クボ長介@うどんパラダイス福岡 ~ラムカレー初体験~ 

ラムカレーうどん 750円 ☆4.0
うどんパラダイス福岡(福岡市役所前ふれあい広場)

去年の秋に開催されず、福岡のラーメンファンを悲しみのズンドコに(違~う)突き落とした「福岡ラーメンショー」。それが今年の春に「福岡麺博2017」と形を改めて開催。前半は「うどんパラダイス福岡」、後半は「福岡ラーメンショー2017」と2部構成。俺は2日目からの参戦。11時半頃に会場に着いてみると、まあ流石に行列も1,2ヶ所しかなく、静かなものである。食券を購入して俺が向かったのは「二○加屋長介×侍.うどん」のブース。だが今日限定で「侍.うどん」ではなく「クボカリー」とのコラボ「クボ長介」として「ラムカレーうどん」を提供中。楽しみやなぁ。ちなみに俺がいる時間帯で一番行列が長かったのがここだった。調理中、「パクチー入れていいですか」「辛さどうしますか」とか聞いてくれるのも嬉しいところ、パクチーはもちろん、辛さはオススメの辛さでお願いしてみた。
17032300.jpg 17032301.jpg
さほど待たずに出てきたが、細めでちょいぐねったうどんはエッジが立っていて、ムッチリ感がしっかり生きている。開催前はうどんの質と待ち時間の問題を心配してたけど、これなら十分満足出来るレベル。すめは和風ダシを張った上にラムカレー、そして追加の辛味油って感じみたい。和風ダシだけ啜れば力強い節系の風味、これはカレー風味が強くなってもしっかり土台になっていた。カレーの辛さはさほどでもなく、複雑に入り交じったスパイスの風味が辛さとは違った刺激を与える。具はラム肉、細切りのパプリカと生姜、パクチーとレモン。ホロホロに崩れるラム肉は、牛とも豚とも鶏とも違ったクセのない肉の味。脂身かスジかもあるが、トロリと溶ける柔らかさ。中盤にレモンを搾ると、パクチーとも相まってエスニック感が増してくる。ジワジワ増す辛さを楽しみつつ、最後はすめまで完食。
カレー好きな方の間でも名店と名高い「クボカリー」の味を、うどんで楽しめたのは実に有難い。難点はまあ、値段の割に量が少なめで満足感がちょっと足りないかな。とはいえ味は大満足。さて、明日以降はどこのうどんを食べようかな?