すごい煮干ラーメン凪@博多阪急物産展 ~すごすぎてヤバい~ 

煮干ラーメン 849円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1(博多阪急8F) 10:00~20:00(最終日~17:00) 21日まで

今日はヨドバシカメラに買い出し、ついでに博多阪急の催事「全国有名駅弁とうまいもの大会」のイートインに出店している「凪」へ。もちろんウソである。ついでなどではない。この日のために、ヨドバシでの買い出しを今日まで延ばしてきたのだ。行列はゴメンと、買い出しは後回しにして会場へ。11時半、まだ行列は無い。ベネ(良し)。メニューを見ると麺は「煮干ラーメン」と「すごい煮干ラーメン」の2つ。差を聞いてみると具の違いだけとの事。じゃあ遠慮なしに「煮干ラーメン」を選ぶ。ちょい待って麺登場。
17031600.jpg 17031601.jpg
わはは、表層に浮かぶ銀鱗の膜よ。麺は中太縮れで麺線短め、しっかりしてるけど硬いってわけではない歯応え、そして強い味のスープに応える麺自体の味。そしてもう一つの麺「いったんも麺」は、以前渋谷で食べた時は広げたら丼を覆い尽くすサイズだったが、今日のは10cm幅くらいかな。ピロピロとした口当たりが楽しく、また意外にもデフォの麺よりも麺自体の味が美味しく感じられた。スープは煮干しベース、下手な煮干しスープで感じるえぐみや苦味は感じられず、純粋に煮干しの美味さがドカンと出ている。醤油の風味も利いてるね。具のチャーシュー1枚は肩ロースかな、レア気味のムッチリ食感で肉汁がジューシー。ネギは「駒切葱」と書いてたけど、検索しても出てこないから造語かな。幅と同じくらいの長さに切る輪切り、これは強い味のスープの中でも存在感がある。赤いのは海の辛銀だれ、煮干しをいろんな素材で炊いたもので、ピリ辛のみならず旨味も感じる味わい、そして煮干しの食感もいい。麺の量もたっぷりめ、最後は麺の欠片も煮干しも残さず完食。
いやぁ流石の美味さと個性でした。ただね、正直ね、美味さがあまりに強すぎて、終盤ちょっと食べ疲れた(笑)。いかんな、年取った証左かもな。でも美味いのは間違いないんで、また食べる機会があれば是非味わいたいね。福岡じゃまずお目にかかれない超個性だしね。