シェムリアップ@吉塚 ~銭湯でカンボジア~ 

クイティアウ 880円 ☆4.0
福岡市博多区吉塚1-16-14 11:30~15:00&17:00~23:00 月曜定休(祝日は翌日振替)

その存在に気づいたのは「クイッターズ福岡」の記事だった。吉塚商店街の銭湯を改装して、そこに馬出にあったカンボジア家庭料理の店が入ってるって。もう何から何まですげぇ。というわけで今日行ってみたわけですよ。
18021000.jpg
入口のドアからしてインパクトすごい。中に入ると……多くは言わない、これは是非ご自身で見ていただきたい。銭湯っぽさと飲食店っぽさが面白いくらいに融合した空間になっている。ちなみに先客ゼロ、後客5組くらい。後客は常連が多いっぽい感じだった。さてカウンター席に座るとランチメニュー(今日はレッドカレーor豚肉のナンプラー炒め)が渡される。んー、麺が食べたいんだよね。夜メニュー頼めるか聞いたら、今は他のお客さんもいないし時間がかかって良ければ、との事。有難く夜メニューを見せてもらうと……麺は「クイティアウ(クメール風肉米麺)」「ミー・コンタン(クメール焼き米そば)」「チャー・ミースー(クメール風焼き春雨)」の3つ。迷わず「クイティアウ」をオーダー。10分くらい待ったかな、2組目の後客が来たあたりで麺登場。
18021001.jpg 18021002.jpg
添えられたのはスイートチリソースっぽいのとカンボジアのコショウ、あとテーブルに辛い調味料もあるよ。麺は平打ちの米麺、歯応えは強くはなく、終盤は千切れた麺が多くなってくる。とはいえ量はたっぷりで、素朴な味がいいね。スープは牛骨・豚・鶏・野菜で取ったスープだそうで、まあ何とも優しい味わい。ほんのり辛味はあるけど塩気も控えめで深みがある。具は牛スネ肉(多分)、豚バラ肉(多分)、鶏肉団子。これらは出汁材でもあるのかな、牛肉は歯応えキシキシだったけど豚肉と鶏肉はシットリしてて美味かった。野菜はレタス、ハクサイ、キャベツ、セロリもあったかな。他にダイコン、ニンジン、そしてパクチーも! 底に沈んでたのはナッツとニンニクだったかな。それぞれにそれぞれの存在感があって面白い。具も量たっぷりで、食べ終わる頃には汗ダラダラ。コショウ入れすぎたかな。
18021003.jpg
食後はデザートの揚げバナナいただきました~。カリッとした衣とトロトロ熱々のバナナの対照が面白い。
いやホント、味は癒やし系ながら量はたっぷりで面白い一杯でした。そして店の雰囲気も。メニューに書いてあった値段と請求額が20円違うのも気にならないくらい。ただ、この店が本領発揮するのは夜だろうなって気はします。女性更衣室が今は座敷席になってるみたいだから、「女湯で飲む会」とか面白そうかも。

リンガーハット@木の葉モール橋本 ~葉物高騰のこの折に~ 

白菜ちゃんぽんスモール 648円 ☆4.0
福岡市西区橋本2 木の葉モール橋本1Fフードコート 10:00~20:30OS
HPあり

ちょっと前の話。この日のお昼は木の葉モール橋本のフードコート。あ、うどん屋がツブれてる。どこにしようかと思ったが、リンガーハットが珍しくレジ待ちがなかったので、期間限定の「白菜ちゃんぽん」を味わってみる事に。コレすごいよ、厚生労働省の1日の野菜の目的摂取量350gに対して、スモールでも365g、レギュラーだと415gも摂れるらしい。というわけでオーダーはスモール、もちろんレシートクーポンのぎょうざもお願いする。で、すぐ出てくるかと思ってたけど、俺が来る前に行列が出来てたのかな、結構待たされて呼び出し機がピーピー鳴り出した。
18020800.jpg 18020801.jpg
八角形の器がいいね。麺は冷凍のを、ちゃんとマニュアル通り調理されたもので、プリッとした弾力感がいいね。スープはいつもの豚骨鶏ガラをベースに、北海道産の豆乳や白だしを使っているようで、クリーミーでまろやかな味わい。豆乳臭さも無く、ヘルシーな感じではある。具は、何と言うか……3/4くらいがハクサイかな。残り1/4がいつもの具材って感じ。よくぞまあ、この葉物高騰の折にこんだけ贅沢にハクサイ使ってくれたな。強めの歯応えにそりゃ飽きは来るけど、それ以上に有り難さが来るね。あとトップに飾られた柚子皮がスープやハクサイと相性良く、いいアクセントになってくれる。餃子もちょいちょいつまみつつズズッと完食。
まあとにかく今ハクサイを食べたいならリンガーハットに行けと言っていいくらいの満足度でした。ちょっちゅ言うと、野菜の迫力に対して麺がかなり少なかったんだけど、これはまあレギュラー選べば問題ないでしょう。今冬中にもう一度くらいは食べてみたいかも。

中国料理 東園@春日原、あと昨夜の麺話 

皿うどん 650円 ☆3.5
春日市春日原北町3-80 11:00~15:00&18:00~23:00 火曜定休

今日の遅めのお昼は今年オープンの新店「東園」。時々見かける屋号だけど、なんか縁起がいい言葉だったりするのかね。カウンター、テーブル、お座敷もあるが、まあ25席くらいかな。老夫婦2人で店を回している。どっか大きな店をやめて、自分らだけで回せる小さな店をオープンした、って感じなのかなとか勝手な妄想。メニューこちら。
18012700.jpg
麺の筆頭は皿うどん。そして豚足ラーメンが激しく気になる……なお日替定食は土日はない模様。オーダーは「皿うどん」で。
18012701.jpg 18012702.jpg
麺はちゃんぽん麺、一部軽く焦げがあるな。歯応えは普通に活きがいい感じ。味的には割と油っ気強め、塩気もしっかり、スープの味がしっかり麺に絡んでいる。ついでに言うと全体的なボリュームも多めで、ある意味「男前」な皿うどん。具は豚肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、練り物2種、魚介は干し海老とアサリがたっぷりめ。一番存在感があったのは、縦に細切りされたチクワ。やたら歯応えが強い。完食する頃にはなかなかお腹いっぱい、皿にはスープは全く残らなかった。
中華寄りの博多皿うどん、って感じなのかな。こうなると「タンタンメン」も「豚足ラーメン」も気になってくるなぁ。

ぷち麺にゅーす
・博多うどんに新たな動き。博多一番街の「因幡うどん」が改装で2月いっぱい休業。3月に新たなブランド「ニュー因幡」としてオープン予定。

そして昨夜の麺3連食チャレンジの話。折りたたんでますよ。
続きを読む

リンガーハット@橋本 ~カスタマイズは面白い~ 

myちゃんぽん 658円 ☆3.5
福岡市西区橋本2-15-3 10:00~翌2:00
HPあり

歳末のこの時期は飲食店はどこもここも大行列。そんな中、回転が速いと見て選んだのは「リンガーハット」橋本店。先日改装オープンして、九州初の営業形態になったってんで様子見に。ちゃんぽん・定食・総菜がその柱だが、まず総菜は入口近くに20種類くらい陳列しているのをセルフで取って、お値段はグラム単位。持ち帰りも出来るし、ご飯や味噌汁をセットして店内で食べる事も出来る。もちろんちゃんぽんと一緒に食べてもいいだろう。そしてちゃんぽん・定食は、一旦席に案内された後、レジで注文して先払い。アラームに呼び出されたら取りに行き、食後は返却口に片付けるセルフ形式。メニューを見てみよう。
17122900.jpg 17122901.jpg
これ以外に普通のちゃんぽんメニューもあるのでご安心、ただ味噌ちゃんぽんや太麺皿うどんはmyちゃんぽんのシステムに組み込まれてメニューから消えている。下の追加具材は面白そうだが、油断するとあっという間に4桁になっちまうな。定食は「濱かつ」からのメニューがお手頃価格で置いてるな。あそこの唐揚げは正直トンカツよりも美味いんで(20年前の俺調べ)定食でもいいなぁ。さて俺のオーダーは「myちゃんぽん」から、スープは「しょうゆ」麺は「野菜めん」追加具材は「おんど卵」。あとレシートのアンケートに答えたらもらえる餃子クーポン使って餃子も。満席なんでやや待ってアラームが鳴り響く。
17122902.jpg 17122903.jpg
麺はホウレンソウを練り込んだ太麺、ちょい柔めだがムッチリとした食感で、ほんのりホウレンソウの香りも感じられる。スープは、ベースは豚骨かな鶏ガラかな、それがわからんくらい醤油の風味が強い。塩気も強めで、正直スープだけ飲むとキツめの味。麺や野菜を絡ませて、それでもまだ味が強いかな。具はいつも通りだが、ちょいとモヤシの歯応えが強めなのと、エビが小さめっぽい気がする。温度卵は濃い甘さがいい感じ、終盤の舌が飽き始めた頃にいい味変。餃子はサブメニューとしては相変わらずクオリティが高いね。
今日はすげぇ混んでたから、セルフスタイルとしてのスピード感はまだ何とも言えないが、myちゃんぽんのシステムは面白いね。次は塩スープにバターを合わせてみたいな。さらに追加で海鮮バラエティとか面白そうかも。

ぷち麺にゅーす
早良区西新5-14-43かな、以前たこ焼き屋だった場所に「吉村商店」って店が。聞いた話では今日の昼はまだ工事中で、今日の夜は客が入ってたから今夜オープンなのかプレオープンなのか。看板は中洲の「烏骨鶏ラーメン龍」で見覚えがあるな。関係店かな。
17122904.jpg

製麺屋慶史 麺ショップ西月隈@西月隈 ~思った以上に楽しい一杯~ 

肉油そば 650円 ☆4.5
福岡市博多区西月隈1-16-15 5:00~16:00(日曜9:00~16:00)
※年末年始は31日~3日までお休み
Facebookあり

今日のお昼は「慶史西月隈」。正午頃で駐車場はほぼ満車。隣の「バソキ屋」の客も多いだろうな。さて今日の狙いは「肉油そば」。はじめて来た時はケチって素の油そばにしちゃったからね。今日は肉の存在感が楽しみだよ。さほど待たずに呼び出し機が鳴って麺を取りに行く。
17122600.jpg 17122601.jpg
うーむ、いろいろ変わってるな。最初から麺とタレが絡んでるのと、温玉が別皿になった事。まあこれは、自分のタイミングで温玉を割り入れたい人にはいい変化かな。麺は切り刃6番だっけ、極太の平打ち麺。麺の薄さもかなりのもの。これがまあピロピロと跳ねるような口当たり。かなり好みなタイプです。味は以前より油っ気が強くなったかな、かなりコッテリとした味わい。だが濃すぎず喉が渇くこともない。具は豚肉とタマネギ、肉は結構長めの、バラ肉中心かな、味付けも濃すぎず薄すぎず、脂身も残ってて、麺にも合うし飯にも合いそう。量も結構あって嬉しい。タマネギは歯応えと清涼感がいいアクセントになる。中盤で温玉を割ると、違った方向のコッテリと甘さが加わり、まろやかかつ力強い味わいに変化する。白身の食感もいい。終盤はいろんな薬味で楽しむ。中でも「柚子タマ酢」はタマネギみじん切りを柚子果汁や酢に漬けたものかな、これが味的にも香り的にも食感的にも、終盤の食べ疲れを忘れさせるほどの爽快感。最後はむしろ「柚子タマ酢」メインの味になりつつもズズッと完食。
量的にも味的にも満足の一杯でした。肉も美味かったよ。それでもあえてチョッチュ言うなら、有料(50円)でもいいんで、油そばにはスープをセットしてもらえると嬉しいかな。お椀サイズでいいんで。いやホント、あると嬉しいなってくらいですけど、出来れば。