博多中華そば まるげん@平尾 ~限定の正体とは~ 

限定しょうゆ+豚めし 580+100円 ☆4.0
福岡市中央区平尾2-2-18 11:30~23:30(日祝~23:00) 月曜定休(祝日は翌日振替)

今日のお昼は駐車場が空いてたから「まるげん」。先客1人だけ、しかし食べ終わる頃には待ちも出るほどの客入り。落ち着いて食べたければ正午頃を外さねばならんな。さて今日のチョイスは「限定しょうゆ」と「豚めし」。だが他の客のオーダーは「平麺つけそば」が圧倒的に多かったな。あと「豚めし」はガンガン出てた。
17020700.jpg
もう飽きたと言われるかもしれんけど、それでもまた書く。この店に来て「豚めし」を食べないのはウソである。豚の油っ気と焦がしネギとコショウの絶妙な相性よ。あれ、上にゴマが載ってる。今まで無かった気がするが。食べ終わってちょっとしたくらいで麺登場。
17020701.jpg 17020702.jpg
麺は細麺と平打ち麺から選べるので、平打ち麺で。平打ちにしては厚みを感じる中太麺は見た目通りのムッチリとした歯応え、そしてわずかに跳ねるような口当たり。透明感のあるスープはケモノ系と和風のダブルスープではあるが、この店の他のメニューに比べて魚介系が控えめでケモノ系が力強い印象。結構油っ気が強いが意外と重くはない。上から振ってる黒コショウとも合うね。具はチャーシュー2枚、肩ロースかな。それなりに厚みも大きさもあるのが嬉しい。他にたっぷりのメンマ、白ネギ、ナルト、海苔は口溶けしないタイプ。最後はスープの大半まで完食。
福岡でも増えつつある醤油ラーメンではあるが、やはり古参の味は力強いね。ただ気になるのは「限定しょうゆ」というメニュー名の「限定」の意味。期間なのか数量なのか、謎だ。まあそれはそれとして、この味を覚えてるうちに「博多中華そば」も食べ比べてみたいし、「郷家」の「支那そば」と食べ比べるのも楽しそう。うーむ、行きたい店が増える一方だ。

ぷち麺にゅーす
中央区今川1-3-17の「天ぷらうどん」、昨日から休業中。営業再開は14日(火)の予定。