双鶏@渡辺通 ~粋な醤油味~ 

双鶏醤油ラーメン 700円 ☆3.5
福岡市中央区渡辺通2-8-26 11:00~15:00&17:30~翌2:00 日曜定休

今日のお昼は今年9月オープンの新店、博多鶏皮焼き鳥と鶏白湯ラーメンを両輪にってんで店名は「双鶏」。ランチタイムは麺中心、鶏白湯と辛いのと鶏醤油の3つがメイン。トップの鶏白湯は夜も出してるので、ランチ限定の「双鶏醤油ラーメン」をオーダー。そう、近いウチに夜も来てみたいと思っているのですよ。11時半過ぎで先客後客ゼロ、なのでさほど待たず麺登場。
17100500.jpg 17100501.jpg
麺は京都の製麺所「麺屋棣鄂」の特注麺、こないだ東京のどっかの店で麺箱にこの名前を見たな。全粒粉っぽい粒入りの細ストレート麺で、パツンと弾ける歯ごたえ。茹で時間は1分半。正直な感想としては「良く出来た麺」ではあるが、その域を超えない。スープは鶏白湯の醤油味という予想であったが、コレは清湯っぽいな。スープ2つ取ってるのかな。味は鶏の美味さがしっかり利きつつも、醤油の風味がそれに匹敵するほどに主張してくる。これほどに醤油が強いスープは珍しいかも。塩気は控えめで、油っ気はいい感じに利いている。そしてこのスープにミツバがベストマッチ。具は他にチャーシューが鶏と豚が1枚ずつ、鶏ムネ肉はしっとり感があり、炙った豚バラ肉は香ばしく、いずれも粗挽き黒コショウが合う。味付けはどっちも控えめやな。最後はスープの大半まで完食。
東京風な粋な醤油の利き具合とミツバの相性に個性が見えたが、正直、個々のパーツとしては値段の高さほどの満足感は得られず。レベルの高さは感じましたけど。まあ、俺の好みが「突き抜けた個性」ってのもあるし、この店の本命は鶏白湯でしょうからね、そちらにより期待したいと思います。近いウチに夜に行って焼き鳥食べてラーメン啜りたいなぁ。

ぷち麺にゅーす
博多区博多駅前3-19-22の「おばんざい屋 喜禄」のランチメニューに「釜玉伊勢うどん定食」と「ホルモンうどん定食」の2つの麺メニューを発見。