麺屋ひとしお@上川端町 ~俺が選んだのはもちろん~ 

塩つけそば 750円 ☆4.0
福岡市博多区上川端町14-26 11:30~14:00 土日定休

今日のお昼は今月オープンの新店「ひとしお」。さほど広くない、真新しい店内には壁向きカウンター7席と6人掛けテーブル。入って左手に券売機。メニューは塩と醤油、汁そばとつけそばで4種が基本。そのうち月替りそばもやるみたい。あとエビピラフやチキン南蛮があるのが面白いね。さてこの4種の麺からどれを選ぶか。迷わず「塩つけそば」である。
17032100.jpg 17032101.jpg
さほど待たずに麺登場。慶史謹製の麺は中細で弱縮れ、ちょいと加水率低めかな、けっこうしっかりとした歯ごたえがある。つけ汁は鶏ガラベースか、複雑な味わいで、そのまま飲むにはちとキツいくらいに塩気が強めなのが俺好み。具は麺の上にレアチャーシュー3枚、小松菜、姫竹、プチトマト半分、海苔、白ネギ、柚子皮、そしてつけ汁の中に粗みじんのタマネギ。チャーシューは普通にいいんだけど、薄切りすぎてレアさが活かされてない気がする。姫竹の歯応えと風味、海苔の口溶けの良さ、柚子皮の香りもいいね。値段がつけ麺にしては高くないだけに、麺の量はさほど多くない。完食後はスープ割りを頼むと、ガラッと味が変わった一杯が出てきた。塩気も控えめ、味は和風に寄ったかな。スパイスもちょっと入ったような。
つけ汁の味と具のバラエティが特に俺好みな感じでした。次は「塩そば」かな。

ラーメン屋 游@荒江 ~オーソドックスな所とそうじゃない所と~ 

魚介豚骨つけ麺 800円 ☆4.5
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
HPあり Twitterあり

今日のお昼は「游」。先週末から登場の新メニューをいただきに。こういう日はたいてい誰か知り合いに会うんだよなぁとか思いつつ店の入口を潜ると……そこにはこの方が(笑)。さて新メニューは「魚介豚骨つけ麺」。サイズは小並大があり、ご飯割りも可能。この店にしてはエラいありがちなメニューで来たなと思ったが、店主さん曰く「最近変わったメニューばかり作ってたから、普通のものも作れるとアピールしたかった」「ごくオーソドックスな味ですよ」だそうで。ちなみにこのメニュー、必要な手数が多いんで混んでる時は時間かかると思います。ご注意を。
17031400.jpg 17031401.jpg
麺は中細の弱縮れ、もちろん自家製麺。きっちり締められムッチリモッチリ、麺自体の味もいいし、水切れも抜群。つけ汁は底に髄が沈む程の濃厚豚骨、だがそこに鶏油を浮かせてあるので微妙に家系っぽさも。他にタマネギみじん切りと、海苔に浮かんだ魚粉。鶏油の風味が弱くなった頃に魚粉を溶くのが俺的オススメ。具はレアチャーシュー半分が2枚、白ネギ、半熟玉子半分、そしてメンマではなくタケノコの煮物、ホウレンソウではなく菜の花で春を楽しませてくれる。ちなみに量は並で頼んだが、結構量多め。そして完食後にはスープ割り。
17031402.jpg
和風ダシがこういう形で出てくる。ふと思い立ち、つけ汁の方を割りスープに入れてみる……おお、豚骨の迫力を残しつつ飲みやすい味わい。さらにちょいちょいつけ汁を足して味の変化を楽しみつつ、ズズッと完食。
オーソドックスなド直球魚介豚骨と見せかけといて、手元で微妙に変化するクセ球なつけ麺でした。それにしても、ここの豚骨ってこんなに濃厚だったっけ。なにせはじめて来た時以来食べてないからなぁ。よし、次は新しい限定が出る前に「豚骨ラーメン」行ってみよう。

柴山うどん@小倉南 & 二代目清美食堂@門司港 

今日はちょっとだけ早起きしたので、麺ドラは北九州。いつも到着が遅くて閉まっている例の店に到着したのは10時20分頃。
17030500.jpg
安定の閉店済みでした。俺、この店のうどん、一生食べられない気がしてきた。まあ代わりは考えてある。ちょちょいと移動した住宅地のど真ん中にある「柴山うどん」。駐車場は店の真ん前にベタ付けかな。ちょうど一台出て行ったのでそこに車を入れる。倉庫改装型みたいな店内は壁向きカウンターが左右に4席ずつと真ん中のテーブルが4人掛け。メニューはこんな感じ。
17030501.jpg
……「小盛の肉大盛うどん」が「大盛肉うどん」より高い理由がよくわからんな。まあ俺のオーダーは「小盛肉うどん」なんだけど。注文してセルフで水を汲んできたら、店の方がキュウリの糠漬けを持って来てくれた。それからしばらく待って麺登場。
17030502.jpg 17030503.jpg
麺はちょい細めのエッジが立った柔麺。ホント柔い。なんでこんなに角が立ってるのってくらいに柔い。すめは真っ黒、醤油の風味は利いてるけど塩気は控えめ。魚介ダシより牛ダシが利いてる感じかな。途中から生姜が溶け出して風味と微かな辛味が増してくる。肉はスネ肉かな、ゼラチン質よりも肉質がかなり多い。味付けもしっかりしてるけど甘さは控えめ、ホロホロと崩れる食感。量は、うどんはそこそこ、肉はたっぷりめ。糠漬けは、残念、俺の好みの味ではなかった。最後は砕けた肉の欠片まできっちり完食。
数ある小倉肉うどんの店の中でも「え? なんでこんなトコに店が?」って感じじゃないですかね。いい店でした、ご馳走様です。

柴山うどん
小盛肉うどん 640円 ☆3.5
北九州市小倉南区上葛原1-4-2 9:00~14:00 水曜定休


さてここから北上、門司港へ向かう。狙いは長期宿題店「二代目清美食堂」。門司港のご当地麺「ちゃんらー」の専門店であり、芸人の芋洗坂係長の実家でご本人が働いてることもあるらしい。オーダーは迷わず「ちゃんら~」。
17030504.jpg 17030505.jpg
店内の案内に曰く「昭和30年代、戦後の貧しい時代に門司港で生まれた庶民の味」「チャンポン程豪華でなく、うどんより少しぜいたく」。あー、まさにそんな感じ。麺はちゃんぽん麺、ラーメンやうどんの生麺を茹でるよりも簡単に提供出来るのがいい。スープは和風ダシベース、塩気は控えめでスッキリとした味わい。そこに、注文後に炒める具の油っ気と塩気、コショウの香りが移って、物足りなさを感じさせない。具は豚肉、モヤシ、キャベツ、ネギ。豚も細切れだろうな、野菜と共にいい歯応え。やっぱモヤシは茹でるより炒める方が美味いよな。最後はスープの大半まで完食。和風ダシは後引くわぁ。
まあ正直、俺の好みとしては、麺を中華麺にしたらさらに好みな味かなと思う。でも、これだけ「コストを抑えつつ満足感を高める」という目的が見えるメニューは見事だと思います。次は是非、夏季限定の「冷やしちゃんら~」を食べに来たいなぁ。

二代目清美食堂
ちゃんら~ 450円 ☆3.5
北九州市門司区東港町2-25 11:00~15:00&17:00~21:00(日祝11:00~19:00) 火曜定休(祝日は翌日振替)
HPあり

中華そば さくら@美野島 ~menu complete!!~ 

豆腐辣麺 650円 ☆4.5
福岡市博多区美野島2-15-16 11:30~14:00(夜は居酒屋営業) 火曜日曜祝日定休(例外あり、詳細ブログにて)
ブログあり

今日のお昼は「さくら」。正午前なんで先客2人、でも後客はどんどんやって来て小さな店内はほぼ満席。地元の人も多いようで、予め電話してきてオーダーを入れておく、なんて人も。さて前回来て全メニュー制覇したつもりが、その日の夜に更新された店のブログで冬季限定メニューが発表されちゃったのだが、今日のオーダーはその「豆腐辣麺」。実はさいたまのご当地ラーメンだそうで。調理過程を見た感じ、具と麺をスープで煮込んで、スープと麺だけ丼に移して、残った具にとろみをつけて上からかけてる感じかな。
17021600.jpg 17021601.jpg
左には先に運ばれてた黒酢とラー油と穴あきレンゲ。麺はちゃんぽん麺、実はあまり好きな麺ではないのだが、調理過程がいいのか、あるいはあんかけとの相性がいいのか、ホワホワした食感が楽しい。量は少なくないはずなのだが、あまりの具沢山に相対的に量を少なく感じた。スープはいつもの鶏ガラベースに、唐辛子系の辛さ、そして超たっぷりの白コショウが利いている。コショウは辛さよりも香りが強く、味覚と嗅覚にガツンと来る強い味わいが魅力的。あんかけの具はモヤシ、ニンジン、キクラゲ、挽肉、チンゲンサイ、絹ごし豆腐、上から白ネギとカイワレ。量が多いのはモヤシと豆腐だな。豆腐は麺とはあまり馴染まないけど、具としては熱々であり、辛めのスープの中で甘い口休めになっている。最後は穴あきレンゲで具をきっちり完食。丼の底に沈んでいる香辛料を考えると、スープまでは無理かな。
いや、面白い、かつ美味い、そして個性的な一杯でした。麻婆豆腐麺はまだちょっと抵抗あるけど、具の一つとしての豆腐の可能性はいいね。かくしてメニューコンプリート、でも以前と印象が変わった麺もあるだろうし、新メニューも出るだろうし、これからもお世話になります。きっと。

ぷち麺にゅーす
博多区上川端町14-26に「麺や ひとしお」が3月上旬オープン予定。塩ラーメンと醤油ラーメンの店ですと。中洲の居酒屋「頂き家」の系列店ですって。

めん屋 満月@長住 ~新メニュー来たる~ 

太麺皿うどん 700円 ☆4.0
福岡市南区長住5-16-11 11:30~15:00&17:30~22:30(日祝~21:30) 月曜定休

どっかのブログでメニュー表見たら知らないメニューがいくつか増えてた。というわけで今日のお昼は「満月」へ。先客は1人だけだったが、正午過ぎたらドドッと増えたな。今日時点のメニューはこちら。
17020900.jpg
増えたのは「背油塩ラーメン」「白ゴマ坦々つけ麺」「太麺皿うどん」かな。この中では……やはり「太麺皿うどん」であろう。
17020901.jpg 17020902.jpg
わーい、スープついてきた-! 麺は中太の角がない生麺、特に焼き目とかはついてないけど、ムッチリプリッとした食感がすごく好み。あんかけが強めなんで味もしっかり絡んでくるし。あんかけは鶏ガラベースに元ダレとオイスターソースで味を調えてゴマ油で仕上げてるって感じかな。濃すぎず薄すぎず、麺を引き立てつつ麺に負けず、具だけ食べてもなお美味い。絶妙なバランスやなぁ。具は豚肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン、キクラゲ、ニラ、ネギ。火の通り具合も丁度いい感じ。そういや魚介も練り物も入ってなかったな、ってのはブログ書いてる今気付いた。そのくらい、食べてる時には物足りなさは無かった。スープは塩気薄めであっさりしてて口直しにいい感じ。
いやぁ、ホントに絶妙な味だった。ただ、あえて書くけど、麺に焼き目をつける一手間があれば最高だったと思うんだよなぁ。次は「背油塩ラーメン」狙いかな。