FC2ブログ

太宰府八ちゃんラーメン@天神 ~八ちゃんがまさかの~ 

冷やし黒ごま汁なし担々麺 500円 ☆4.0
福岡市中央区天神4-6-31 11:00~15:00 日曜定休

たまたま店頭を通った時に、この張り紙を見た時は「見間違いかな多分」と思ったが、どうやらそうではなかったらしい。今日のお昼は「太宰府八ちゃん」天神店。その張り紙とはこちら。
20070702.jpg
ね。目を疑うよね。よりにもよって「八ちゃん」だぜ。とはいえこれは現実。店に入り、口頭で担々麺をオーダー、現金で支払い。ちょい待って麺登場。
20070700.jpg
まずは麺だけ、丼の底の方から数本引き抜く。まさかの平打ち中細麺、歯応えはかなりソフト。口当たりはピチピチしてていい。あと底にタレがちょいと忍ばせてあるみたいね。ここで一気に混ぜて混ぜて混ぜまくる。
20070701.jpg
麺に絡むは黒ゴマダレで和えた挽肉、粒は小さいのからかなり大きいのまで。辛さはピリ辛くらいかな、黒ゴマの香り高さと肉の力強さが、むしろ麺より存在感強いくらい。具の卵黄はコクの一部と同化して、単体の存在感はない。白髪ネギと豆苗は歯応え担当、特に豆苗は生かな、歯応えも風味も強い。最後は麺でかき集めるように、挽肉の欠片まで完食。
ちょっと麺が弱いけど、味的にはいいし、何よりワンコインですぜ。よりにもよって「八ちゃん」で。給料日前に天神で涼しい麺を食べたくなったらご一考下さいませ。

麺庵えいと@久留米 & 豚骨ラーメン蓮@大川 

今日の麺ドラは筑後方面。一麺目は界隈で評判が高い「麺庵えいと」。11時の開店の数分前に来たが既に2組先客が入っていて、その後満席になり待ちも発生。店内は壁向きカウンターが10席かな。券売機を見るに日によって「醤油らぁ麺」「煮干らぁ麺」が出るみたいね、今日は煮干しは無い。そして今日は「醤油つけめん」がある……しかも昆布水タイプらしい……「醤油らぁ麺」食べる気マンマンだったが、俺の指は「醤油つけめん」をチョイス。やや待って麺登場。
20070500.jpg 20070501.jpg
オススメの食べ方通り、まずは冷たい昆布水に入った麺だけ一口。全粒粉入りの細麺、久留米の製麺所に特注の品。昆布の風味と共に、麺自体の甘さと微かな香ばしさがしっかりと感じられる。こりゃいい麺だね。続いてつけ汁に浸して。ああ、なるほど、ストレートな鶏の風味が、濃厚ではないがしっかりと力強く、醤油もしっかり利いてるけど塩気は控えめ、鶏油も強いが重くない。さらに具も、豚(片面炙ってある)と鶏ムネ肉のレアチャーシュー、歯応え強い極太メンマ、節は鶏か鮭か。節は全部つけ汁に放り込んだら、節独特の酸味が最後ちょっと出てしまったんで、昆布水に入れっぱなしがいいかも。麺量は200gかもうちょい少ないか。最後は昆布水をつけ汁に入れて、最後の一滴まで完食。
二言で言えば「上質で力強い」、評判も納得の味。こりゃ近いウチに「醤油らぁ麺」も食べにこなくちゃ。もちろん安全運転で!(店の目の前で、俺が到着する数分前くらいに交通事故があったのですよ)

麺庵えいと
醤油つけめん 850円 ☆4.5
久留米市東合川2-2-31 11:00~15:00&17:00~20:00 不定休
Instagramあり


二麺目は大川市へ。以前からちょいと気になっていた、筑後川沿いに店を構える「豚骨らーめん蓮」。店内は仕切り付き対面カウンター6席、壁向きカウンター3席、小上がり3卓、半分くらい埋まってるかな。メニューを見ると……
20070504.jpg
なるほど、「大砲ラーメン」出身ですね。でも麺を2種使い分けるってのは面白い。というわけでオーダーは「蓮らーめん」を全粒粉麺で、硬さは普通で。ちょい待って麺登場。
20070502.jpg 20070503.jpg
全粒粉麺は細ストレート、歯応えはややソフト。こりゃ硬がオススメかな、柔にするなら細麺の方だな。終盤、ちょいと千切れた麺が沈んでたな。スープは呼び戻し豚骨、コッテリ感は油で出してるようで、スープ自体は濃厚ってほどではなく、髄感もあまり感じない。具は巻いたバラ肉チャーシュー2枚、メンマ、海苔、ネギ、カリカリ。チャーシューは「ちょうどいい」という言葉がバッチリはまるちょうど良さ。そしてたっぷり入ったカリカリは、大砲の支店よりもいいんじゃないかってくらいに、油っ気が抜けて香ばしさが立ってサクサク感が絶妙。最後は具の欠片まで完食。
んー、ちょっともったいないかな。もっと美味く作れそうな感じ。ただ、お値段のお手頃感は絶賛したい。令和のこの時代にこれだけ具だくさんでこのお値段は嬉しいところ。次は「らーめん」を細麺の柔麺かな。

豚骨らーめん蓮
蓮らーめん 550円 ☆3.5
大川市中古賀233 11:30~14:30&17:30~22:00 木曜定休

杏仁荘@博多駅南 ~ハーブ使いの面白さ~ 

ジャスミン冷麺 990円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅南4-17-6 11:30~14:10&18:00~23:00 不定休
Instagramあり

今日のお昼は「杏仁荘」、ここは平日より土日の方が入りやすい。それでも満席近くになるんだけどね。オーダーは店のインスタで見て気になってた「ジャスミン冷麺」、それに無料のデザートセット。お客も多く厨房も大賑わい、やや待って麺登場。
20070400.jpg 20070401.jpg
麺は中細の弱縮れ、冷たく締めた中華麺で、プリッとした歯応えがいい感じ。タレは冷やし中華の醤油ダレ、ただ酸味が尖っておらず穏やかでスッキリ。そこにほんのりとジャスミンの香り。タレに入ってるのか、上から茶葉を振りかけてあるのか、爽快な香りが個性的で面白い。具は厚切り大ぶりの蒸し鶏が3枚、煮玉子半分、キュウリにトマトに茹でモヤシにカイワレ、揚げたワンタンの皮、そしてレモン。中でも蒸し鶏はジューシーで、調理過程でジャスミン使ってるのか、かなり独特な風味。ワンタンの皮は食感のアクセントにいいね。中盤でレモンを搾って果実感ある酸味を加える。最後は具の欠片まで完食。
20070402.jpg
食後はモチモチ杏仁豆腐。ごちそうさまでした~。
麺にジャスミン使うって発想は全く無かったね、面白い。そう考えると、冷麺にハイビスカスやローズヒップとか合わせるのも面白そうかも。自分でも考えてみるかな。

杏仁坊主@住吉、夜は久々にソロ飲み 

黒胡麻担々冷麺 990円 ☆4.0
福岡市博多区住吉2-4-7 11:30~14:00&17:30~23:00 不定休
Instagramあり

今日のお昼は「杏仁坊主」、いくつか冷たい麺出してたはずだと思ってさ。正午直前の店内はカウンター3席以外は埋まってる感じ。メニュー見ると「黒胡麻担々冷麺」があったんでそれオーダー。セットはデザートでお願いする。ちょい待って麺登場。
20061700.jpg 20061701.jpg
しっかり混ぜて2枚目パシャリ。麺はキンと冷えてて(ガラスの器もキンキン)コリッと感がある歯ごたえ。味付けは黒胡麻ベースにラー油と花椒の風味が利いている。特にシビレ強め、ホールスパイス挽いてるのかな。挽肉の味とも相まって、たっぷり野菜と麺をしっかり包み込む。具は味濃いめの挽肉とたっぷり生野菜、あと茹でモヤシが麺の下に。量的には葉野菜多めかな、でもバランスがいい。最後は大きめの挽肉の欠片まで残さず完食。
20061702.jpg
これは何の言葉もなくポンとテーブルに置かれたデザート、ムチムチ杏仁豆腐。まあ忙しかったしそんな事もあるさね。
夏向けにホットでクールな一杯でした。また他の冷たい麺も楽しみやね。

夜は久々の飲み会、ていうか一人飲みでしたが。
続きを読む

博多一双@祇園 ~やはりパワー系まぜそば~ 

豚骨まぜそば 700円 ☆4.5
福岡市博多区祇園町3-2 11:00~24:00 不定休
※現在20:00以降はテイクアウト・宅配のみ
HPあり

緊急事態宣言も終わり、6月からはまた日常が戻ってくる。ただしかなり形を変えて。とはいえ、戻るって事は特別にやっていた「夜専の店の昼営業」や「テイクアウト限定メニュー」などはなくなる可能性も。というわけで、期間限定の可能性があるメニューでまた食べたいモノを考え、チョイスしたのは「博多一双」の豚骨まぜそば。特にコレは明日までは半熟味付玉子がついてくるというオマケ付き。今日はニンニクは無しでオーダー。ちょい待って麺を受け取り、食べやすい場所に移動。
20053000.jpg
はい、別添えの豚骨スープを注ぎ、しっかり混ぜて混ぜて混ぜるよ~。
20053001.jpg
麺は製麺所慶史謹製の平打ち太麺、ややゴリゴリッとしたハードな歯応え。そこにガッツリ豚骨風味が絡んでくる。油っ気強め、塩気強め、豚骨臭さも微かに感じられる、一双らしい味わい。ニンニク無しでもしっかりハードだな、太麺に全く負けてない味具合。具のチャーシューは厚めの角切り、肉質と脂身のバランスも良く、存在感が強い。キクラゲも結構量があって嬉しい。オマケの玉子もいい具合の半熟さ、味付けもしっかりめ、サイズは小さめかな。最後はキクラゲの欠片まで完食。
このメニューが産まれたのも怪我の功名か研究の成果かはわからんけど、テイクアウトやめても店内メニューとして残してほしいねぇ。これだけのパワー系のまぜそば、なかなかないよ。是非ご検討をお願いしたいところです。