヤシを中心に、バーナーで炙った伊万里牛薄切り肉、煮玉子、牛そぼろ、コーン、カニカマ、ワカメ、青ネギ、くらいかな。牛肉はサイズ感は寂しいが流石に美味い。煮玉子も味濃いめかな。終盤、ゴマを投入して残った具を浚いつつ食べ尽くすのが楽しい。
麺もスープも具もハイレベルで、メニューも豊富、近場だったら全メニュー制覇したいところ。早起きして麺ドラで伊万里に来る機会を増やせたらいいな。

ラーメン処 のんちゃん
特製塩ラーメン 700円 ☆4.0
伊万里市蓮池町114-1 11:00~15:00&18:00~23:00 不定休
HPあり


さて伊万里から佐世保へ。次の狙いは貝出汁で名を馳せる「らーめん砦」。コインパークに車を入れて店の前に来ると待ち1組、ただし7人(笑)。まあ待つかと名前を書き入れ、15分くらい待ったかな、店内に案内される。ちなみに帰りがけに見たら合計24人待ち、うおぉ良かった良かった(笑)。さてオーダーはスタンダードメニュー「砦」。まあ最初は基本でしょうよ。そこからはさほど待たずに麺登場。
18100702.jpg 18100703.jpg
麺は中細のストレートかな、ちょい硬めの茹で加減。マテ貝とかで取ったスープは……思ったほどクセがないな。和風ダシの範疇に収まりそうだけど独特な感じ、総じて甘めかな。塩気も控えめだし。同じ貝でもシジミやハマグリのような尖った感じはない。具はマテ貝2個、ベビーホタテ3個、ベーコン、ワカメ、揚げネギ、ネギ、クレソン(かな?)。意外と個性薄めなスープの中で、ベーコンとマテ貝はかなりの存在感。特に軽く炙ったベーコンは、美味いんだけど後味が残らないのがいいね。丼は小さめだが麺量は十分、二麺目なんで割と苦しみつつズズッと完食。
想像してたほど個性的な味ではなかったんだけど、想像してたより個性的なメニューがズラズラと並んでた(笑)。次は「来世は公務員になりたい」かなぁ(笑)。

らーめん砦
砦 780円 ☆3.5
佐世保市万津町7-11 11:30~15:00&17:00~20:30 不定休
HPあり


18100704.jpg 18100705.jpg
ここから長崎入り。今回の最大の狙い「コッコデショ」も堪能しつつ(リアルはいいなぁ!)夜は長崎のオトモダチと飲み。舞台はまた別のオトモダチにオススメ頂いた「だしぼんず」。
18100706.jpg 18100707.jpg
焼き雲仙ハム、鯛ダシ水餃子、馬レバ刺し、揚げ五島うどんとか楽しみつつ、飲み会の締めは、
18100709.jpg 18100708.jpg
地獄炊き! 2~3人前で1,500円。アゴだしと生卵の両方用意していただけまして、嬉しいね。この店は半生麺を使ってるようで、乾麺よりもソフトな食感、それが生卵とよく合うのだ。もちろんアゴだしとも。本場の五島うどんを味わえて良かったなぁ、自宅でもやってみたいな。

18100710.jpg
そこから二次会へ。途中に「阿蘭陀船」に遭遇。こういった偶然もくんちの楽しみだってオトモダチが。確かに。
18100711.jpg
そして日本酒フリードリンクという天国、あるいは地獄。自分の想定以上に酒が進みました。ご一緒頂きありがとうございました~! この後うっすらとした記憶の中ではバタンキューでした。多分。