太宰府八ちゃんラーメン@天神、そしてライブとその後とその先と 

今日はお笑いライブ。というわけでまずは腹ごしらえ、「太宰府八ちゃんラーメン」天神店へ。開店15分後くらいなので客入りもポツポツ。昨日は野菜ソムリエアワードで野菜けっこう食べたんで、今日は炭水化物祭としよう。「豚骨ら~めんやきめしセット」の食券をポチッとな。
18031100.jpg 18031101.jpg
麺は細ストレート、パツンと歯切れのいいタイプ。硬めだけど粉っぽさはない。スープは油が少々浮いてはいるが、かなりがスープに溶け込んだかな。想像よりも油っぽくなく、マイルドでクリーミーな味わい。塩気強めなのでちょっと喉が渇くかな。チャーシューは小さめだけど4枚、噛めば崩れる柔らかさ。対するやきめしは味付けは薄めかな、ラーメンの濃い味に合わせてるのかな。具は卵とピンクのカマボコと、小さく刻まれたチクワが印象的。歯応えが面白いね。最後は両方ほぼ同時に完食。
7年前の太宰府本店とはかなり違った印象の味、でも今は太宰府もこんな味になってるのかもね。久しぶりに太宰府本店も行ってみたいなぁ。

太宰府八ちゃんラーメン 天神店
豚骨ら~めんやきめしセット 900円 ☆3.5
福岡市中央区天神4-6-31 11:00~15:00&17:00~22:00(日曜は昼飲み営業) 土曜定休


18031102.jpg
その後、お笑いライブ。ロビーには一つだけお花が届いてました。一つだけ。2時間にわたる単独トークライブは、そりゃもう面白かったんだけど、何故か内容は全く覚えてません。
18031103.jpg 18031104.jpg
その後「一風堂西通りスタンド」で軽く飲みながらライブの思い出に浸り(内容覚えてないのに)。
18031105.jpg
夜は「鶏と肴 フルヤ@平尾」へ。通りからちょっと入ったところにある、民家改装型かな。日曜だというのにほぼ満席の賑わい。一応電話入れといて良かった。なお、価格は税抜となっております。
18031106.jpg
左はお通しの「ゴマ鶏」380円。湯引きしたムネ肉にゴマダレ、この一品でこの店の実力を感じられる。久しぶりに生の鶏肉を美味いと思った気がする。右は「特製鶏煮込み」380円、恐らくハンパな部位を鶏ガラスープで煮込んだんだろうな、少なくともモモ・ムネ・レバー・ハツ・キンカン・鶏皮は確認出来たし、よくわからん肉片もいくつかあった。ボリュームたっぷりが嬉しい。
18031107.jpg
「熊本 ワンダーピーマン あけがらしポン酢」180円。冷水に浸けたピーマンを半分に切ってポン酢と糸鰹節をかけ、あけがらしを添えたもの。ピーマンは肉厚ではないのにジューシーで苦味もなく、もろみっぽいあけがらしとの相性もいい。種まで食べられると店員さんが言うので思い切って食べてみると、種も苦味がなく軟らかく、芯は芯らしい甘さがジワリと滲み出る。うわぁ、コレはじめて食べたよ。
18031108.jpg 18031109.jpg
高坂地鶏の串を3本ほど。左から「かしわ」「つくね」「白肝」全て180円。かしわはもも肉だが、間に鶏皮を挟んであっていいアクセントになる。つくねはフワフワで中心はレア気味、歯応えある肉片が混ざっていて食感が面白い。白肝は普通のレバーよりジューシーで柔らかくコク深い。
18031110.jpg 18031111.jpg
そして今日の狙いのメニュー「高坂地鶏のチキンラーメン」580円。細縮れの麺はちょい柔めだが食感がいい感じ。スープはブラックペッパーが利いていてどことなくコンソメっぽい。そのまま飲めば美味いんだけど、ラーメンとしてはもうちょいコクが欲しいかな。具の鶏肉はお通しに使ってるムネ肉かな、ちょい火が通ってもレア感が残った食感が素晴らしい。
今日は一人飲みなんでこんなモンだが、他に野菜も肴もいろいろあるし、なにより高坂地鶏の刺身盛合せや奇跡のレバ刺しが美味そうだった。次はじっくり飲みメインでまた来てみたいな。

ぷち麺にゅーす
・「太宰府八ちゃんラーメン」天神店に求人の張り紙があったんだけど、勤務先に「当店 又は 近日オープン予定博多駅前三丁目の店舗」と書かれてあった。どっかにオープン予定なのかな。
・現在改装休業中の「コチソバ@今泉」、いよいよ3月17日リニューアルオープン。席数も増え、営業時間も11:00~22:00OSと通し営業になるとの事。