そば処 一耕@太宰府 ~夏に新蕎麦を楽しめる喜び~ 

釜揚げそば 950円 ☆4.0
太宰府市観世音寺1-7-6 11:00~15:00(土日のみ予約にて夜営業) 月曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

一耕のFacebookページに今朝こんな投稿が。
平成29年度産春新あり〼。
(春新とは春(主に5月~6月)に収穫された新そばです。)
鹿児島県鹿屋市吾平町産、「春のいぶき」という品種です。
福井県坂井市丸岡町産、「丸岡在来種」と食べ比べはいかがでしょうか。
ただし土日祝限定、数量限定、期間限定とさせていただきます。

マジか。春新蕎麦なんて豊後高田に行かなきゃ食べられないと思ってた。というわけで今日のお昼に早速突撃。ご家族連れとかご夫婦とかで半数以上の席が埋まっていた。一人客は俺だけさルルルルル~。「春のいぶき」と「丸岡在来種」の食べ比べセット1,500円なんてのもあったが、せっかくの新蕎麦なんで釜揚げでいただきたい。店員さんに確認して、「春のいぶき」の「釜揚げそば」をオーダー。先客全てに既に蕎麦は提供済みだったんで、さほど待たず麺登場。
17072200.jpg
釜揚げは足が速いので写真は一枚で失礼する。蕎麦は平打ち気味でいつもより細めな気もするな。まずは蕎麦だけいただくと……うむ、新蕎麦独特の「草の香り」。甘さもあるが香りの方が強めかな、そして釜揚げ独特のモッチリとした食感が無く、むしろ歯切れがいい感じ。これが「春のいぶき」の特徴なのかな。味わいは割と繊細で、甘さも辛さもしっかりしている熱々のつゆに浸け過ぎると蕎麦が死ぬ。程よい浸け方を模索しつつ蕎麦を手繰る。熱々の釜揚げそばだが、麺が切れる弱さは無い。夢中で食べ進め、半分以上食べたあたりで熱が入った卵黄を割り、蕎麦を絡めて食べる。甘さとコクが強くなった卵黄、甘辛いつゆ、それに負けない存在感の新蕎麦。蕎麦の量も十分、最後は麺の欠片さえ残さず完食。最後は濃厚な蕎麦湯でつゆを割って味わう。甘さ辛さの向こう側にダシの風味が陽炎のように現れるのが楽しい。
この酷暑の時期に福岡で新蕎麦を楽しめる喜びよ。蕎麦好きの方は是非是非。3種の冷やかけも新蕎麦で楽しめるかもしれませんぜ。

地鶏らーめん はや川@高宮 ~期待高すぎて~ 

真鯛の塩らーめん 720円 ☆4.0
福岡市南区玉川町11-11 11:00~15:00(そのうち夜営業も開始予定) 水曜定休

11時半頃。お昼時。この辺だと麺好きの間ですこぶる付きで評判が高い「はや川」が近いな。でもどうせ行列してるんだろうな、その時はあの店にしようかな、とか考えながら店の前通りがかったら先客ゼロ(笑)。というわけで店の裏手の40分100円の駐車場に車を入れて店内へ。あちこちのブログやらなんやらで見ているから店のシステムはわかっている。入って右手に券売機、左手にセルフのお冷やだ。券売機を見て悩む振りすらせず、最初から決めていた「真鯛の塩らーめん」の食券を購入。ホントは「トリュフオイル玉子かけごはん」も考えていたのだが券売機から消えていた。後客は3組だったかな、俺が食ってる間には満席には至らず。土日でもなければ正午前なら大丈夫っぽいかな。
17072000.jpg 17072001.jpg
修業先から仕入れているという麺は弱縮れの細麺、気持ち柔らかめの茹で具合。地鶏とたっぷりの真鯛を使ったスープはしっかりと力強いんだけど派手さはなく、油っ気強めで塩気は控えめ。俺は鯛ダシの経験値が低いから、ちょっとわかりづらい味だったかな。とはいえ食べ進めるにつれてしっくりと馴染んできた。具はチャーシューが鶏ムネ肉と豚肩ロース肉1枚ずつ、ほぐしてバーナーで焼き目をつけた鯛の身、ひょろ長メンマ、ネギ、ぶぶあられ、三つ葉。このチャーシューがぶち抜けて美味い。共通しているのは厚み、モッチリ感、ジューシーさ。さらに鶏は鶏の、豚は豚の、しっかりと力強い味がある。鯛の身もスープと馴染んで美味いんだけど、ちょっとガスっぽい香りがしたかな。あと、ぶぶあられも最後まで歯応えが残ってて良かった。結局スープまで完食。
食べはじめはちょっと首をかしげながらだったんだけど、結局スープまで飲み干してしまう美味さでした。次はつけ麺、その次に醤油だな。

元祖久留米ラーメンさかい@笹丘 ~久留米と言ってもいろいろござんす~ 

ラーメン+替玉 600+130円 ☆3.5
福岡市中央区笹丘1-36-25 11:30~

今日のお昼は今月15日オープンの新店「さかい」。店名では元祖久留米ラーメンと謳っている。カラオケスナックを改装した小さな店はカウンターのみ7席、でも声から察するに店員さん3人いたな。券売機はこんな感じ。
17071800.jpg
シンプルよね。ちなみにネットで見かけた話では広川町の「ラーメンさかい」って店がルーツのようで、ラーメンや替玉、ごはんの価格が一致する。まあ迷うことなく「ラーメン」をチョイス。麺の硬さは普通で。
17071801.jpg
卓上にははりはり漬けと紅ショウガとおろしにんにく、ゴマとコショウも。辛子高菜はなかった。はりはり漬けポリポリ食べつつ待つ。
17071802.jpg 17071803.jpg
麺は中太麺、気持ち硬めくらいの茹で加減。スープは純豚骨かな、濃厚だがサラッとしていて、髄感は無く油っ気も溶け込んでいて、ポッテリとした甘さが強め。でも塩気は利いてるから締まりはある。なんだろうこの甘さ、久留米の中でも呼び戻し系じゃなく、むしろ老舗の……丸幸か大龍が近いかな? でもそれよりも味が強い。具はチャーシュー2枚、大判の海苔、ネギ。チャーシューは大きさは普通だがやや厚め、箸で持ちづらいくらいホロホロに柔らかく味付け強め。海苔は有明かな、かなり口溶けがいい。麺量は多くはないな。今日はハラヘリなので替玉オーダー、硬さ普通で。
17071804.jpg
替玉は別皿で出るタイプ、ネギは載ってたけどタレはかかってなかった。そして予想通り、普通の店の硬麺くらいの硬さ。胡椒をちょいと振りつつ(合う)ズズッと完食。
チャーシュー麺があと80円安いと頼んでみたいと思うんだけどな。ともあれ、地に足が付いた感がある新店、今後にも期待です。

そば季里 史蔵@八女 & 大力うどん@みやま 

今日の麺ドラは筑後。まずは八女の「史蔵」へ。値段と量と味のバランスが高いんで好きな店の一つですよ。開店10分後に入ったが既に満席寸前くらいの客入り。さてオーダーは「冷しかけそば」の予定だったが、数量限定の復興支援「十割そば」ってのがあるな。南阿蘇と豊後高田のブレンドで、売上の一部を復興支援にするらしい。ああ、いいな、それ。ではそれにしよう。
17071600.jpg 17071601.jpg
麺線は十割にしては細く、口当たりも滑らか、歯応えも強め。昔の十割とはイメージがずいぶん変わってきたな。味は夏なんでさほどでもないが、噛みしめれば野趣溢れる蕎麦の荒々しい風味が口の奥に広がる。対するつゆは関東風か、甘さはごく控えめでキレのある味わい。それがまた蕎麦の甘さを引き立てる。浸け過ぎると蕎麦が完敗してしまうタイプだな。そして蕎麦の量も、並の店なら大盛と言われてもおかしくないくらいに多め。完食後は蕎麦湯、かなり濃厚な蕎麦湯でつゆを割ると、先ほどまでの辛さは息を潜め、むしろダシの香りが立ち上がってくる。この変貌ぶりは面白いな。
好きな店に改めて惚れ直す、そんな一杯でした。次はまた改めて、新蕎麦の時期に来てみたいかな。

そば季里 史蔵
十割そば 900円 ☆4.0
八女市本町154 11:30~15:00&17:30~20:00 火曜定休(祝日の場合は翌日)


二麺目は「大力うどん」。筑後のうどんを語る上で必ず名が上がるが、いつも行列してるんで来たことなかったんですよね。今日は一麺目で既に満足しているので、少々待つ事もやぶさかではない。自分が到着した時点で店外の待ちは20人弱、おおよそ10分を待たずして店の入口付近まで歩みを進め、「お一人様いらっしゃいますか」との店員さんの呼び込みで数組を飛ばしてカウンター席に案内される。さてリーズナブルでも知られるこの店、お初なのですめの味を壊さない「月見うどん」か「わかめうどん」を頼もうと思っていたのだが、隣の客が食べてるカレーごぼう天うどんのビジュアルがあまりに魅力的で、思わず「ごぼう天うどん」をオーダーしてしまう。そしてここからもさほど待たず麺登場。
17071602.jpg 17071603.jpg
麺は太麺、厨房を見た感じ釜揚げっぽいな。ふわっと柔らかめなのは表層だけで、芯はかなりハードなモッチリ感。麺線短めで食べやすいが、3本同時には啜れないな。すめは昆布とニボシが中心かな、塩気は控えめだが出汁のパンチが利いているので不足感はない。天ぷらの油っ気にも負けない芯のある味わい。ごぼう天はもちろん揚げ置きだが、極細に切られたごぼうがカラッと揚げてあり、油切れもいいようで、香ばしさとごぼうの土の風味を存分に楽しめる。そして思ったよりうどんの量も多め。まあ丼も大きめだしなぁ。食べ終わる頃には相当の満腹感。
店を出た時も入る前と同じくらいの行列。しかも客層は老若男女。地元に愛される店ってのはこういうモンなんだろうなぁ。次は「カレーうどん」を是非とも。

大力うどん
ごぼう天うどん 290円 ☆4.0
みやま市瀬高町坂田873-1 10:00~21:00 水曜定休(祝日は営業)

中華と炭焼き RON@姪浜 ~リフレインが叫んでる~ 

ゆずっ子・塩冷麺+餃子ハーフ 750+0円 ☆4.0
福岡市西区石丸1-12-25 11:00~15:00(夜は中華と炭焼きの持ち帰り専門店) 火曜定休
Facebookあり

17071500.jpg 17071501.jpg
今日のお昼は「RON」の夏限定麺「ゆずっ子・塩冷麺」、さらにウェブクーポン使って餃子ハーフをつけてもらった。感想は、去年食べた時の記事を見てみると……ほぼ同じなんでそっちを参照にしてください(非道い)。ただ、チャーシューがちょっと薫香っぽいのがあって気になったな。豚しゃぶの方が合うかも。あと餃子は野菜のザックリとした食感、肉のジューシーさ、中華屋らしくもっちりとした厚めの皮、看板商品らしい美味しさでした。次もクーポン使えたらいいな。