こなみ@津屋崎 & Ramen・Cafe・Dining 温@直方 

今日の麺ドラは北の方へ。まずは昨日から営業再開した「こなみ」へ。開店10分前に着くと既に待ちが1組。その後ろに並び、開店したら店内へ。そこにはお腹が普通サイズに戻った店主さんとカゴを抱えた山田さん、そしてカゴの中には
17051400.jpg
お二人のお子様、山田麺太郎(仮)くん。ほっぺをつついたりして若さにあやかる。しばらくすると山田さんに連れられてどっか行ってしまった。店主さんが働いてる間、山田さんが世話するシステムかな。
17051401.jpg
営業再開後、メニューは絞り込んでこんな感じ。この中から「温玉肉そぼろぶっかけ」をオーダー。待ってるとお隣から声を掛けられる。振り返るとそこには飲みトモダチの万太郎さん。酒の場以外でお会いするとは珍しい。というわけで待ってる間、某女性ラジオパーソナリティの方の話とか、最近行った飲食店の話とかで軽く盛り上がる。今度「Bメンズブギ」のステッカー1枚差し上げようっと。
17051402.jpg 17051403.jpg
14分茹でる麺は細めのちょい縮れ、讃岐とも博多とも違うムチプリの歯応えと、縮れ麺独特の口当たりが楽しい。つゆはすっきりちょい辛口、ダシのうまさが活きてて麺の甘さを引き立てる。食べ進めると……ん? 卵の黄身? あ、そっか温玉が中に仕込んであったのか。割れたならまあいいやと全体をグルッと混ぜる。おっ、肉そぼろの甘辛く力強い味わい、揚げたて揚げ玉の油っ気と歯応え、温玉の甘さとコク、さらにネギと海苔の風味も加わって、全体的に濃厚な味わいに。でもつゆがメンバーを上手にまとめ上げ一体化させてくれる。最後は具の欠片すら残さず完食。
うどんの具に肉をチョイスする事はあまりないんだけど、コレは大正解でしたな。今後当面は土日のみ営業でゆったりやるみたい。来られる際にはどうぞ、時間にゆとりを用意してのご来店を。津屋崎の時間はゆっくり流れています。

こなみ
温玉肉そぼろぶっかけ 770円 ☆4.0
福津市津屋崎4-10-13 11:30~麺売り切れまで 土日のみ営業
HPあり(営業のお知らせもこちらで)


さて店を出て北上。二麺目はうどん以外だなとか考えながらドライブしてたら、ふと「温」を思い出す。確かつけ麺やってたはずだ。というわけでお店に向かう。メニュー見ると……あった。普通のつけ麺と辛つけ麺(+50円)。小並大とあるんで並をオーダー……え、ついさっき売り切れたって? オーノーズラ。じゃあさらなる新商品、こちらも数量限定の「汁なし坦々麺」は? ある? じゃあそっちで。
17051404.jpg 17051405.jpg
めっさ痺れた。以上。
……ってインスタならともかくブログでコレはいかんよな。詳しく書くと、まず丼が熱々だった。ちょい角が立った中細麺は温かく、それでいてしっかりした歯応えとしっかりした味。そこに絡む味は赤味噌っぽい甘さを中心に、ゴマっぽさはあまり無く、唐辛子系の辛さも控えめで、花椒の風味がむっちゃ利いてる。ここまで花椒が強いのはちょっと最近では思い出せないほど。殻がちょいちょい入ってるんで、ホールの花椒から挽いてるんだろうな。具のミンチは大粒で歯応えも強く味も濃いめ、でもシビレの方が圧倒的に強い。ネギや小松菜(多分)もシビレを和らげる程では無い。水をガンガン飲みつつ、どうにか具の最後の欠片まで完食。
一点突破型の汁無し担々麺、不用心に頼んだらきっと後悔するぜ。チャレンジャーは是非お試しを。俺的には、次こそ「つけ麺」味わえたらいいなぁ。

Ramen・Cafe・Dining 温
汁なし坦々麺 750円 ☆3.5
直方市上新入2035-15 11:00~15:00(夜は要予約) 木曜定休(不定休あり)


ぷち麺にゅーす
飯塚市柏の森639-6に豚骨ラーメン「一豊」が、最近オープンしたのかな。小郡系の赤ダレが載るラーメンが550円から。12時前~21時、不定休。
イオンモール直方2階フードコートに「中津宝来軒(本店直営)with韓国石焼ビビンバ」が4月25日オープン。イオンモール中心に積極的に展開してるみたいねぇ。