中華そば 櫓屋@福岡三越物産展 ~新手の油そば!~ 

油そば 800円 ☆4.0
福岡三越・春の大北海道展 4月2日まで

雨の降る中、福岡ラーメンショーはどんな感じだろうか。そんなことを思いながら、福岡三越の「春の大北海道展」に来ています。上司の希望でな、天神に来たついでにちょっとな。で、お昼はイートインに出店してる「櫓屋」へ。函館の隣の北斗市の店で、ラインナップは透明な塩、たまり醤油を使って真っ黒な醤油、スタンダードな味噌、他に辛味噌や、酸っぱ辛い「花火」なんてのもあるそうだが、俺が一番気になったのは「油そば」。どうも味噌味ベースらしい。
17033100.jpg 17033101.jpg
届いた瞬間に漂うのはゴマラー油の香り。よくかき混ぜていただきますよ。麺は北海道らしいプリプリ感が強い中細の縮れ麺。麺自体の味も存在感がある。そこに絡むのは「にんにく・しょうがの効いた特製味噌ベースににんにく油をアツアツに熱っしています」というタレ&油。にんにくの臭いは無いが力強さはしっかりあり、味噌の甘さ、油のコクが麺や具にしっかり絡んでくる。こういう味噌の使い方ははじめてかも。麺の上には麺と同量かそれ以上の茹でモヤシと長ネギの細切りが載っているが、それにまでしっかりと味が絡む。具は他に、ホロホロに崩れるチャーシューが1枚分相当と、メンマが数本。ゴマラー油の辛さはそんなに強くは感じられない。最後は具の一欠片も残さず完食。
味噌ベースの油そば、世の中にはまだまだ俺が知らない味があるんだなぁ。惜しむらくは、出店期間がラーメンショーと丸かぶりな事。透明感のある塩ラーメンとかも試してみたかったなぁ。

ぷち麺にゅーす
・例の奴らの例の問題で揺れてる福岡の屋台ですが、新店情報。名は「情熱の千鳥足」というジビエ屋台。4月1日オープン。ラーメンも出すけどカルネとは全く異なる味みたい。場所はLOFTの前ですって。屋台なんて年に1回行くか行かないかだけど、これは行ってみたいなぁ。