中華そばつけ麺 永福@天神南 ~沈んでおったか~ 

柚子塩ラーメン 650円 ☆3.5
福岡市中央区渡辺通5-24-38 11:00~15:00&16:30~22:00 火曜定休

今日のお昼は「永福」へ。先客1人後客ゼロ。先日飲み会で会った人の話だと、この店のルーツは以前東区のパチンコ屋の中で営業していた「東京 大将軒」にあるらしい。道理で移転前の長住時代に食べたつけ麺がどことなく「大勝軒」っぽかったわけだ。さてオーダーは、去年の夏限定夜限定だったのがレギュラー化した「柚子塩ラーメン」。さほど待たずに麺登場。
18021200.jpg 18021201.jpg
麺は中太の縮れ、結構歯応えハードめで存在感が強い。スープは白湯に鶏油かな、柚子塩って名前の割りには柚子も塩も控えめ。ケモノ系と和風ダシが対等くらいで、コショウが強め。あとネギの辛さが結構出てる気がする。具はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ネギ。チャーシューは味濃いめで美味いんだけどもうちょっと厚みが欲しいかな。海苔は口溶けがいいタイプ。終盤、いきなり柚子の風味が利いてきた。底に沈んでたのかな。最後はスープの大半まで完食。
結構独特な感じは好きだけど、見た目通りちょっとスープ少なめかなってのと、チャーシューが、ね。さて次は「大勝軒」意識しつつ「つけ麺」かなとも思ったんだけど、食べてる途中に気になったのが、カウンター席のトイメンの壁に貼られた小さな紙。仕入れ予定とか材料表かなと思ったらよく見ると「塩つけ麺」「味噌つけ麺」「カレーつけ麺」なんて文字とその値段っぽい。もしかしたらコレ、「気づいた人だけ頼めるメニュー」だったりするんかな。気になる気になる。