ラーメン屋 游@荒江 ~オーソドックスな所とそうじゃない所と~ 

魚介豚骨つけ麺 800円 ☆4.5
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
HPあり Twitterあり

今日のお昼は「游」。先週末から登場の新メニューをいただきに。こういう日はたいてい誰か知り合いに会うんだよなぁとか思いつつ店の入口を潜ると……そこにはこの方が(笑)。さて新メニューは「魚介豚骨つけ麺」。サイズは小並大があり、ご飯割りも可能。この店にしてはエラいありがちなメニューで来たなと思ったが、店主さん曰く「最近変わったメニューばかり作ってたから、普通のものも作れるとアピールしたかった」「ごくオーソドックスな味ですよ」だそうで。ちなみにこのメニュー、必要な手数が多いんで混んでる時は時間かかると思います。ご注意を。
17031400.jpg 17031401.jpg
麺は中細の弱縮れ、もちろん自家製麺。きっちり締められムッチリモッチリ、麺自体の味もいいし、水切れも抜群。つけ汁は底に髄が沈む程の濃厚豚骨、だがそこに鶏油を浮かせてあるので微妙に家系っぽさも。他にタマネギみじん切りと、海苔に浮かんだ魚粉。鶏油の風味が弱くなった頃に魚粉を溶くのが俺的オススメ。具はレアチャーシュー半分が2枚、白ネギ、半熟玉子半分、そしてメンマではなくタケノコの煮物、ホウレンソウではなく菜の花で春を楽しませてくれる。ちなみに量は並で頼んだが、結構量多め。そして完食後にはスープ割り。
17031402.jpg
和風ダシがこういう形で出てくる。ふと思い立ち、つけ汁の方を割りスープに入れてみる……おお、豚骨の迫力を残しつつ飲みやすい味わい。さらにちょいちょいつけ汁を足して味の変化を楽しみつつ、ズズッと完食。
オーソドックスなド直球魚介豚骨と見せかけといて、手元で微妙に変化するクセ球なつけ麺でした。それにしても、ここの豚骨ってこんなに濃厚だったっけ。なにせはじめて来た時以来食べてないからなぁ。よし、次は新しい限定が出る前に「豚骨ラーメン」行ってみよう。