麺や 佐渡友@三苫 ~魚介ガツン(主に終盤)~ 

醤油らー麺 魚介ガツン!! 700円 ☆4.0
福岡市東区三苫6-13-38 不定休(主に月曜)

今日のお昼は「佐渡友」へ。正午直前で客入りは半分くらいかな。前回はデフォ食べたんで、今回は「魚介ガツン」をオーダー。待ってる間の様子を見ても、前回「不慣れなところがあり」と書いた接客も、きっちり手慣れて安定してるみたい。こういう仕事って優先順位が理解出来ればだいたい上手く行くんだよな。なんとなくだけど。
17021100.jpg 17021101.jpg
まあ見るからに美しい盛りつけ。自家製の細麺はちょいと角が立ってるかな、加水高めっぽいムチッとした歯応えがなんとも俺好み。麺量もやや多めかな。琥珀色のスープは油っ気多めで、表面にはニボシの鱗っぽい銀色が散っている。こりゃガツンと来そうだなと一口啜れば……あれ、結構大人しい。クセのないバランス型で塩気は控えめ、そこに和風ダシっぽい味が主軸としてしっかり立っている。とはいえガツンって程でもないかなぁ。具のチャーシュー2枚は歯応えありつつホロリと崩れる軟らかさ、サイズは大きくないが満足感はある。他の具に白ネギとカイワレ。さて食べ進めて終盤、だんだん魚介の風味が暴力的ってくらいに強くなってくる。ありゃ、魚介ガツンは底に沈んでいたのか。最後は底からかき混ぜつつ、スープの大半まで完食。
うーむ、徐々に変化する味を楽しませたかったのかな。俺的にはコレは、最初からかき混ぜて食べたかったかも。さあ、次は「醤油らー麺 こってり!」をいただいてみようっと。