まりも本店@上呉服町 & ゆうのや@荒戸 

今日のお昼は「まりも本店」。鴨料理専門店がランチタイムには皿うどん専門店となるという謎の店だが、味の評判は高く福岡一と評する人もいるほど。ウナギの寝床のような店内は奥に広いようで、入ってすぐの数卓が禁煙席、奥が喫煙席のようである。厨房を見渡せる禁煙席に座ると店の方に「麺の量どうされますか」と聞かれる。選択肢は1人前、1.5人前、あとは複数人数で来れば「4人で5人前」みたいな注文も出来るが、俺は迷わず1人前で。中華鍋3つをローテーションで使ってどんどん皿うどんを仕上げていく様子は見ていて頼もしくさえある。選べるなら禁煙席がオススメですよ。さて、やや待って麺登場。
17110200.jpg 17110201.jpg
まず驚くのは見た目の地味さ。赤系のエビもニンジンもピンクカマボコも、黒系のキクラゲもシイタケも入ってない。まるで「インスタ映え」へのアンチテーゼのような。ここまで徹底していると信念すら感じる。揚げ焼きした麺はかなり表面に焼き目や膨れがあり、そこにしっかり味が絡み染み込み、歯応えには妙がある。味付けは鶏ガラベースかな、結構油っ気強めで塩気は控えめ。具は定番の豚肉……が入ってない! 肉が無い皿うどんははじめてかもしれん。気を取り直して、アサリ、イカ、小柱、野菜はキャベツとモヤシ、練り物はチクワが2種、以上、かな。特徴的なのはアサリの多さ、キャベツの柔らかさ、チクワの切り方の小ささと味の良さ。そして割と量もある。1.5人前は俺には無理かも。完食する頃にはおなかいっぱい。
評判通り美味かったねぇ。是非皆様にもオススメ、と言いたいところだが、一つ注意。俺が店にいる間、女性客は一人もいませんでした(笑)。女子禁制ではないけど、女性の方は気持ちを強く持って入店してね。

まりも本店
皿うどん 680円 ☆4.0
福岡市博多区上呉服町11-212 11:00~13:15OS(土曜11:30~13:15OS、売切閉店あり、夜は予約制) 日祝・第1・3・5土曜定休
ブログあり


夜は大濠公園で、とある所属コミュニティのイベント「ストレッチラン」。季節野菜のプチ講座、プロボクサーの方の指導でのストレッチ、自分のペースで大濠公園1周ラン、運動後の補食という充実の内容。特に福岡マラソンに向けてストレッチは習っておきたかったので、是非とも参加したかったのです。その後は大濠公園近くの店を考えうどん居酒屋「ゆうのや」へ。移転してからは初だな。
17110202.jpg 17110203.jpg
生ビールと「ナスと豆腐の揚げだし」500円。ビタミンとタンパク質補給である。ちょっとショウガが多いかなとは思うが、秋ナスはやはり美味い。そして「クリームチーズ醤油漬け」は味がしっかりしてる上にブラックペッパーでアクセントもあるし海苔まで付いてるし、これ反則だよ。いつまでもチビチビチビチビ食べられるんやもん。で、結局この2皿でビール1杯ハイボール1.5杯飲んで、〆は
17110204.jpg
ひやかけ。麺がすごい特徴的、基本平打ちなんだけど幅も厚さもムラがありまくり。徹底してムラがあるので、コレはわざとなのだろう。実際、ふんわりからムッチリまで様々な食感が楽しめる。麺線は短め、薄いところが切れてるんだろうな。茹で足りないと感じた厚さの麺は1本しかなかった。すめは冷たすぎずダシの風味も感じられ、みりんっぽい甘さもある。逆に塩気は控えめ。千切れた麺を拾うのに苦戦しつつズズッと完食。
コレ、釜玉も同じ麺使ってるのかな。だとしたら酒のつまみにも面白そうかも。今日は運動後の補食(卵サンド)があったんであまり量が食べられなかったんで、次は多種多様なつまみをもっと堪能してみたいな。

ゆうのや
ひやかけ 450円 ☆3.5
福岡市中央区荒戸2-1-26


ぷち麺にゅーす
中央区高砂2-12-29、「ちゃんぽん かい乃」跡地に「博多屋台ファクトリー」がもう営業中、ランチあり。
博多区上呉服町11-211、「まりも本店」隣の洋食店「UNO」のランチメニューに「トマトmisoラーメン」「トマトcurryラーメン」さらに「自家製生麺博多パスタ」の3つの麺メニューが。いずれもドリンクバーついて800円。ラーメンは+100円でリゾットも。
・豊後高田市、今年の秋新蕎麦は11月11日解禁との事。夏行けなかったんで秋は行きたいなぁ。

中華そば かなで@東比恵 ~キノコパワー~ 

秋をかなでる鶏白湯木の子つけ麺 730円 ☆4.0
福岡市博多区東比恵2-8-23 11:00~22:00OS 火曜定休
ブログあり

今日のお昼は「中華そばかなで」、秋の期間限定麺をいただきに。説明書きによると「しいたけ・ポルチーニ茸・マッシュルーム等、5種類の木の子と濃厚鶏白湯をブレンドしたつけダレに自家製麺がよく合います」との事。ちなみにメニュー名の「鶏白湯」は後から書き足した感が強い。
17102100.jpg 17102101.jpg
麺は自家製麺、細めの平打ち。前回の限定麺は全粒粉だったけど、今回のは普通の粉かな、でも前回の麺よりもしっかりとした歯応えと強めの口当たり、平打ち独特の跳ねるような食感が好みなタイプ。ちょっと麺同士が絡んでて取りづらいかな。でも麺の量は思ってたよりも多め。超熱々のつけ汁は鶏白湯ベースにキノコペーストが浮いてる感じかな。麺を浸すと、割としっかり強めのキノコが絡んでくる。鶏白湯はあくまでベースとして、キノコの複雑な美味さが光る。食べ進めるにつれてキノコ感が薄れてくるかと思いきや、最後の最後、スープ割りまでしっかりとキノコ感が主張してきた。具はレアチャーシュー、メンマ、ネギとシンプル。チャーシューは少々つけ汁で温めて食べるのがいい感じ。麺完食後はスープ割り(汁なし担々麺用の追いスープ)でつけ汁まで完食。なにせ味が強いんで、かなり割りスープを使ってしまった。
キノコ感が強すぎて鶏白湯の存在感が薄かったかな。とはいえ他店にない個性は大好きな感じ。この店のキノコ使いはいいよなぁ。冬の限定麺はキノコ混ぜそばだったりして(笑)。

ぷち麺にゅーす
西区周船寺1-13-10、「生粉蕎麦玄」周船寺店閉店後の跡地には「和カレー(くちへんに加と厘)えんや」が10月10日オープン。カレー丼とカレーうどんの専門店で、いずれも400円を切るお手頃価格。
糸島市志摩井田原85-4に新鮮な糸島野菜と中華料理の店「IARUKAS~イーアルカーズ~」が10月16日オープン。ランチは麺や丼などのセットが揃い、いずれも1000円前後ながら糸島野菜サラダや小鉢、漬物、麺にはご飯、丼にはスープがセットになる。月曜定休(祝日は翌日振替)、ただ10月中は定休返上営業中。

島系本店@志免 ~実はお初でした~ 

まぜそば 750円 ☆4.0
糟屋郡志免町別府2-17-15 11:00~16:00&18:00~21:00 基本無休
HPあり

書類作ったり届けたりと忙しい一日。空港らへんを通った頃に正午。お昼どうしようかなと考え、久しぶりの「島系本店」へ。券売機の前に立つと……へぇ、8月吉日から「つけ麺」はじめたんだって。850円で麺量(茹で前)が200・300・400から選べるそうで。そんなに食えんなぁ俺は。「ラーメン小」か「まぜそば」で迷い、後者をチョイス。食券を渡すと「8分いただきます」と店員さん。まあ急ぎじゃないから待ちますよ。そういやニンニクは聞かれんかったな。
17092500.jpg 17092501.jpg
はい、しっかり混ぜますよ~。釜揚げの麺は自家製麺の太麺、ムッチリしているがゴリッとはしていない、好みなタイプの太麺。タレは醤油ダレに背脂、あと香ばしい焦がしニンニクっぽい味も感じるな。あまり強い味ではないが物足りなさも感じないくらい。具は煮ブタ、野菜、煮玉子半分、揚げ餃子。煮ブタは肉質から脂身まで様々な部位がたっぷり、そしてどれもがホロホロに崩れる軟らかさと結構な味付けの強さで味のアクセントというか中心になっている。野菜は以前は「モヤシと申し訳程度のキャベツ」だったが、今はずいぶんキャベツ比率がアップしてるね。量も大満足。ニラたっぷりの揚げ餃子は美味いんだけど、まぜそばの中で存在意義が見えない。口休めかな。最後はモヤシの欠片まで完食。
味的にもボリューム的にも大満足でした。ところで以前とどう変わったのかなと俺コレHP調べてみたら……あれ、以前食べたのは夏限定の「島そば」だった。まぜそばはお初でした。そうか、道理で揚げ餃子に見覚えがないわけだ。

ぷち麺にゅーす
久留米市新合川2-6-7に「港屋 久留米(仮)」が年内にオープン予定。東京とかで流行ってる、蕎麦の上に肉とか糸海苔とか山盛りにしてラー油入りのピリ辛のつゆで食べる店みたい。
こちらで見た情報の詳細。福津市花見が丘2-16-16に「うどん居酒屋 叶(きょう)」が、10月中旬オープン予定。ランチタイムもやるっぽい感じ?
・開店日情報。早良区西新1-7-27の「無邪気三代目」は9月29日オープン予定。

ミスタードーナツ@木の葉モール橋本 ~ソラノイロをリーズナブルに~ 

きのこ香るまぜそばレギュラーセット 750円 ☆4.0
福岡市西区橋本2 木の葉モール橋本1Fフードコート 10:00~21:00
HPあり

17091705.jpg
先日の麺ドラの途中で立ち寄った、ゆめタウン久留米の「ミスタードーナツ」で見かけたのが秋の新メニュー、ミスド×ソラノイロコラボ第2弾。ただ、一部店舗先行販売のようで、まだミスドHPにも詳細は出ていない。で、今日のお昼に立ち寄った木の葉モール橋本フードコート「タントタベンネ」、当初の狙いはリンガーハットのあんかけちゃんぽんだったのだが、ミスド見に行ったら新メニュー出てた。というわけで今日のお昼はまぜそばである。セットは帆立ダシ五目ミニ炒飯とアイスレモンティで。ピーピー呼び出し機渡されて、しばらく待って麺登場。
17092000.jpg 17092001.jpg
麺は平打ち中太麺、色的にシイタケパウダーでも練り込まれてるのかな……そういえば「ソラノイロ トンコツ&キノコ@新橋」の麺はシイタケとオリーブオイル練り込みだったな。厚みもそれなりにあって歯応えもしっかり。味付けは……キノコのフレーバーオイルを和えてるだけかな? ただ、そのオイルがしっかり美味いんで(トリュフとか使ってそう)、不足感はほぼ感じない。もうちょっと塩気があると嬉しかったかな。具はシメジとエリンギ、あとパセリかな、極めてシンプル。でもキノコも、恐らく冷凍とは思うが、しっかり歯ごたえがあって存在感を示す。相方の炒飯も、味付け強めでパラパラで、チャーシューもエビも卵もしっかり入っていて美味いんだけど、相変わらずネギが不味い。しまったネギ抜きって言うの忘れてた。量的には一般的成人男性だと物足りないかも、でもソフトドリンクついてこの値段なら納得。ホットのコーヒーかカフェオレならお代わりもできるしね。
「ソラノイロ」の味を再現とまでは言わんけど、その実力の片鱗に触れられるメニューではないでしょうか。次は近いウチに、具には期待ゼロだけどスープに期待大の「きのこ味わう白湯麺」、実に楽しみですな。

麺家 一清@荒戸 ~ラーメンじゃなかったけど~ 

冷やし黒ゴマらーめん 650円 ☆3.5
福岡市中央区荒戸1-8-5  11:30~15:00&18:00~23:00 不定休(しばらく火曜は営業予定)
HPあり

今日のお昼は「一清」へ。入口横の張り紙に書かれてた「冷やし黒ゴマらーめん」が気になって、涼しくなって提供終わる前に急いで来てみた。ちょっと遅めの時間で先客1組後客2組。黒を基調とした店内の、カウンター席の一番奥に座り、迷わず目当ての品をオーダー。
17090602.jpg
その後でメニュー眺める。確かココは「山頭火」のような、豚骨白湯をベースにして醤油・味噌・塩を出してるんだっけ。「とろみ醤油」とか「塩レモン」とかも気になるね。
17090600.jpg 17090601.jpg
さほど待たずに麺登場。ありゃ、冷やしラーメンじゃなくて汁無しタイプだった。残念、でもいいやと、ざっくり混ぜていただきます。麺は細縮れ、卵麺かな。プリッとした食感がいい感じなんだけど、終盤短く千切れた麺が結構あって、プラスチックのお箸では食べづらかったのが惜しい。味付けは黒ゴマのタレと、冷やし中華っぽいタレが麺に絡めてあるかな。でもゴマは香ばしいけど軽い味わいで、酸味もほんのりなんで、むしろ麺自体の甘さが際立って感じられる。具はチャーシュー2枚、茹でモヤシ、白髪ネギ、キュウリ、青ネギ、黒ゴマ。チャーシューは軽く温めてあって美味しい。モヤシや白髪ネギは量的にも歯応え的にもナイス脇役。最後は麺の欠片まで完食。
正直、冷やしラーメンを期待してたんで、そこは残念。でも店の実力を感じる一杯でしたよ。次は是非、温かい麺を。デフォの醤油が狙いかな。
(追記:実は6年前にもこの店で似たような経験をしていたことが判明。成長してへんなぁ俺。)

ぷち麺にゅーす
・「因幡うどん」福岡空港店に9月10月限定で「カレーうどん」680円が登場。因幡のうどん出汁に合わせるカレーは金沢のチャンピオンカレーのものだそうで。