中華そばつけ麺 永福@天神南 ~似てる気がする~ 

中華そば 650円 ☆3.5
福岡市中央区渡辺通5-24-38 11:00~15:00&16:30~22:00(日曜11:00~22:00) 火曜定休

今日のお昼、狙いは天神大丸の「カレー展」に出店している「佐藤養助」のグリーンカレーつけうどんだったのだが……11時頃に行ってみると、ああこりゃあかんわ。食券売り場やカレー売り場はそこそこの行列なのだが、イートインスペースが満席でカレー持って席探してる人がうじゃうじゃいる……よく見ると複数席を確保しながらまだカレー食べてない人も多い。こういうパターンだとヒトリモノは圧倒的弱者になってしまう。というわけで早々に諦め、コインパークに戻る……その途中、そういや麺屋が3軒あったな。「郷家」「永福」「まるたん」……よし、今日は「永福」に行ってみよう。わずか5席という極狭の店内には親子連れ3人が先客。端の席に座り「中華そば」をオーダー。
17073000.jpg 17073001.jpg
中太の麺は弱縮れ、モッチリ感が強めな感じ。スープは魚介を中心にケモノ系もしっかり感じられる。魚粉ではなくしっかり出汁取ってる感じ。塩気も油っ気も程よく、万人向けの味じゃないですかね。チャーシューは厚みがあるのが1.5枚、肩ロースっぽく歯応えしっかり。他の具はメンマ、ナルト、海苔、細かく刻んだ白ネギ。どれもちゃんとした味。麺の量も多めで、相対的にスープの量が少なく感じてしまう。最後はスープの大半まで完食。
うん、ちゃんと美味い。特に麺。美味いんだけど、うーむ……トイメンの「郷家」にタイプがかなり近くないかな。うーむ……次はつけ麺かな、でも夏の夜限定「柚子塩ラーメン」も気になるなぁ。

17073002.jpg
なお今日麺ドラに行けなかった理由はこれでした。今宮ヒャッホー!

ラーメンキラメキ@小郡 ~柔麺推進委員会見参~ 

豚骨キラメキラーメン+替玉 590+0円 ☆4.0
小郡市小郡553-7 11:00~15:00&17:30~22:00(土日祝11:00~22:00) 水曜定休

17072900.jpg
今日のお昼は6月オープンの新店「キラメキ」。駐車場は店の前の他にも用意されておりますよ。先日来た時には店の前で待ってた店員さんに、スープ不調で臨時休業と説明されて替玉無料券までいただいた店である。たいていの店は張り紙一枚で済ませるところをわざわざそこまでやる事に感銘し、是非早めに来てみたいと思っていたのだ。ただ、俺が興味ある「鶏醤油キラメキラーメン」は替玉不可。なので今日は「豚骨キラメキラーメン」の食券を購入。店員さんに渡し、麺の硬さは普通でお願いする。
17072901.jpg 17072902.jpg
麺は細麺、自家製麺ではないが、歯切れのいい食感の中に微かにムッチリ感を感じる、俺好みのタイプ。スープは豚骨ベースに鶏ガラ入り、底にわずかに髄も沈むほどに力強い味わいだが、鶏ガラの影響か重さは感じない。塩気や油っ気も程よく、濃厚ながら万人向けって感じかな。久留米ラーメンの食堂系と呼び戻しの両方の長所を持ち合わせた、と言うと大袈裟かもしれんけどそんな印象。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、海苔、ネギ。チャーシューは味付け薄めでホロホロに柔らかい。海苔は歯応えが強めのタイプ。キクラゲはもうちょい量が欲しいかな。麺を食べ終えるちょっと前に無料券使って替玉コール、柔麺でお願いする。
17072903.jpg
はいジャストミート。別皿でタレをちょっと絡めて出された替玉は、モッチリ感が増しつつ決してヘナチョコにはならないタイプの柔麺だった。そしてスープの絡みがさらに良くなる。最後はスープの大半まで完食。
小郡に新星現るって感じで、期待以上に美味かった。接客応対もいい感じだし(新人っぽく拙い子もいたけど)卓上の高菜も結構美味かったし。次は「鶏醤油キラメキラーメン」を是非。

中華そば かなで@東比恵 ~まさに重層な夏の麺~ 

味3変化の冷やしつけそば 730円 ☆4.5
福岡市博多区東比恵2-8-23 11:00~22:00OS 火曜定休
ブログあり

お店のブログ、昨日午後のエントリーで夏季限定メニューの案内。こりゃ面白そう、と午前の業務を早めに切り上げ、店に向かう。その途中、なんとなく頭に予感が走る。なんか誰かが先に店にいそうだ、いや絶対いる、いなくても後から来る。そう思いながら店に入ると……案の定一番奥の席からこの人らが手を振ってきた(笑)。スタンド使いのみならず、麺好きは麺好きにひかれ合うのか……(ゴゴゴゴゴ)。あ、オーダーは迷わず「味3変化の冷やしつけそば」、量は200gの並盛で。さほど待たずに麺登場。
17072700.jpg 17072701.jpg
ちょっと薄暗い席で見づらくてごめんね~。この辺がiPhoneカメラの限界かな。麺は冷たく締められた、全粒粉の平打ち細麺。やや香ばしさも感じる味わいと、ツルツルピチピチの口当たりがすごく俺好み。温かくしてもこの麺は美味しそうかも。対するつけ汁は、冷たい鶏清湯ベース。これがまあ、冷たいのに実に力強い。鶏のうま味が深いのに、清湯らしい切れ味の鋭さも併せ持つ。塩気控えめなのにこの鋭さはすごいな。正直、過去に味わったことない味かもしれん。つけ汁に浮かぶ白いのはエノキのみじん切りのようで、エノキの出汁も加わってるのかな。具はレアチャーシュー1枚、メンマ、ネギ、赤タマネギ。これらはいつも通りの美味さ、特にチャーシューは冷たくても美味いのが素晴らしい。
さて半分ちょっと食べたあたりで味変1つ目、キノコペーストを入れて味わってみると……うわ、さっきまでの美味さそのままに、さらに一層違う美味さが加わった! 二つの美味さが混ざるのではなく、共存してる感じ。そしてこれがまた美味いのだ。さらに食べ進め、残り二割あたりで味変2つ目、バジルソースを入れてみる。オイル状のようでつけ汁の表面に浮かぶソース。味わってみると……あ、これもまた違う層だ。先ほどまでの二層にさらに一層加わる感じだが……キノコペーストの時ほどの衝撃はないな。好みによるとは思うが、まあそれでも面白い味変ではある。そんな感じで麺完食。このメニューはスープ割りがないが、塩気は控えめなのでそのまま半分くらいつけ汁を味わう。あ、白メシ頼んでぶっ込むってのはアリかも。今思いついたよ。
この夏、冷たい麺はいろいろ味わったけど、現状ナンバーワンはコレだと断ずるに些かの躊躇も持たぬ! (今更メルエム風に。)鶏ガラを替えてそれに合わせて麺をリニューアルした「中華そば」とかも食べてみたいけど、夏の間はここに来たら迷わず「冷やしつけそば」だろうなぁ。次は大盛にするか、「残ったつけ汁に白メシ」実行するか、迷いどころだなぁ。

ぷち麺にゅーす
中央区渡辺通5-24-30、東カン福岡第一ビルの恐らく地下に「タンメン笑盛」天神南店、8月6日オープン予定。

支那そば やっちゃんち@百年橋 ~具が大当たり~ 

冷やし支那そば 600円 ☆4.5
福岡市中央区清川3-12-1 7:00~15:00OS(木曜11:00~15:00OS) 水曜定休
ブログあり

17072500.jpg 17072501.jpg
今日のお昼は「やっちゃんち」で「冷やし支那そば」。今年はかけそばに焼き鳥の具をトッピングってスタイルのようで。週替わりの具は豚しゃぶであった。別皿に味変としてレモンとショウガとネギが添えられた。麺は平打ち縮れの細麺、これがまあ冷やされて食感も口当たりも絶妙にいい感じ。麺量の多さも嬉しいところ。スープは凜と冷えた鶏ガラスープ、その味わいは力強く、塩気もちょい強めで、ほんのり残った油っ気も重さは感じない。冷やしラーメンはすっきり仕上げる店が多い中、このパワフルさはレアかも。具はベビーリーフの上に豚しゃぶ、さらにゴマがパラリ。豚しゃぶにはコショウがまぶしてあるようで、小さな欠片でも結構存在感がある味わい。終盤はネギを入れて、レモンを搾る……おお、レモンの爽快感がいい具合にスープのパワフルさをなだめてくれる。ショウガは……ちょっと俺の好みではないかな。まあそんな感じで、スープの大半まで完食。
正直、トッピングが砂ずりとかハツとかレバーだったらどうしようとか考えてたんだけど、豚しゃぶは大当たりだったんじゃないかな。もちろんベースとなる麺もスープも良かったです。今夏中にもう一度、ギャンブル気分で来てみようかな。

ぷち麺にゅーす
・チェーン店「小麦冶」が麺を国産小麦100%に切り替えたそうです。また感謝祭として、ごぼう天、肉、かしわ、カレーの4メニューを290円に値下げ、これは8月末まで。ただ、原材料費や人件費の高騰のため、税込価格表示から税抜価格表示へ変更との事。そういやいつの間にかメニュー増えてるな。梅おろしとか、肉ぶっかけとか、かしわつけ麺とか。
・パルコB1Fの「らーめん二男坊」に限定麺が。冷やし混ぜそばですって。
17072502.jpg

中華うどん一平 & 麺のツボ @久留米 

今日の麺ドラは久留米。数日前、オトモダチのインスタに上がってた「中華うどん一平」の写真がどうも心に焼き付いてしまって、つられてしまった。というわけで一麺目は「一平」。おや、またメニューが増えてるな。「冷し梅中華うどん」とか「おろし中華麺」「サラダ中華麺」などなど。その中から選んだのは「おろし中華麺」。待ってる間、気づいたことがある。結構冷房が強めに利いてる……これなら温かいメニューでも良かったかも……。
17072300.jpg 17072301.jpg
でもまあそれはそれとして、夏に冷たいものは嬉しいよ。麺は細ストレートの中華麺、滑らかな口当たり、程よい歯応えで、割としっかり甘味が感じられる。スープ、というかぶっかけつゆかな。量は多めでダシが利いてて甘辛控えめ、そのまま飲めるくらいの味具合。麺との相性もいいね。具は大根おろし、キュウリ、錦糸卵、鰹節、ネギ、揚げ玉。どれも冷たいつゆと相性がいい。特に辛すぎない大根、サクサクの揚げ玉、店内で削っているであろう鰹節、いずれもありがちな具ではあるが質がいい。ただ、キュウリはもうちょい細切りだと嬉しかったかな。最後は具の欠片まで完食。
麺も具もつゆもそれぞれにレベルが高いんで、合わせたら当然のように美味い。こないだ食べた「冷し中華うどん」も良かったけど、同じ値段ならこっちもアリだ。暑い夏にこの2つのメニューで悩むことが出来る久留米市民の方が羨ましい限りである。

中華うどん一平
おろし中華麺 630円 ☆4.0
久留米市六ツ門町21-1 11:00~19:45 火曜定休


二麺目は以前「恵比須弐式ブヒブヒ」という店名でやっていた店。こないだ噂を聞いて通りすがったら
17072302.jpg
「麺のツボ」としてリニューアルしてました。内装は変わらず店主さんも変わらず。新しいメニューはこちら。
17072303.jpg
俺も最初は「まぜそば」頼むつもりだったんだけど、いざメニューを見たら880円! これは「覚悟」が必要な金額である。というわけで今日は日和って「極濃とんこつラーメン」を頼む。あ、背アブラプラスが無料って書いてある。じゃあ背アブラもお願いしま~す。
17072304.jpg 17072305.jpg
麺箱には博多製麺と書いてあったが、細ストレート麺は老舗豚骨店のような、割とガシガシした感じの食感の硬麺。もうちょっと茹でた方がスープと馴染むと思うが、あえて馴染まないように硬麺なのかも。そう思うくらいに濃厚なスープは純豚骨かな、油も髄も全部溶け込んじゃいましたってくらいにトロリと濃度があり、しかし豚骨臭さは無い。背アブラは大きめの欠片がスープに浮いていて、フワッとして柔らかく、コクがありつつ重さはない。具はチャーシュー2種が1枚ずつ、海苔、ネギ、そしてフライドオニオンが面白い。チャーシューは「トロける柔らかな塩バラ肉」と「しっとりホロホロ甘辛モモ肉」、いずれも大きめ厚めで、バーナーで炙り目がついている。この2枚が入ってこの値段はお得感あるな。食べ比べてみるとそれぞれに一長一短あって面白い。他の麺でもこのチャーシューがつくってのは嬉しいね。最後は麺の欠片まで完食。
筑後地方で恐らく唯一のG系を出しつつも、豚骨もきっちりと美味い。ただ俺的には麺のガシガシ感が、最近ちょっと苦手なんだよな。次はしっかり「覚悟」を決めて「特製TSUBOまぜそば」行ってみようかね。『「覚悟した者」「幸福」であるッ!』とプッチ神父も言ってたしな。

麺のツボ
極濃とんこつラーメン 630円 ☆4.0
久留米市諏訪野町1660-6 11:00~23:00 不定休


ぷち麺にゅーす
・店内でボヤ出して休業中だった「大名ちんちん」赤坂本店は明日24日から営業再開。お祝いに冷やし担々麺食べに行こうかな。
早良区西新1-7-27に「無邪気」西新店が、恐らく9月中旬くらいにオープン予定。はっきりそうは書かれてないけど、恐らく七隈と博多駅前に店舗を構えるラーメン店ではないかと。
小郡市乙隈537-1、以前「とんこラーメン」があった場所に「ラーメンセンター」筑紫野本店が7月29日オープン予定。チラ見なんでおぼろげだけど、開店時間は10:30で日曜営業だったはず。