製麺屋慶史 麺ショップ西月隈@西月隈、あともう一麺 

冷やし醤油らーめん 600円 ☆4.0
福岡市博多区西月隈1-16-15 5:00~16:00 日曜定休
Facebookあり

昨日は昔の友人の家で深酒かまして、今朝は三度寝の末のろのろと起床。なので遠出は出来ないなと考え、思いついたのが西月隈の「慶史」。Facebookで定休日の日曜だけどイレギュラー営業するって書かれてたんで、だったら行列も無く食べられそうだな、と向かう。正午前に到着、店内へ。狙いの「冷やし醤油らーめん」の食券を購入、だが確か10時まで限定の「朝塩らーめん」に売り切れのランプがついてないのがちょっと引っかかる。他の客は全部提供済みだったようで、さほど待たず呼び出し機のブザーが鳴る。
17082000.jpg 17082001.jpg
麺は切り刃6番の極太の平打ち麺、啜る度にシュルッと口に収まりピチピチと跳ねる食感が実に楽しい。だが冷やす過程が問題かな、終盤は短く千切れた麺が割と多めだったのが惜しい。麺量130gと多めなのも嬉しいね。シャーベット状のスープも浮かぶキンキンに冷えたスープは和風ダシベースかな、甘めの醤油ダレが利いていて、上に浮かぶ恐らく煮干しオイルが割とクセがある。食べ進めるとオイルの影響が薄れて、バランスが良くなってくる感じ。具は半熟ウズラ煮玉子3つとナルト、フリートッピングでネギと揚げ玉と柚子タマ酢を用意。ウズラ煮玉子はホントに半熟で、鶏卵より凝縮した美味さがいい感じ。殻剥くの大変だろうな。ナルトはカマボコっぽい固いタイプでちょっとイマイチ。揚げ玉が冷たいスープと意外と合うし(昨日も同じ事書いたな)、柚子酢に漬けたタマネギ粗みじんはそれだけで美味く、麺と食べて美味く、スープと合わせてまた美味い。最後はスープの大半まで完食。
この夏季限定メニューは10時以降提供、9月30日まで提供予定だそうです。残暑の時期にでも是非お試しを。さて退店時、店主さんっぽい方がいかがでしたか~って話しかけてきてくれたんで、美味しかったです~と言いつつ、さっき引っかかった「朝塩らーめん」について聞いてみたら、今日は特別営業だから出してます、売り切れ終売ではなくいつもは10時終売です、とのお返事。しまったなぁ、だったら今日は「朝塩らーめん」にしても良かったかなぁ。そんな事を思いながら店を後にして、だったら連食すればいいじゃんと思いついたのは15分後の話でした(´・ω・`)。

さて二麺目。そういや最近行ってないなと豚骨の某店へ。支店が変な感じになったりして、お家騒動でもあったのかなって感じでちょっと距離が離れてた。オーダーは「久留米屋台ラーメン」530円。
17082002.jpg 17082003.jpg
卵白入りっぽい麺はいい具合の茹で加減。これなら硬麺も柔麺も美味しそう。具の炙りチャーシューはむっちゃ美味い。他の具も普通にいい感じ。カリカリは2種類あるのかな、でもまあどちらもサックリ感はいいし、油っ気の味もいい。となると、物足りなさを感じる原因は豚骨スープか。いや、この味でも凡百の店と比べれば十分いいんだけど、この店がホントに美味かった時代と比べると、やはりスープの力強さが一段二段落ちるかな。そういやメニュー裏の能書きも無くなってるし、店の道向かいの第二駐車場も無くなってるし、オーナーチェンジしちゃったのかもね。うーむ。