中華そば 櫓屋@福岡三越物産展 ~新手の油そば!~ 

油そば 800円 ☆4.0
福岡三越・春の大北海道展 4月2日まで

雨の降る中、福岡ラーメンショーはどんな感じだろうか。そんなことを思いながら、福岡三越の「春の大北海道展」に来ています。上司の希望でな、天神に来たついでにちょっとな。で、お昼はイートインに出店してる「櫓屋」へ。函館の隣の北斗市の店で、ラインナップは透明な塩、たまり醤油を使って真っ黒な醤油、スタンダードな味噌、他に辛味噌や、酸っぱ辛い「花火」なんてのもあるそうだが、俺が一番気になったのは「油そば」。どうも味噌味ベースらしい。
17033100.jpg 17033101.jpg
届いた瞬間に漂うのはゴマラー油の香り。よくかき混ぜていただきますよ。麺は北海道らしいプリプリ感が強い中細の縮れ麺。麺自体の味も存在感がある。そこに絡むのは「にんにく・しょうがの効いた特製味噌ベースににんにく油をアツアツに熱っしています」というタレ&油。にんにくの臭いは無いが力強さはしっかりあり、味噌の甘さ、油のコクが麺や具にしっかり絡んでくる。こういう味噌の使い方ははじめてかも。麺の上には麺と同量かそれ以上の茹でモヤシと長ネギの細切りが載っているが、それにまでしっかりと味が絡む。具は他に、ホロホロに崩れるチャーシューが1枚分相当と、メンマが数本。ゴマラー油の辛さはそんなに強くは感じられない。最後は具の一欠片も残さず完食。
味噌ベースの油そば、世の中にはまだまだ俺が知らない味があるんだなぁ。惜しむらくは、出店期間がラーメンショーと丸かぶりな事。透明感のある塩ラーメンとかも試してみたかったなぁ。

ぷち麺にゅーす
・例の奴らの例の問題で揺れてる福岡の屋台ですが、新店情報。名は「情熱の千鳥足」というジビエ屋台。4月1日オープン。ラーメンも出すけどカルネとは全く異なる味みたい。場所はLOFTの前ですって。屋台なんて年に1回行くか行かないかだけど、これは行ってみたいなぁ。

佐野実 一派@福岡ラーメンショー2017 ~口にした瞬間の確信~ 

醤油らぁ麺 750円 ☆4.5
福岡ラーメンショー2017(福岡市役所前ふれあい広場)

今日のお昼も「福岡ラーメンショー2017」。向かうは「出来れば行きたい店」の筆頭「佐野実一派」。故・佐野実氏の店「支那そばや」と「支那そばや」出身で九州に店を構える「唐津らぁ麺むらまさ」「中華そばみのる」の3店連合での出店である。デフォの醤油と数量限定の塩があるが、より佐野イズムを感じられそうな醤油をチョイス。正午前で先客5人後客5人ってトコかな。
17033000.jpg 17033001.jpg
最初に麺をシュルッと啜る。その瞬間、スープまで完食してしまうだろうという確信。「支那そばや」オリジナルの中細ストレート麺は気持ち柔らかめながら芯にムッチリ感を併せ持つ。滑らかな口当たり、スープの絡み、もちろん麺自体の味もいい。スープは中心にいるのは鶏ガラだが、様々な素材が目立たぬように、しかしながら自身の力をしっかり発揮している感じ。そして塩気は控えめなのに芳醇な醤油の香り。これは醤油ラーメンにおける俺の理想の極地の一つかもしれない。そのくらい好みな味。チャーシューは山形の三元豚の肩ロース、大きくはないが厚みがあり、歯応えありつつ噛めばホロリと崩れ、スジや脂身は歯応え強め、そして味付けもちょうどいい。今まで食べたチャーシューの中でも最高峰かも。他の具はメンマ、京都の九条ねぎ、有明の海苔。確信通り、スープまで残さず完食。
とにかくバランスがいい。麺とスープと具のバランス、そしてスープの中の素材のバランス。ラーメンショーの仮設店舗でここまでの味を楽しめるとは。ちょっと感動の一杯でした。俺と味の好みが近いという方、是非是非お試しを~。

麺匠 うえ田@福岡ラーメンショー2017 ~あのアイドルが選んだ味~ 

最高級鰹節香る極上豚骨 ~鴨ロースを添えて~ 750円 ☆4.0
福岡ラーメンショー2017(福岡市役所前ふれあい広場)

「福岡麺博2017」第二部「福岡ラーメンショー2017」は今日開幕、日曜まで。全国から12の店舗が集まる。スケジュール上、俺が行けそうなのは3~5店といったところ。週末の混み具合が読めないんで実際はどうだろうな。というわけで、12店舗を精査して「是非モノで行きたい店」1つと「出来れば行きたい店」6つをピックアップ。今日は是非モノの店「麺匠 うえ田」へ。こちら静岡の店で、手火山式で作った鰹節を使うのが特徴。そう、手火山式といえば、あの農業系にして工業系のアイドルTOKIOが最高のラーメンを作る際に選んだ鰹節である。これは是非食べてみねば。
17032800.jpg 17032801.jpg
麺は中細ストレート、気持ち平打ち気味かな。柔めだが弱くはなく、スープの絡みもいい。スープはクリーミーな、臭みの無い豚骨ベース、そこにソフトにカツオダシがフォローしてる感じ。最初は「へー、こんなモンかな」って印象だったのだが、具の鰹節の味が広がるにつれ、どんどん味わいが深くなっていく。豚骨と鰹節の融合ではなく両立って感じ。これは面白いな、豚骨と鰹節の両方に自信があってこその味だろうな。具はチャーシュー1枚、鴨ロース3枚、煮玉子半分、鰹節、ネギ。チャーシューと煮玉子は普通にハイレベルな感じ。鴨は、悪くは無いが流石に蕎麦屋の鴨ほどではないか。最後はスープの底に沈む鰹節の粉末まで完食。
福岡じゃなかなか味わえない、豚骨と鰹節のマッチアップ、美味かったです。ただ全体的な量がちょいと少なめだったかな。手火山式の鰹節、一度入手して薩摩の鰹節と食べ比べとかしてみたいなぁ。

ぷち麺にゅーす
・インスタグラムでいただいた情報(ありがとうございます~)。中央区薬院3-3-29に「かすうどん昇馬」が4月1日オープン予定。大阪は南河内名物のかすうどんが食べられる店ですよ。営業時間11:00~23:30OS、不定休。

ぷち麺にゅーすだいじぇすと 

さて。明日は「福岡ラーメンショー2017」の開幕です。ブログ書きながら(現在23:48)外の気配を感じるとどうやら風が吹き荒んでいる様子。大丈夫でしょうか。
さて4ヶ月ぶりくらいのだいじぇすと。新着はトップ3件です。4ヶ月も置いとくと、既に行った店とか誰かがレポした店とかの情報も増えてくるよね。すみません、もうちょっと細かく更新したいと思います。それでは、どうぞ。

福岡市中央区大名2-1-38に「札幌らーめん獅子王」福岡大名店が4月下旬オープン予定。月曜定休。全国にちょいちょいあるチェーン店かフランチャイズみたいね。
小倉南区葉山2-2-23に「うどん&お弁当 八ちゃん」が4月オープン予定。場所が場所だけに、どんなうどん屋なんでしょうね。
チャチャタウン小倉に「蕎麦処てりそば」が4月下旬オープン予定。蕎麦の上に肉とかネギとか海苔とかがドーンと載ってるスタイルの店みたい。

・道の駅厳木内のちゃんぽんの名店「結城食堂」が3月20日で閉店とのこと。長らくお疲れ様でした。
・「てーるらーめん てーる10@鳥栖」が移転で閉店。移転先は鳥栖市京町792-22、夜は飲み屋をやってる店を間借りしてる感じかな。もう営業されてましたよ。
西区野方6-730-8の「ほったて小屋」が、平日11:30~15:00は「鶏塩ラーメン ほったて小屋」として営業中。メインメニューは「鶏塩白湯ラーメン」550円と「鶏塩黒マー油ラーメン」600円。以前食べた鶏白湯の五島うどんは美味だっただけに、これは期待できそう。
・城南区荒江の「ラーメン屋游」で明日から新メニュー「魚介豚骨つけ麺」800円発売開始。小盛り750円、大盛り900円も。言うたら何やけど、この店がありがちな魚介豚骨つけ麺を出すとは思えない! 期待大。
・我が麺友、山田祐一郎氏が「その一杯が食べたくて。」連動スマホアプリを本日公開。山田氏がこだわり抜いた麺屋情報を、ジャンル別、あるいは今いる場所をベースにした地図上で調べられます。お値段720円、うどん2杯分かラーメン+煮玉子+替玉分か。「今近くで麺食べたいけどいい店あるかな」とか迷いがちの方には特にオススメですよ~。
博多デイトスB1Fに、JR九州フードサービスが経営するラーメン「一杢」が4月中旬オープン予定。「女性一人で楽しめるラーメン店」だそうで。
中央区笹丘1-36-25に「久留米ラーメンさかい」が4月オープン予定。
柳川市三橋町蒲船津294-1、ゆめモール柳川に「久留米ラーメン清陽軒」柳川店が4月中旬オープン予定。
糟屋郡久山町山田1702-14に「らーめん龍の羽」の2号店が3月某日にオープン。
中央区平尾2-2-20(「まるげん」の一つ北側のビル)に大きな麺の看板が。曰く「1995年 旧福岡ドームでエランサランとして誕生し、ももち・薬院の和人傳、今泉のナーナを経て10年ぶりにあの味が平尾で復活です」。亜細亜麺厨房na-na、ランチメニューはこんな感じ。
17030202.jpg
・地下鉄&JR姪浜駅の下、えきマチ1丁目姪浜の中に「肉ちゃんうどん」姪浜店が3月15日オープン。どうやら小倉肉うどん屋とから揚げ専門店が併設するみたい。営業時間は共に10:00~21:00。
中央区六本松2-13-5-2Fに「呑喰処 六本松のへそ」って店があるんだけど、そこが中華ランチやってるみたい。メニューこちら。麺は担々麺と酸辣湯麺か。
17022302.jpg
博多区東比恵2-13-1に「凪海(なみ)」って居酒屋っぽい店がありまして、11~14時でランチ営業してるんだけど、そのメニューの中に「おでん出汁ラーメン」600円ってのが見えた気が。今度改めて通りすがってみよう。
・久留米市日吉町の「らーめんGAKU」、去年8月に店主さんが交通事故に遭われて休業中なのだが、未だにリハビリ中で寸胴鍋を持ったり湯切りしたりなどの作業が難しい状況との事。で、2月上旬からしばらくの間「GAKUのおべんとう」として、弁当屋営業はじめるそうです。炭焼きのチキンステーキ弁当や豚生姜焼き弁当、から揚げ弁当などが350円から。ご近所の方は是非買い支えていただきたいところ。
糸島市前原中央2-5-16の「ダイニングキッチンamigo」、ランチメニューのamigoプレート、唐揚げ定食などの下に「肉ダレうどん」700円なんてのが。ちょっと気になるなぁ。
博多区博多駅南2-3-2、以前は「肉ちゃんうどん」博多駅南2号店だったのがいつの間にかうどん居酒屋「博多わいわい亭」になってるのだが、そこのうどんはスープに牛骨スープ、肉に和牛を使ってるらしい。小倉肉うどん系で牛骨スープは他に聞いた記憶がない気がする。
・博多駅筑紫口側、デイトス2階の「博多めん街道」で一部リニューアル。焼きそばの店「優乃華」が閉店、跡には博多発祥皿うどん・ちゃんぽん「ぴかまつ一番」が4月上旬オープン予定。蕎麦の店「弥五郎」が閉店、跡には同フロアの「博多川端どさんこ」が4月上旬移転オープン予定。エスカレーター前の「博多川端どさんこ」は移転準備で閉店中、跡は「支那そば月や」が再び登場。
・博多区豊2-4-36の「ゴウジャン」に、平日限定メニュー「豚骨ラーメン」490円が登場。「郷家」出身の店の豚骨とは。
博多区住吉3-5-8に「SADAKANE 和酒屋」って新店が。和食屋っぽいけど「博多辛そば」ってのを出してるみたい。
・広川町の「お蕎麦 なな草」が移転。移転先はみやま市瀬高町、予約制になった模様
西区宮浦1973-4に「あいちゃんうどん」といううどん屋が。ピンクの建物なのでよく目立つよ。
西区西浦285にある集合店舗施設「PALM BEACH THE GARDENS」内に、「肉うどん 波平」って店があるみたい。同じ敷地に、イカ料理の店「波平」があるから、そこの経営かな。営業時間が確か、10時から日没まで。乙だね。

ワキちゃんラーメン@今泉 & Telas&mico@うどんパラダイス福岡 

今日は「踊るラーメン職人」ワキさんが久しぶりにラーメン作るってんで、会場の今泉「タバーン銀河」へ。
17032600.jpg 17032601.jpg
麺は三河屋製麺からの仕入れ、全粒粉入りの中細麺かな。食感的には柔らかめで、味はしっかりしている。スープは鶏ガラと魚介かな、中盤以降に時々魚介が強烈に香る一口があったんで、なんか仕込まれてたのかも。調味油は白トリュフを中心に5種混合だっけ、一口目二口目はトリュフの香りがやや気になるが(なにせトリュフ経験が非常に浅いもので、美味しいより違和感が強いのだ)、その後は程よい感じに落ち着く。具は薄切りレアチャーシュー、黄身がリキッドな煮玉子、挽肉、ネギ類、ピンクペッパー3粒、あと歯応えの隠し味にレンコンの角切りが仕込んである。この歯応えがいいんだよ。チャーシューはいい部分ばかり使ってるような味の濃さとジューシーさ。挽肉は追い鰹の如く味出しに使ってあるそうで、食感的にはちょっとイマイチかな。そしてピンクペッパーが強めの存在感。最後はスープまで完食。
今回のラーメンは店に出すことも考えて、材料費とかも計算しながらの作成だったそうで。でもある水準以上の味って、舌が鋭い人じゃないと違いがわからなかったりするもんねぇ(つまりこのラーメンはある水準以上であり、俺は舌が鋭くない人である)。さてさて次はどんなラーメン作ってくれるのか。楽しみにしてますよワキさん(プレッシャー)。

ワキちゃんラーメン
白トリュフ薫る塩ラーメン 800円 ☆4.0
不定期開催

その後は「うどんパラダイス福岡」へ。日曜の正午前。正直に言おう、日曜日の今日の会場の賑わいが、だいたい「福岡ラーメンショー」の平日の賑わいと一緒くらい。やっぱ福岡の人間に、うどんに750円は厳しいよなぁ。今日の狙いは「Telas&mico」、ここも美味いのは確かなのに、知名度の低さゆえなのか行列はほぼ出来てなかったな。もったいない。提供メニューは「汁なし担々うどん」。追加トッピングでパクチーが100円、白湯スープが100円。両方頼んだら「150円です」と言われた。割引は嬉しいけど、どっかに書いておけばいいのに。頼む人増えるだろうに。
17032602.jpg
そしてこのパクチー量である。笑いしか出ない。ありがとうございます。混ぜづらいけど、しっかり混ぜるよ。
17032603.jpg
麺は某ヌードルライター氏のご実家「宗像庵」の、中太の茹で麺。角は無く、歯応えもソフトな博多麺ではあるが、強めの味にこの素っ気ないほどの麺が意外と好相性。味は挽肉と唐辛子系の辛さ、ゴマ感はさほど強くない。塩気も程よく利いており、そして何よりパクチー! パクチー! 圧倒的なパクチー力よ! 幸せにワシャワシャと食べ進める。時折口直しに白湯スープ。鶏ガラプラス豚骨かな、塩気控えめでポッテリとした甘さがいい感じ。
17032604.jpg
終盤、白湯スープをうどんに投入。すると底に溜まっていたのか、花椒の風味が一気に立ってくる。唐辛子とも相まって四川風の味わいに。最後はスープまで完食。
パク好きは絶対に食べておくべき一杯でした。残念ながら今日で終わりだけどね。さて明後日からは「福岡ラーメンショー2017」。客入りは果たしていかに。そして「うどんパラダイス福岡」の運営&ご出店の皆様、お疲れ様でした~。

Telas&mico
汁なし担々うどん+パクチー&白湯スープ 750+150円 ☆4.0
うどんパラダイス福岡(福岡市役所前ふれあい広場)
HPあり