シンチャオ@六本松 ~行きたかった店の姉妹店~ 

牛フォー 700円 ☆4.0
福岡市中央区六本松2-3-17 11:00~14:00&18:00~23:00

今日のお昼は六本松に先日オープンした「シンチャオ(Xinchao、aの上に横棒)」。ベトナム料理店で、「南十字星@博多駅南」の姉妹店にあたる。わー、あの店一度行ってみたかったんでこれは嬉しい。いかにもスナックを改装したみたいな小さな店はカウンターのみ7席。2階席もあるかもしれん。ランチメニューはこちら。
17062000.jpg
さらに店員さん曰く、定食メニューのスープは+100円でミニフォーに替えられるそうで。さらにさらに、フォーを注文したら
17062001.jpg
オプションメニューから一品付けられるって。うわー、すげーいいじゃん。結構迷って、「牛フォー」に「牛めし」をつけてもらう事に。そう、次来た時は「鶏フォー」に「ベトナム風からあげ」である。女性の店員さん一人でやっているが、料理作りながら「パクチー大丈夫ですか?」と聞いてくる。嬉しいねぇ、この気遣い。
17062002.jpg
さほど待たずに、先に「牛めし」登場。お好みでヌクマムやチリソースをかけて、との事。そんなに大きくない皿だが、牛肉とたっぷり野菜の下にはあったかごはん。ヌクマムちょいかけて食べると……美味い! 柔らかい牛肉は割と甘めの味付けで、ヌクマムとごはんが合わさるとまるで酢飯のようで、そこにたっぷりの野菜(特にパクチー)、まるでベトナム風ちらし寿司。半分くらい食べたあたりで麺登場。
17062003.jpg 17062004.jpg
お好みでヌクマムやチリソース、甘味噌を使って、野菜は麺に入れて、との事。早速野菜を丼に入れてしっかりスープに浸してしんなりさせるよ。麺は平打ちの米麺フォー、モッチリツルツルの食感。普通にいい感じ。スープは鶏ガラかなと思ったが牛骨とかのミックスかも。あっさりだけど物足りなさはない。塩気は控えめだけど胡椒が利いてるんで味に締まりはある。具は恐らく牛めしと同じ牛肉、ネギ、モヤシは生かな。そしてレタス、キャベツ千切り、ニンジン、パクチーの生野菜。惜しみないパクチーがいいねぇ。結局調味料は使わず、ズズッと麺完食。丼の底には結構な量の胡椒と、唐辛子も沈んでいた。
エスニック好きにはたまらん味、そしてシチュエーションもどことなくいい感じ。フォー単品だと高いかなと思ったけどオプションメニューが超魅力的。ランチでもまた来たいけど、飲みでも来たいなぁ。333ビールで揚げ春巻きとか絶対美味しいぜ。

リンガーハット@橋本 ~去年よりレベルアップ~ 

冷やしちゃんぽん白 745円 ☆4.0
福岡市西区橋本2-15-3 10:00~翌2:00
HPあり

17061900.jpg 17061901.jpg
リンガーハットの冷やしちゃんぽん。白と赤があるが、辛いのには興味ないんで白で。麺は全粒粉入りの冷凍ちゃんぽん麺(多分)、モッチリ感が強めで歯応えが楽しい。スープは豚骨ベースかな、コクはあるが割とあっさり気味でゴマラー油の香りがふんわり漂う。具が去年よりパワーアップしていて、レタス、カイワレ、茹でモヤシ、千切りニンジン、ミズナ、プチトマト、オクラは素揚げかな、そして蒸し鶏と半熟煮玉子半分、あとクラゲ。キクラゲじゃなくてクラゲ。特に蒸し鶏のフワッとした食感、煮玉子の味の濃さ、クラゲのコリッと感、そしてモヤシとニンジンにはあんかけっぽい濃いめの味がからめてあって、食感的にも味的にもいいアクセントになる。結局味変のドレッシングは使わず、ズズッと完食。残ったスープで試してみたが、柚子胡椒ドレッシングも合うと思うよ。
例年同じメニューを出し続ける店も多いが、去年よりどこかしらブラッシュアップさせてくるあたり、流石リンガーハットって感じ。こうなると来年も楽しみだが、その前に今年中にまた食べたくなる味かも。あ、書いてませんがレシートクーポンでいただける餃子も食べました。今日のは焼き目が甘かったかな。

つけ麺Tetsuji@平尾 ~麺もつけ汁も具も良いが~ 

博多もつ白湯つけ麺 980円 ☆4.0
福岡市中央区平尾1-9-8 11:30~15:00&18:00~21:00
Instagramあり

今日のお昼は「つけ麺Tetsuji」。博多駅前の魚介系居酒屋がランチタイムに出していたつけ麺が独立して今月オープンした店。独立前のつけ麺は俺的にも大好きな味で、今コレ! '16その他麺部門にも選ばせてもらっている。なお、今月何度か博多駅前の店舗の前を通りすがったが、あちらでのランチ営業はもうやってなさそうな感じ。店に入って右手に製麺所、左手に券売機。メニューは「博多もつ白湯つけ麺」と「もつ担々つけ麺」が二本柱、いずれも980円。それぞれに具が少なめで100円安い(素)があり、あとは麺量やごはん類、トッピングなど。まあここは一番上にある「博多もつ白湯つけ麺」をチョイス。〆ごはんまでついてるしな。
17061700.jpg 17061701.jpg
麺は恐らく自家製麺で全粒粉練り込んだ中太麺。冷たく締められてしっかり歯応えだが、熱いつけ汁に浸すとムッチリとしたセクシーな歯応えを見せる。つけ汁は白湯ではあるが、ケモノ系の重さやクセは感じず、むしろ和風ダシ素材の煮干しや節系の美味さが強い。ていうか器の底に粒子が沈んでるレベル。そんな中にもつが5つだったかな、コクが強く油っ気も強めで具として美味い。そしてもつのコクがつけ汁に加わって、飽きが来ない味になっている。具は他に麺の上にレアチャーシュー1枚、煮玉子半分、海苔2枚、ネギ。チャーシューはそこそこ厚みがあってジューシーだし煮玉子は味濃いめだし海苔は口溶けいいし、具も全てちゃんと美味しい。麺は200g、多いとは言わんが不足とも感じないくらい
17061702.jpg
麺完食後は〆ごはん。つけ汁の量にしてはごはんが少なめな気が。特にダシとかで割ったりせず、調味油と青ネギを足して温め直してごはんを入れた感じかな。つけ汁が重くない味なんで、ごはんを入れてもサラッと味わえる。最後はつけ汁まで完食。
以前と同様、味はいいし具もいい感じだしスタイルもいい感じ。ちょっちゅ言うと、やっぱお値段ちょい高めかなってのと、今日はたまたまかな、10席ちょっとの店内に店員さん3人いて、BGM無しでお喋りもなく客俺一人でずっと静音だったのがちょっと怖かった(笑)。今度は担々を(素)で麺増量でいただいてみようかな。

汁なし担担麺 くにまつ@川端 ~シビレ放題~ 

汁なし担担麺+半ライス 580+50円 ☆4.0
福岡市博多区上川端2-3
Facebookあり

今日のお昼は「くにまつ」へ。広島名物汁なし担担麺の専門店の中でもエースクラスの店が今年5月に福岡に進出したとの事。ざっと広島風汁なし担担麺の歴史を調べたところ、こちらが詳しい感じ。専門店の発祥は2000年頃、ブームになったのが2010年頃のようで、比較的新しい名物ですな。さて手狭な店内は壁向きカウンターが9席、外にテーブル席が2卓。入ってすぐ右手に券売機がある。まあここはデフォっぽい「汁なし担担麺」の食券を購入。店員さんに渡すと、厨房には「2辛です~」と通される。そうかデフォは2辛なのか。
17061500.jpg
細麺なのでさほど待たずに麺登場。壁にあった食べ方案内通り、汁気がしっかり麺にまとわりつくまで混ぜて混ぜて混ぜまくるよ~。
17061501.jpg
さあ食べようか。麺は細めの弱縮れ、釜揚げっぽいがある程度しっかりと歯応えを残した、恐らく低加水の麺。そこに絡む味は、ゴマダレ、元ダレ、ラー油、花椒。ゴマ風味はさほど強くないがしっかりと味のベースになってる感じ。塩気は控えめやね。唐辛子系の辛さと山椒系の辛さは、どちらもガツンと来る程ではないが、食べ進めるにつれてしっかり舌の上に累積されていく。具は挽肉と青ネギ、どちらも存在感は強くはないが、無いと寂しい味になるだろうな。中盤からは卓上調味料をいろいろ試してみる。結果、塩気を足してくれる「タレ」が一番俺には合った。あとは「花椒」はガンガン入れてガンガンシビレましょう。ひゃっはー!
17061502.jpg
麺完食後は少々タレが残っていたので「半ライス」を追加オーダー、しっかり混ぜてしっかり味わう。ここでも「タレ」と「花椒」を追加。ひゃっはー!
ブームの火付け役の店だけあって、手堅くしっかり美味いね。ただ店として難点を挙げるなら、メニューのバリエーションの少なさかな。俺的な感想としては、追い飯も悪くないがここは麺大盛で、温泉玉子は使わず、ビールかハイボールに合わせるのが楽しそう。というわけで今度は呑みに来ますね~(笑)。

ぷち麺にゅーす
博多区祇園町8-13に今年3月オープンしたスマートホステル「THE LIFE HOSTEL&BAR LOUNGE」。そこのランチタイムは12時~15時なんだけど、そこのメニューに「野菜たっぷりヴィーガンラーメンwithトリュフオイル」670円なんてのが。他にナシゴレンやグリーンカレー、期間限定でオクラそうめん薬味三種なんてのも。

ラーメン カナデヤ@塩原 ~夏を先取る~ 

濃厚タマソバ 750円 ☆3.5
福岡市南区塩原4-10-22 11:30~15:00&18:30~23:00 日曜定休
Facebookあり

今日のお昼は「カナデヤ」へ。前回食べた「佐賀ラーメン」が改良されたそうなので、それ狙いだったのだが……
17053000.jpg
夏の新メニュー出てるー! どうやら4日前スタートだったようで。うーむ……どうしよう……よし、新メニュー行ってみるか。
17053001.jpg 17053002.jpg
玉子1個はタレなどと一緒にしっかり釜揚げの麺と絡めてあり、さらに卵黄1個を上に載せたニコタマ仕様。そしてキレイに並んだトッピングたち。せっかくのいい見た目なのだが、早速全体的にかき混ぜていただきますよ。硬めに揚げた細麺は歯応え強め、そこに玉子の甘さとコク、タレの塩気などがしっかり絡んでいる。そして鰹節、糸海苔、揚げ玉、青ネギ、茹でキャベツ、高菜が時に強く、時に微かに味を加えてくる。中でも高菜は辛さ控えめで歯応えもいい感じ。そしてキャベツは玉子以上の甘さ。さらにキャベツには胡麻と「クロトン」の焦がし油もかかっていて、甘さの中に香ばしさも感じられる。最後はレンゲで具材を掬いつつ完食。あえて具材残し気味に食べて、最後にごはんぶち込むのも良さそうかも。しまったな、餃子セットにすれば良かったな。
夏場の食欲無い時でもズズッと行けそうなまぜ麺でした。ただ、汁無しなんでボリューム感がちょっと物足りないのと、やっぱ肉が欲しいよねちょっとでいいから。次こそ「佐賀ラーメン」、覚えてたら柔麺で頼んでみようっと。

ぷち麺にゅーす
大野城市若草3-13-15、何軒かのラーメン屋が出来ては終わった場所に「ラーメン居酒屋 三満」って店が現在改装工事中。
中央区六本松1-5-17に、長崎の老舗ラーメン店「あづまや」福岡店が6月7日オープン予定。
・鳥栖駅前の商業施設「フレスポ鳥栖」のレストラン街に「依ラーメン」って店がいつの間にやらオープンしてました。濃厚豚骨だそうで、デフォのラーメンは確か480円。一度喰ってみるか……。