FC2ブログ

油山とんこつ研究所 くまちゃんラーメン@神松寺 ~いつの間にやら新メニュー~ 

醤油とんこつ+半替玉 550+60円 ☆4.0
福岡市城南区神松寺1-22-19 11:00~21:00 火曜定休
Facebookあり

今日のお昼は笹丘の「基峰」……のつもりだったんだけど11時半過ぎに行ってみると「12時開店」の看板が。えー、そうだったのか知らんかった。で、この辺で豚骨を食べるなら……よし「くまちゃん」にしよう。駐車場に車を止めて店に入ると、レジ横に定休日変更のお知らせ。「火曜→不定休」……うわぁ助かった! さてメニュー見ると、
18022703.jpg
おや、「屋台ラーメン」「醤油とんこつ」と新メニューが2つも。前回食べた「あっさりラーメン」は「屋台ラーメン」になったのかなと読んで、今日は「醤油とんこつ」をオーダー。麺の硬さは普通でお願いする。
18022700.jpg 18022701.jpg
麺は細ストレート、加水高めなのか、パツンと弾けるような張りのある食感。スープは臭みのない、マイルドな豚骨。油の饐えた香りが微かにあるかな。そして塩気は強くないが醤油の風味がしっかり利いている。まさに看板に偽りなしの味わい。チャーシューは炙りや熊ダレは載らない状態で2枚、ホロリと崩れる柔らかさ。ズズッと食べつつ、「半替玉」を柔麺でオーダー。
18022702.jpg
店員さんが麺を直接入れてくれるタイプ。麺にモッチリ感が加わり、むしろさっきより歯応えが強くなったんじゃないかって感じが面白い。薬味は特に使わず、ズズッと麺完食。スープも半分くらい。
前回の「あっさりラーメン」の記事見てると、今日の感想と酷似してる……つまりそういう事なのかな。となると次回は「屋台ラーメン」柔麺に「ミニチャーシュー丼セット」かな。でも3月を目処に「ベジクリアとんこつ」なる新メニューも開発中だそうで。それも魅力的やなぁ。

ラーメンきいち@上白水 ~どろり濃厚~ 

ラーメン+半替玉 600+60円 ☆4.0
春日市上白水4-56 11:30~14:30OS&18:00~21:30OS 木曜定休

今日のお昼は今年2月1日オープンの新店「ラーメンきいち」へ。同日オープンの「博多だるまラーメンセンター」と同じく「博多だるま」出身とのこと。そういや「博多だるま」長らく行ってないな、今度久しぶりに行ってみるか。さてこちらの店、カウンター5席と奥にテーブルが2卓くらいあるかな。メニューはシンプルでラーメンとトッピングとつまみ少々、ランチセットはめしと半ギョーザが単品より50円安い。デフォのラーメン、麺の硬さは普通でお願いする。待ってる間、卓上の辛子高菜をつまむと、辛さ控えめで美味さが強いタイプ。これはいいやとたっぷり取って擂りゴマをかけ、ラーメンの元ダレを数滴落としてつまみながら待つ。
18022600.jpg 18022601.jpg
麺は極細ストレート、デフォでちょい硬めの茹で加減。まあ豚骨らしい麺だね。スープはどろり濃厚、髄も油も泡さえも全て溶け込んだかのような、軽くざらつきのあるマットな食感。臭みはなく塩気はちょい控えめ、しっかり麺にも舌にもまとわりついてくる感じ。今の「博多だるま」もこんな感じなのかな。チャーシューは大きくはないが厚みがあるのが2枚、味付け強めなのが好みな感じ、噛めばホロリと崩れる柔らかさ。他の具はネギと海苔。麺量は少なくはないと思うが、このスープをもうちょい味わいたくて「半替玉」を、今度は柔麺でオーダー。
18022602.jpg
ネギも載ってきた半替玉は……ベネ(良し)! 張りのあるモッチリ感って感じで俺好みな食感。次は最初から柔麺だな。元ダレを軽く回しかけたら、味に締まりが出てこれまた好み。最後はスープの半分くらいまで完食。
いやぁ、なかなか頭抜けた濃厚さでした。濃いトンちゃん入れたい時にはオススメですよ。

ぷち麺にゅーす
中央区清川2-18-14、地鶏炭火焼の店「嵐坊」清川店がランチタイムに「ぢどりうどん」出してます。平日11:30~14:30、スープが鶏ガラか和風から選べて、単品500円、かしわごはん付き600円。平尾店では鶏ラーメンランチやってるけど、ちょっと好みじゃなかったんだよね。こっちはどうだろ?

そば処山月@白木原 ~揚げる音に誘われて~ 

天もりそば 950円 ☆4.0
大野城市白木原3-10-1 11:30~14:30 日月火水定休

今日のお昼は「山月」。お店に入るとおかみさんに「あら、お久しぶりです」と声を掛けられる。1年か2年に1回くらいしか来ない客でも覚えてくれてるのが嬉しい。オーダーは「温もりそば」……のつもりだったが、先客が頼んでた天ぷらを揚げる心地よい音に掴まれて「天もりそば」をオーダー。「天もりははじめてですかね、いつも温もりですもんね」とおかみさん。嬉しい、なんて思いつつ、揚げ蕎麦つまみながら待つ事数分。
18022400.jpg
以前は外一だったけど今は十割のはず。細打ちの蕎麦は枯れ草を思わせる豊かな香りと甘い味わい、そして噛みしめるほどにさらに香りが広がる。対するつゆは甘さを控えた江戸風辛口、キリッと引き締まったつゆの味がさらに蕎麦の甘さを引き立てる。薬味の本わさびと、短めに刻まれた白ネギ、この白ネギがこの店独特で、蕎麦にも合うし蕎麦湯にも合うのだ。天ぷらはエビ、ナス、カボチャ、シメジ、春菊。衣のサクッと感、野菜の甘さもいいが、エビの絶妙なレア加減が職人の腕を感じさせる。天つゆもちょい甘でダシが利いていて、天ぷらの美味さをさらに高めてくれる。完食後は濃厚な蕎麦湯、蕎麦つゆの奥深い美味さを薬味と共に存分に味わう。天つゆも蕎麦湯でいただいちゃうよ。
新蕎麦の名残を残した膳、美味かったなぁ。ホント、忘れずに毎年来たい店ですよ。ご馳走様でした。

中華そば ふくちゃん@清川 ~幻の味、現代に~ 

中華そば 650円 ☆4.0
福岡市中央区清川2-1-34 11:00~15:00&18:00~ 不定休

その昔、薬院に「中華そば信兵衛」って店があったそうな。もちろん行ったことはないし、資料を探そうにも20年前の麺マガジンにようやく紹介記事を見かける程度。まだ白丸元味が550円で、だるまが箱崎にある頃の本だよ。で、そこの店主さんの甥の方が「その味を復刻すべく十年の修行を経て(パンフより引用)」2月20日にオープンしたのが「中華そば ふくちゃん」。店内はカウンター5席、奥にテーブルが何卓か。麺メニューは中華そばと支那そば、違いは醤油のみらしい。オススメと書かれた「中華そば」をオーダー。チャーハンおにぎりも気になったが、昨日の酒の影響で諦める。今度食べるよ。
18022200.jpg 18022201.jpg
ちょい待って麺登場。麺箱には張源洋行の文字。中細の縮れ麺は普通にいい感じ、ただ終盤、千切れた麺がちょっとあったのが惜しい。スープはケモノ系と魚介系のダブルスープだそうで、でもその両方が目立たずにキレイに融合してる感じ。塩気も控えめだがダシが利いてるので物足りなさも感じず、派手さはないが深みがある味わい。具のレアチャーシューは注文ごとにスライサーで切っていた。レアさが度を超してもはや生ハム的な感じだが、自分の好みまでスープの熱で火を通して食べるのは面白いかも。トッピングでチャーシュー頼んで、1枚ごとに違った火入れを楽しむとか面白そう。穂先メンマは2本、歯ごたえはいいけどちょっと甘さが強いかな。ネギは白ネギのみじん切り、このスープなら青ネギや万能ねぎ、白髪ネギよりも合うだろうな。最後はスープまで完食。
細かいツッコミどころはいくつかあったけど、それは時間が解決してくれるかな。特にスープは超俺好みでした。次は「支那そば」と「チャーハンおにぎり」を是非是非。

ぷち麺にゅーす
南区高宮1-4-13、「博多新風」高宮本店は2月28日再オープン。当日は100杯限定で無料提供。
18022202.jpg

牧のうどん@マリナタウン ~まあ、しゃあないか~ 

花巻うどん 440円 ☆3.5
福岡市西区豊浜3 イオンマリナタウン 9:00~20:30OS

18021900.jpg
今日のお昼はマリナタウンの「牧のうどん」で期間限定花巻うどん、中麺。上には12枚切り海苔が10枚載ってて(つまり全形1枚よりはちょっと少ない)、どんどんすめに溶けていく。口溶けのいい有明海苔は溶けつつも麺に絡み、磯の風味を楽しませてくれる。途中でやかんスープを追加すると、力強い節系の味と海苔の味の共演を楽しめる。最後はすめまで残さず完食。
いやぁ、相変わらずの美味さ、流石の美味さ。ただ、俺、見ちゃったんだよね。麺茹でに使う四角いカゴの中に残ってたうどんが少なかったようで、カゴ引き上げてひっくり返して直接丼に入れてたの。なので、いつもの麺に比べて短いの、細いの、溶けかけてるのが半分くらいあった。そこは残念でした。あ、21日(水)は定休日なので皆さんお気を付けて。

ぷち麺にゅーす
熊本県菊池郡菊陽町杉並台2-11-2に、塩ラーメンの店「麺や 八」が3月12日オープン予定。