おしょくじ 一司@小倉南 & 麺屋 玄@小倉北 

17092400.jpg
今日の麺ドラは小倉らへん。まずは今月上旬オープンしたはずのセルフうどん店「ゑびすうどん」に行ってみる。大通り沿いの目立った店舗だが……まだ開店してなかった。でも口はもう肉うどんだしなぁ、この辺で他の店は……あ、「福来家」があったな(肉うどんちゃうんかい)。というわけでその辺に行ってみると……意外と飲食店が近くに並んでるな。「辛麺屋桝元」とか「中華料理楼蘭」とか。で、気になったのが開店祝いの花と「肉うどん」の幟が立った「一司」。「かず」と読むみたい。昼のみ営業の店で、メニューは定食5つ、丼2つ、肉うどん、肉肉うどん、和風ちゃんぽんってトコ。まあ何かの縁だろうという事で今日の一麺目はこちらで。
17092401.jpg 17092402.jpg
麺は細め、冷凍っぽい食感。まあ悪くはないが、すめとの馴染みがイマイチかも。すめは和風ダシベースに醤油がキリッと利いていて、肉の油っ気もあってちょい甘め。途中でショウガを半分くらい入れると、甘さがいい具合に引き締まる。具は肉とネギのみ、肉は今まで食べた小倉肉うどんの中でもトップクラスの大きさだな。それが6,7個。ホロホロに柔らかい肉はスジ肉とスネ肉っぽい感じ。味付けはちょっと塩気強めかも、でも後半は気にならなくなったな。最後は肉片すら残さず完食。
すめと肉はいい、あとは麺をもうちょい合うの探せたらいいかなとは思う。さて「和風ちゃんぽん」はどんなのでしょうな。スープが和風なのか、麺が和風(うどん)なのか。

おしょくじ 一司
肉うどん 700円 ☆3.5
北九州市小倉南区徳力3-7-18 11:00~15:00 不定休


さて北に向かって二麺目は予定通り「麺屋 玄」へ。駐車場も空いてたし店の前に待ちもなかったし、と喜び勇んで店に入ると、左手に待ち用の椅子席が出来ていた。そこに5人待ちだったかな。まあいいか、今日は待つ事にしよう。待ってる間にオーダー聞かれたんで予定通り「味噌ら~めん」をお願いする。味噌醤油塩が揃う店ではだいたい味噌が一番後回しになる俺である。
17092403.jpg 17092404.jpg
麺は森住製麺の中細縮れ、ちょいと強めの歯応えと口当たりが存在感大。スープは恐らく中華鍋で強火で仕上げた味噌スープ、強い味だが味噌の塩気は控えめで油っ気もそこそこ、なので後味が意外と軽め。終盤にショウガを溶き入れるとなお軽くなる。具はチャーシュー、炒めたモヤシとタマネギ、メンマ、ネギ、ショウガ、あとチャーシューの角切りが2つと挽肉が少々。チャーシューは片面炙りかな、ただサイズ小さめでちょっと存在感薄い。モヤシはラードで炒めてあって歯応えも味もいいね。細切りのメンマも他の店にない感じで面白い。最後は千切れた麺の欠片(そこそこあった)まで完食。
店の奥の壁には修業先の店主から送られた包丁が飾ってあるが、流石の完成度の高さでした。ただ、味噌醤油塩と食べて一番俺好みだったのは塩だったかな。なので次はそれで。

麺屋 玄
味噌ら~めん 750円 ☆4.0
北九州市小倉北区江南町7-1 11:00~15:30&17:00~20:00 月曜定休&不定休
HPあり

博多豚骨 麺屋 蓮々@宗像 ~店名に反して鶏塩を~ 

鶏塩ラーメン 550円 ☆3.5
宗像市宮田1-8-1 11:00~15:00&17:30~22:00 水曜定休

17092300.jpg 17092301.jpg
今日のお昼は「蓮々」へ。正午ちょっと過ぎで客入りは半分くらいだったかな。誰かのブログで見かけた「鶏塩ラーメン」が狙い。麺は豚骨と共用っぽい、切り刃30番の極細ストレート。ちょいと芯が残った感じの硬麺仕様。スープの絡みはいい感じ。素晴らしき透明度を誇るスープは鶏ガラベース、そんなに濃厚ではないが鶏油が強めに利いていて、逆に塩気はかなり控えめ。食べ進めて鶏油が減っていくにつれて味わいは落ち着いていく感じ。具は鶏チャーシューとネギ、鶏チャーシューはモモ肉で歯応え強め、味付けは控えめ。一振りしてるブラックペッパーが意外といいアクセント。最後は麺の欠片まで完食。
俺的には、もうちょい塩気強めで油っ気控えめがいいかな、でもそうしたら個性が薄れちゃうのかも。次は豚骨の「あっさり」狙いかな。

竜里@唐津 ~あの店の遺伝子~ 

ラーメン 550円 ☆4.0
唐津市菜畑4070-2 11:30~ 日曜定休

17092100.jpg
今日のお昼は「一竜軒」跡にオープンした「竜里」。駐車場は店頭に2,3台、あとちょっと離れた高架下に4台。隣の売地に駐めちゃダメですよ。そこに駐めて、駐車場の張り紙を確認して、そのまま店に入っていったヤツがいたのにはホントに驚いた。人として大事な何かをどこかに捨ててきたんだろうな。まあ馬鹿の話はいいや。開店直後ながら卓は埋まっていて相席となる。オーダーは「ラーメン」。セルフの水と炒り豆を取ってきて(紅ショウガは辞退)殻を剥きつつポリポリかじる。オレの前の客と右の客は殻ごと食べている。もしかして殻剥く方が少数派なのか……。
17092101.jpg 17092102.jpg
スープたっぷりが嬉しいね。麺は中細ストレート、茹で加減も丁度いいが、気持ち柔めの方が俺好みかも。スープは力強い純豚骨、油っ気程よく塩気強めで、髄をしっかり絞り出したような濃厚さ。その割りにはスープは滑らかで後味も重くない。「一竜軒」で感じてたコショウのようなピリッとした刺激もここでは感じず。力強くも味のバランスがいい感じ。具はチャーシューが2……いや3……モモ肉かと思うが意外とモッチリしていて肉の味が濃い。他には海苔とネギ、いずれも普通にいい感じ。最後に千切れた麺が少々あったのが惜しい。その麺の欠片までしっかり完食。
「一竜軒」をベースにしつつ、ちゃんとこの店の味になっている、って感じかな。一度しか食べた事無いから大きな事は言えないけど。また平日に唐津に来れるチャンスがあったら来てみたいね。
17092103.jpg
おや、こんなところに「一竜軒」の遺産が。

ミスタードーナツ@木の葉モール橋本 ~ソラノイロをリーズナブルに~ 

きのこ香るまぜそばレギュラーセット 750円 ☆4.0
福岡市西区橋本2 木の葉モール橋本1Fフードコート 10:00~21:00
HPあり

17091705.jpg
先日の麺ドラの途中で立ち寄った、ゆめタウン久留米の「ミスタードーナツ」で見かけたのが秋の新メニュー、ミスド×ソラノイロコラボ第2弾。ただ、一部店舗先行販売のようで、まだミスドHPにも詳細は出ていない。で、今日のお昼に立ち寄った木の葉モール橋本フードコート「タントタベンネ」、当初の狙いはリンガーハットのあんかけちゃんぽんだったのだが、ミスド見に行ったら新メニュー出てた。というわけで今日のお昼はまぜそばである。セットは帆立ダシ五目ミニ炒飯とアイスレモンティで。ピーピー呼び出し機渡されて、しばらく待って麺登場。
17092000.jpg 17092001.jpg
麺は平打ち中太麺、色的にシイタケパウダーでも練り込まれてるのかな……そういえば「ソラノイロ トンコツ&キノコ@新橋」の麺はシイタケとオリーブオイル練り込みだったな。厚みもそれなりにあって歯応えもしっかり。味付けは……キノコのフレーバーオイルを和えてるだけかな? ただ、そのオイルがしっかり美味いんで(トリュフとか使ってそう)、不足感はほぼ感じない。もうちょっと塩気があると嬉しかったかな。具はシメジとエリンギ、あとパセリかな、極めてシンプル。でもキノコも、恐らく冷凍とは思うが、しっかり歯ごたえがあって存在感を示す。相方の炒飯も、味付け強めでパラパラで、チャーシューもエビも卵もしっかり入っていて美味いんだけど、相変わらずネギが不味い。しまったネギ抜きって言うの忘れてた。量的には一般的成人男性だと物足りないかも、でもソフトドリンクついてこの値段なら納得。ホットのコーヒーかカフェオレならお代わりもできるしね。
「ソラノイロ」の味を再現とまでは言わんけど、その実力の片鱗に触れられるメニューではないでしょうか。次は近いウチに、具には期待ゼロだけどスープに期待大の「きのこ味わう白湯麺」、実に楽しみですな。

巴蜀@美野島 ~何故隠されていたのか~ 

鶏肉冷麺 1,000円 ☆3.5
福岡市博多区美野島2-3-14 11:30~14:00OS&18:00~21:00OS 日祝定休
ブログあり

今日のお昼は開店直後狙いで「巴蜀」。店頭のメニューボードを見ると……あったあった、「鶏肉の冷たい汁そば」。この店の冷たいラーメン、是非食べてみたいと思ってたんで、メニューから消える前に来られて良かった。店に入ると先客ゼロ、後客5組くらいだったかな。さてメニューを見ると……おや、「鶏肉冷麺 蒸し鶏の辛い冷たい汁そば」とある。え、辛いの? 完全に予想外デス。でもでも、外のメニューに「辛い」って書いてなかったから、さほどの辛さじゃないのかも。というわけで予定通り「鶏肉冷麺」をオーダー。
17091900.jpg 17091901.jpg
何デスカ、この赤さは。麺と具を入れて、スープ張って、周りにラー油流し込んだかのようなイメージ。一応、麺の中までは赤さは浸食していない様子。
冷たく締められた麺は中細、太モヤシとしっかり絡み合ってるんで、一緒に茹でて一緒に氷水で締められたのだろう。けっこうしっかりめの歯応え。スープはね、まあね、辛いね。特製ラー油かな、香り高い気がしなくもないがまあ辛い。そして花椒もしっかり利いていてシビレもかなり感じられる。煎りゴマも載ってるから担々麺っぽさすらある。具は他に蒸し鶏とネギ、蒸し鶏はかなりたっぷりめに載ってるのが嬉しい。モモ肉かな、フワフワではなくしっかりとした歯応えだが硬いってほどではない。水飲みつつどうにか頑張って麺と具は完食。最後に残ったスープの、ラー油を除いて味わうと……ああ、辛さで完全にはわからんけどコク深い鶏ガラの美味さを感じる。
辛いのそんなに得意じゃない俺の、限界値をちょっとだけ上回る辛さでした。辛い冷麺好きな人は是非どうぞ。俺は次こそ「海老ワンタン麺」と言いたいけど、秋にはまた新しい麺メニューが出てきそうな予感。

ぷち麺にゅーす
博多区美野島2-2-1、手羽先食べ放題でテレビで見かけたことがある「Yorimichiダイニング」のランチメニューに「鶏つけ麺」を発見。ピリ辛・温製・和風出汁だそうで。単品570円セット650円から替玉110円ってのはお手頃だし狙ってみたいけど、昼飯早めがいい派の俺的にはランチ営業時間12:00~14:00ってのがネックかな。