らーめん義麺@八女 & 土俵うどん@大木 

今日の麺ドラは筑後方面。まずは八女の某蕎麦屋に向かうが……雛祭り系のイベントやってるようで店の前は通行止め、近隣の駐車場は超満車。ガクー。さてどうしようかと考え、八女のどこかで豚骨食べようかなと、確かこの辺に新しめの店があったなと向かってみたら……あった。というわけで一麺目は「義麺」。ログハウス風の店内にオサレな音楽が流れている。麺メニューは「らーめん」「チャーシューめん」と極めてシンプル、アレンジとして「レモンラーメン」と「野菜ラーメン」がある。うーむ、どうしよう……よし、思い切って「レモンラーメン」行ってみよう。麺の硬さは普通でお願いする。
17021900.jpg 17021901.jpg
麺は細ストレート、ちょいと加水率高めっぽい、ムッチリ感がある歯ごたえ。スープはクセのない豚骨、濃厚さも程よく食べやすい印象。そして一口目から微かにレモンの風味が感じられ、それは一口ごとに強くなっていく。それだけだとやや単調になりそうだが、ブラックペッパーがいい具合に味を引き締める。チャーシュー2枚は周辺部はしっかりとした歯応えで、全体的にはホロリと崩れる柔らかさ。ネギもフレッシュでいい感じ。
うん、面白いんじゃないかな。レモンラーメンとしてちゃんと形になっている感じ。ただ、今度来る機会があれば、その時は普通の「らーめん」食べてみたいかな。

らーめん義麺
レモンラーメン 650円 ☆3.5
八女市馬場54-6 11:30~23:00OS 水曜定休


二麺目は予定通り大木町に移動。今日は「道の駅おおき」にキノコを買いに行くという目的もあったのだ。正午ちょい過ぎ、辿り着いたは「土俵うどん」。今日は待ちもなくすんなり席に通される。おや、新メニューがあるな。15時以降の鍋焼うどん、14時以降のもつ鍋焼きうどん(この時間差は何なんだろう)、そして「牛すじ入りぶっかけうどん」620円。この店にしては高額、面白そう。だが今日は予定通り「牛カレーうどん」をオーダー。さほど待たずに麺登場。
17021902.jpg 17021903.jpg
うわ、予想外のフルあんかけ。麺はいつも通りの極太、表面ふわっとしつつ芯にはムッチリ感が力強い。麺に絡みつくのは、最後の最後まで粘度を失わない超あんかけのすめ。和風ダシにカレー粉かルーを溶いたタイプかな、スパイスは利いてるけど辛さはごく柔らか。具は上に載ってるの以外は全く入っていない。なるほど、この極太の麺に対抗するには、この強すぎる程の粘度が必要なんだな。上に載ってるのは肉うどんの具かな、牛肉とタマネギ。これらがかなり甘めで、ある意味いい箸休めになる。麺を食べ終わる頃にはすめも大半がなくなっているが、残ったすめまできっちり完食。
麺が個性的な「土俵うどん」ではあるが、カレーうどんも極めて個性的でした。次は夏頃に「牛すじ入りぶっかけうどん」かな。

土俵うどん
牛カレーうどん 480円 ☆4.0
三潴郡大木町奥牟田604-6 10:30~21:00 木曜定休(祝日は営業)

そば処 一耕@太宰府 ~海苔とワサビの関係性~ 

華のりそば 1,150円 ☆4.0
太宰府市観世音寺1-7-6 11:00~15:00(土日のみ予約にて夜営業) 月曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

今日の遅めのお昼は「一耕」へ。太宰府天満宮の梅見の後の客が多いのか、駐車場がギリギリ1台分しか空いてなかった。オーダーは、土日限定の「鴨せいろ」1,850円にもむっちゃ惹かれたが、前回他の客が頼んでたその香りが気になって、温蕎麦の中から「華のりそば」をオーダー。客が多かったんで、そこそこ待って麺登場。おおっ、香ってきた~。
17021800.jpg
かけそばに4切の海苔が4枚、そしてフレッシュなワサビ。ネギすら無い、実にシンプルな一杯。麺は丸岡在来種、十割で細打ち。香りはちょい弱いが甘さがしっかり、そして温蕎麦ならではのモッチリとした食感。すめは、力強い和風ダシが力強く香る。節系、昆布、椎茸、他にも使ってるのかな。塩気は控えめだが、ダシが強いんで不足感は全く感じない。3~4割くらい食べてから、海苔を2枚放り込む。
17021801.jpg
有明の海苔はあっというまに溶けていく。溶けた海苔を蕎麦に絡ませつつ手繰る。力強い磯の風味、だが今日はダシの方が強いかな。ともあれ、ダシと海苔と蕎麦の共演を楽しむ。あと2枚の海苔は、サッとすめに潜らせ、形と歯応えが残ってるうちに蕎麦と絡めて食べる。ザックリとした海苔の歯応え、そしてさらに強い磯の風味を楽しむ。終盤、せっかくワサビがあるのだからと、レンゲに海苔入りのすめを取り、ワサビをちょいと溶いて口にする……うわ、これ面白い。辛さは飛んで香りだけが残り、それが海苔とすめと抜群の相性。なるほど、花巻蕎麦にワサビがつく理由がはじめてわかった気がする。そんな感じでワサビをちょいちょいレンゲで溶きつつ(丼に放り込む勇気はまだ無かった)、最後はすめまで完食。
蕎麦好きを自任しながら、花巻の魅力を理解し切れてなかった事に反省。今後はもっと「温蕎麦にワサビ」に積極的になろうと誓う。会計後、店主さんに、昨日のウチのブログ読んだって言葉と、原稿の下書きを持ってこられて、一瞬背中がゾクッとする。見てくれてる人いるんやなぁ。しかもこんな名店の店主さんに。改めて自分の言葉に責任を持たなきゃな、と思いました。

ぷち麺にゅーす
・イオンモール福岡2階フードコートの「とり割烹 博多華味鳥」に春のイチ押しメニュー「華味鳥の鶏塩ソバ」650円+税が登場。ソラリアステージからの逆輸入かな。
17021802.jpg

値段が高い店への俺的スタンスの再確認 

我が麺友、山田ホニャララさんが、つい先日ツイッターでこんな事を書かれていたのです。
samotweet.jpg
山田さんは日本唯一(本人調べ)のヌードルライターとして、麺を食いまくって記事を書いたりしてる一方、ご実家は製麺所であり、奥様はうどん屋を営んでいて、売り手としての目線も持っている(であろう)お方。そんな方のこのツイートを見て、「理解は出来るが全面的に賛成ではない」と感じた俺が、ちょいと思うところを書かせていただきます。なお、これはあくまで「現時点の俺の意見」であって、いつかその目線は変わるかもしれない。一応断っておきます。
続きを読む

中華そば さくら@美野島 ~menu complete!!~ 

豆腐辣麺 650円 ☆4.5
福岡市博多区美野島2-15-16 11:30~14:00(夜は居酒屋営業) 火曜日曜祝日定休(例外あり、詳細ブログにて)
ブログあり

今日のお昼は「さくら」。正午前なんで先客2人、でも後客はどんどんやって来て小さな店内はほぼ満席。地元の人も多いようで、予め電話してきてオーダーを入れておく、なんて人も。さて前回来て全メニュー制覇したつもりが、その日の夜に更新された店のブログで冬季限定メニューが発表されちゃったのだが、今日のオーダーはその「豆腐辣麺」。実はさいたまのご当地ラーメンだそうで。調理過程を見た感じ、具と麺をスープで煮込んで、スープと麺だけ丼に移して、残った具にとろみをつけて上からかけてる感じかな。
17021600.jpg 17021601.jpg
左には先に運ばれてた黒酢とラー油と穴あきレンゲ。麺はちゃんぽん麺、実はあまり好きな麺ではないのだが、調理過程がいいのか、あるいはあんかけとの相性がいいのか、ホワホワした食感が楽しい。量は少なくないはずなのだが、あまりの具沢山に相対的に量を少なく感じた。スープはいつもの鶏ガラベースに、唐辛子系の辛さ、そして超たっぷりの白コショウが利いている。コショウは辛さよりも香りが強く、味覚と嗅覚にガツンと来る強い味わいが魅力的。あんかけの具はモヤシ、ニンジン、キクラゲ、挽肉、チンゲンサイ、絹ごし豆腐、上から白ネギとカイワレ。量が多いのはモヤシと豆腐だな。豆腐は麺とはあまり馴染まないけど、具としては熱々であり、辛めのスープの中で甘い口休めになっている。最後は穴あきレンゲで具をきっちり完食。丼の底に沈んでいる香辛料を考えると、スープまでは無理かな。
いや、面白い、かつ美味い、そして個性的な一杯でした。麻婆豆腐麺はまだちょっと抵抗あるけど、具の一つとしての豆腐の可能性はいいね。かくしてメニューコンプリート、でも以前と印象が変わった麺もあるだろうし、新メニューも出るだろうし、これからもお世話になります。きっと。

ぷち麺にゅーす
博多区上川端町14-26に「麺や ひとしお」が3月上旬オープン予定。塩ラーメンと醤油ラーメンの店ですと。中洲の居酒屋「頂き家」の系列店ですって。

讃岐うどん 志成@大手門 ~やっぱ冬はあんかけ~ 

磯香る! あさりとわかめのあんかけうどん 780円 ☆4.0
福岡市中央区大手門3-3-24 11:30~15:00(土日祝~16:00) 月曜定休(祝日は翌日振替)
HPあり

今日のお昼は久しぶりの「志成」。入店すると「お一人様ですか? カウンター席奥から詰めてどうぞ」と言われてえーってなるけど、まあ人気店だからやむなしか。オーダーは他の人のブログ見て気になってた冬の新作「磯香る! あさりとわかめのあんかけうどん」。メニュー表は税別価格なので気をつけて。先客のオーダーの時に見込み茹でをしていたのか、さほど待たずに麺登場。
17021400.jpg 17021401.jpg
エッジが立った太めの麺は、讃岐らしく密度が高い感じ。でも硬いってほどではなく、ムッチリとしてしっかりとした歯応え。麺線の長さも整っている。すめはしっかりとしたあんかけ、和風ダシがしっかり香る中にほんのりとアサリのダシが利いている。塩気が控えめだが、アサリの風味と柚子皮でしっかりと味に締まりがある。具はあさり4個、ワカメ、手鞠麩3個、柚子皮、別皿に細ネギ。あさりは大きくはないがプックリとしていて、2個は砂を噛んでた。ワカメは島原産、ザックリとした歯応えと磯の風味、そして量が結構多めだったのが嬉しい。手鞠麩は生麩かな、モチッとした食感が楽しい。最後はすめの大半まで完食。最後までとろみが衰えなかったな。
いやぁ、流石の完成度の高さでした。個人的には、あさりはもうちょっと量が欲しかったかな。次はどれを頼もうかな、でも先に一度「和讃」にも行ってみたいかな。
17021402.jpg
会計時にチョコ頂きました。ありがとうございます~。