つじ田@ラーメン滑走路 ~多分、この道の極み~ 

濃厚つけ麺 880円 ☆4.5
福岡市博多区下臼井 福岡空港国内線旅客ターミナルビル3F ラーメン滑走路 10:00~21:00OS

今日はお昼からドームに野球見に行く予定なので、ちょっと仕事済ませて早めに家を出て昼麺だけ食べに行く。向かったのは福岡空港「ラーメン滑走路」、いくつか予定していた店の中から、席が空いてて券売機前に1組いるだけだった「つじ田」をチョイス。デフォの「濃厚つけ麺」の食券を購入。俺より前に未提供客が4組あったかな、その後につけ汁、続いて「スダチは途中で麺に搾ってお召し上がり下さい」という言葉と共に麺登場。
18070100.jpg 18070101.jpg
麺は三河屋製麺の太麺250g、量的には俺でも普通に食えて、でも二麺目は無理だなと思うくらい。食感はムチッとしていて、ハード寄りなんだけど「硬い」という言葉とは無縁。歯応えを楽しみつつ噛み疲れない程良さ。つけ汁は魚介豚骨、ド濃厚ではないが魚介も豚骨もしっかり存在感があり、それでいてしっかり融合している。油っ気や塩気も程よく、太麺の存在感の強さにしっかり応えるつけ汁。温度もしっかり熱々で、正直ケチの付け所をいくら探しても見つからない完成度の高さ。具は厚みのあるチャーシューが数枚、メンマ、海苔、白ネギ。チャーシューは柔らかいしジューシーだし赤身と脂身のバランスもいいし、メンマは乾物臭さも無く歯応え強めだし、ホント隙がない。麺を半分くらい食べたあたりでスダチを搾ると、さわやかな酸味がひと味加わってさらに楽しめる。終盤、黒七味を麺に振ると、山椒や芥子の香りがまたひと味加わって、でもスダチの存在感の方が強いかな。麺完食後はスープ割り、これはさほどでもないかな。デフォのつけ汁の味があまりに理想的だったので。
つけ麺にはいろんな方向性があって、それは今でも増え続けてると思うけど、「濃厚魚介豚骨系」という道においてはこの店が極みになるんじゃないかな、と個人的には思った。値段はお高めだけどこのクオリティなら納得だし。スープ割りよりはご飯割りにすべきだったかな。ともあれ、この手のつけ麺が食べたくなったら迷わずここに来たいと思います。なお、駐車場は事前精算機に通した時点で29分でした。ギリギリだぁ。もう1組先客がいたらアウトだったかも。