FC2ブログ

博多Tetsuji@博多駅前、夜も鶏つけそばで一人飲み 

和牛モツつけ麺(白)+ご飯セット 850+100円 ☆4.5
福岡市博多区博多駅前3-7-3

「博多Tetsuji」といえば、寿司居酒屋ながらランチタイムに出したモツつけ麺が人気で、つけ麺部門だけ独立させて平尾に「つけ麺Tetsuji」をオープンさせた店である。が、最近お昼に通りがかったらつけ麺の幟を掲げてランチつけ麺やってるみたい。逆に最近は夜開いてないという話も聞くが。というわけで今日のお昼に行ってみた。メニューは白と赤と極の3つにご飯セット、麺増量のみと絞り込んでいる。というわけで白をオーダー。ちょい待って麺登場。
19041600.jpg 19041601.jpg
麺は全粒粉入りっぽい太麺、弾力感は無くモッチリとした食感で味もしっかりしている。つけ汁は和風ダシをベースにモツを長時間煮込んであるそうで、軽やかながらコクがある味わい。よくある魚粉豚骨系とは全く違う個性ある味わい。具はモツが5つ、脂身大きめでフワッとした食感で、油のしつこさは全くない。他にレアチャーシュー1枚、これは以前は無かったな、いい食感とジューシーさ。あと味付け濃いめの半熟煮玉子、茹でキャベツ、海苔が2枚、ネギ。麺完食後はつけ汁を味わい尽くしたくて「ご飯セット」をオーダー。
19041602.jpg 19041603.jpg
ご飯に刻んで炙ったチャーシューと、蒲焼きっぽい甘めのタレがかかって登場。これだけで食べても美味いが(一口食べた)、つけ汁に入れてしっかり混ぜる。ややぬるくなっていたつけ汁も、熱々のご飯で熱を取り戻す。ああ、やっぱこの食べ方が美味いねぇ。最後は米粒すら残さず完食。
やはりここのつけ麺は俺好みだなぁ。今度「つけ麺Tetsuji」にも行ってみたいな。何か変わってるかも。

夜はつけ麺屋さんで一人飲み。
続きを読む

こなみ & nakamuLab. ~イベント麺日和、汁無し麺日和~ 

今日は知り合いの麺屋さんが2軒、イベント出店してるってんでその2軒を巡る事に。まずは博多、大博通り沿い。人魚伝説のある「龍宮寺」で開かれた「龍宮寺の玉手箱 荒神の市」へ。
19041400.jpg
こちらに出店されてるのは「こなみ」さん。赤間宿まつり以来です。今日のメニューは「台湾風あえ麺」。そういや先日台湾に行っておられましたね(インスタで見た気が)。
19041401.jpg
卓上には左から、辛さの唐辛子、黒酢、自家製ラー油、馬告。馬告は台湾の山椒の類かな、レモングラスっぽい風味があるそうで。最初に右の2つを使って、後から追加したり左の2つ使って味変したり、だそうで。近況とか伺ったりしつつ、麺完成。ラー油はさほど辛くないと踏んで三周くらい回しかけたら「わっ、そんなに」と驚かれた(笑)。
19041402.jpg 19041403.jpg
はい、しっかり混ぜまくりますよ。麺は山田製麺の中細麺、これがムチッとした歯応えもさながら、味も良くて存在感が抜群。すごく良く出来た麺でした。そして味付けは濃厚ではないがしっかりしていて、麺の味を引き立てる。ラー油は辛さもあるけど美味さが立ってるし、馬告は確かに柑橘系の爽快感、あと山椒っぽい微かなシビレ感も。具は挽肉とネギ、この挽肉の中に戻した干し海老のミンチも入ってて、これがまた台湾っぽさを演出する。半分くらい食べたあたりで味変、馬告と黒酢を追加。おおっ、この黒酢がほぼ酸味無いけどコク増しになって、これがまた台湾っぽい感じ。馬告は自分用に買いたいカモ。そんな感じで具も残さず完食。
いやぁ、今まで未体験の個性的な味で、台湾っぽくて美味しかったです。台湾行ったこと無いからイメージだけで言ってるけど。これは「こなみ」再開後も「台湾風まぜうどん」とかで出してもらえたら嬉しいな。

こなみ
台湾風あえ麺 600円 ☆4.5
龍宮寺の玉手箱 荒神の市 今日限り
Instagramあり

二麺目は志免町で開催された「志免祭」、こちらに出店されてるのは「nakamuLab.」さん。
19041404.jpg
イベントながら、店では提供してない3つのメニューをご用意。さっき汁無し麺食べたからここでも汁無し麺かなと「油soba」をオーダー。待ってる間、ちょっとお話ししながら調理工程見てたけど、イベントとは思えんくらいの手の込みよう。丼に6,7種くらいの調味料を合わせて、麺を茹でて入れて、金属製ボウルに入れてバーナーで炙ったチャーシューをはじめ6,7種くらいの具材や薬味を乗せて完成。有り難や。
19041405.jpg 19041406.jpg
はい、こちらもしっかり混ぜまくりますよ。麺は慶史謹製、中細のストレート麺。こちらは歯応えはいいものの、麺自体の存在感は控えめで、あくまで味付け主体ってなスタンスかな。その味付けは、主体は魚粉の和風味かな、油っ気は程々の強さで、糸海苔やゴマも和風味を加速する。具は細切りチャーシューとメンマ、みじん切りタマネギと他にネギもあったかな。チャーシューはレア気味のをバーナーで炙ってて、香ばしさと美味さが立っている。メンマも普通に美味いし、タマネギは歯応えとピリ辛で存在感がある。最後は具の欠片まで完食。
いやぁ、まだ2回しか食べてないけど、この店の引き出しの多さに驚くね。またお店の方にも伺いたいですなぁ。

nakamuLab.
油soba 550円 ☆4.5
志免祭 昨日今日限り

博多元助 大濠公園駅店@大手門 ~並盛で良かった~ 

油そば 650円 ☆4.0
福岡市中央区大手門3-7-6 11:00~23:00 年末年始定休
HPあり

今日のお昼は「元助」大濠店。コメントで油そばがいいって話をいただいたけど、この店、油そばあったっけ……と思って行ってみたら、あった! しかもこの店の麺じゃ一番安価! さらに大盛無料って! 200gか250gから選べるけど、まあいけるだろうと250gでお願いする。5~6分お時間頂きますと店員さん、そしてそんくらい待って麺登場。
19032800.jpg
俺的には温玉は味変に使いたいから別皿提供だと嬉しいな。あと、酢は言ったら出してくれるそうだけど、忙しく走り回ってる店員さん止めるのなんか気が引けるんで、一緒に酢も出してくれたら嬉しいな。ともあれ、混ぜて混ぜて混ぜまくるよ~。
19032801.jpg
麺は慶史謹製の太麺、弾力感とか粘り腰とかの特徴が特にない、普通にいい感じの麺。歯応えしっかりだが硬くはないし、麺自体の味もしっかりしている。そこに絡むのが、鶏油ベースっぽい香味油とタレと温玉。味加減は濃厚ではないな、一番目立つのは温玉の甘さ、そして油のコク。タレは麺自体の味の強さからすると量が少ないかな。というわけで途中から替え玉用のタレを投入、味に締まりを加える。具は鶏チャーシューみじん切り、メンマ、タマネギ、青ネギ。チャーシューはレアもの、パサつきも無く麺にちゃんと絡んでくる。タマネギはちょっと辛さと臭いが立ってるな。メンマはやたら長いのを含んで5,6本、歯応えも味付けもいい感じ。最後は具材の欠片までしっかり浚う。
まあ正直、終盤ちょっと飽きが来た。200gで十分だったかな。ともあれ麺自体の味がいいのが一番。次は提供と同時に「お酢ください」って言おうかな。さて店を出て改めて見てみると、
19032802.jpg 19032803.jpg
あら、高かったつけ麺が100円安くなってるし、ご飯モノも増えたかな。そしてセットモノもいいね、次は「つけ麺セット」にしてみようかな。

芳々亭@博多駅前 ~4つのちゃんぽん、定食多数~ 

元祖博多もつ鍋ちゃんぽん(牛テール塩味) 700円 ☆3.5
福岡市博多区博多駅前3-14-10 11:30~15:00&18:00~23:30 不定休
HPあり

今日のお昼はずいぶん久しぶりの「芳々亭」。ランチメニューはこんな感じ。
19031900.jpg 19031901.jpg
俺の狙いはもちろん「もつ鍋ちゃんぽん」だが、それ以外にも肉系中心に定食が揃ってるし、うどんにカレーに丼もあるのか。ちなみに今日の日替わりはメンチカツ。まあ予定通り「もつ鍋ちゃんぽん」、塩味で。麺の大盛り無料だが普通で。ちょい待って麺登場。
19031902.jpg 19031903.jpg
麺はラー麦使用のちゃんぽん麺、まあ普通にちょい柔のちゃんぽん麺。シュッとした口当たりが最後まで続く。スープはテールスープベース、深いうま味があり、塩気も強めで、さらにもつや野菜からも美味さが出ていて飽きが来ない。具は……ニラ以外は白っぽいなぁ。牛小腸が大きめ4個小さめ1個、キャベツにモヤシにゴボウ、生ニラ、ゴマ。どれも歯応え硬すぎず柔すぎず。ニラはすぐに沈めて熱を通して食べる。量的には、まあ普通のちゃんぽんくらいかな。そして最後は
19031904.jpg
スープ掛けごはんよね。ちなみにごはんお代わり無料なので、スープが尽きるまで楽しめるぞ。俺は一杯で十分だけど。
今はフェア期間だからお値段お安めでライス付きみたいね。春になったらどうなるかな。またラーメンやってくれたらいいのに。

ぷち麺にゅーす
・「博多Tetsuji」博多駅前本店、つけ麺ランチ再開してるみたいね。久しぶりに食べたいな。
19031905.jpg
城南区西片江2-2-12に「ラーメンだるまや」が改装工事中。北九州で二郎系を出してる「ラーメンだるま」の福大前店だそうで。

リンガーハット@木の葉モール橋本 ~春の歌~ 

あさりたっぷり春ちゃんぽん 853円 ☆4.0
福岡市西区橋本2 木の葉モール橋本1Fフードコート 10:00~20:30OS
HPあり

19030100.jpg 19030101.jpg
今日のお昼は木の葉モールの「リンガーハット」で季節限定「あさりたっぷり春ちゃんぽん」。麺はいつもより柔らかめだったかな、ポヨンと優しい歯応え。スープはアゴだしと豚骨をベースに、野菜やアサリの風味も加わって、かなり好みの味わい。ただ塩気がかなり控えめだったな。具のアサリは実に19個、サイズは大きすぎず小さすぎず。蒸し焼きにされてて柔らかくジューシーで、そのうち3個は砂を噛んでた。アオサは磯の風味もさながら、ザックリした歯応えが印象的。他の具はキャベツ、モヤシ、ニンジン、キクラゲ、カマボコ、ミズナ。公式HPにはミツバ使ってるって書かれてたけど何故かミズナに置き換わってるな。最後はスープの大半まで完食(底に砂が沈んでるから全部は飲めない)。ホントにたっぷりのアサリを楽しめる一杯でした。次は塩ダレ足してみようかな。