FC2ブログ

六味亭@志免 ~和食ベースの独自味~ 

中華そば 600円 ☆4.0
糟屋郡志免町志免東2-1-10 11:30~15:00(8月から夜営業開始予定) 月曜定休(祝日は翌日振替)

今日のお昼は「練り込みうどん権」で冷やかけ狙い、定休日は第2第4木曜のはずなので今日は開いてるはず……と思ったら開いてなかった(´・ω・`)。まあ仕方ない、今後の予定とも合わせてどうしようかなと考えて思いついたのが先日オープンした新店「六味亭」。今から行ったら開店時間前に着くかなと思いつつ行ってみたら、開店時間2分前でもう開いてた。良かった。店に入ると先客1人、後客は4,5組あったかな。そして客席は15くらいかと思うが店員さんが6人もいてみんな元気いい。確か和食居酒屋が店の母体だったと思うけど、もしかしてこっちの店で仕込みとかやってたりするのかな。メニューこちら。
18071902.jpg
他に素材やら作り方やらの能書きがいろいろと。待ってる間飽きないな。オーダーは「中華そば」を。背脂足すかどうか迷ったが最初はまあ普通で。さほど待たずに麺登場。
18071900.jpg 18071901.jpg
麺は製麺所慶史謹製の細縮れ、多加水っぽくプリッとした食感で口の中で跳ねるような口当たり。食べてて楽しいタイプやね。スープは『「博多雑煮」のあご出汁と「博多水炊き」の鶏ガラスープを黄金比でブレンド』だそうで。どちらかというとあご強めかな、ほんのり甘味もあって、父方の実家の雑煮を思い出す味わい。背脂の油っ気でコクもあり、塩気は控えめ。卓上の「六味スパイス」がオススメって店員さんに言われて試してみたけど、俺的には違うかな、このスープに山椒風味を足すのはもったいない気がする。具のチャーシュー2枚は小さめだが厚みがありホロホロに柔らかい。他の具は海苔、ナルト、茎ワカメ、ネギ、鶏節。特にナルトと茎ワカメの歯応えがいいね。鶏節は味変要素だそうだけど、ちょっと俺にはわかんなかった。最後はスープの大半まで完食。
和食に裏打ちされた技術力で独自の味を作り上げたって感じで、個性もあって好みなタイプでした。ただ難点2つ。チャーシューがすごく薄味で存在感が薄かったのと、あと麺の扱いが難しいのかな、終盤に千切れた麺が結構あった。まあまだ開店1ヶ月くらいのはずなんで、今後に期待ですね。次は担々麺頂いてみますよ。