FC2ブログ

鶏白湯中華そば 鶏革命@八幡西、あとお盆に食べた麺たち 

冷やし鶏そば~すっきり夏柚子鶏白湯~ 690円 ☆4.0
北九州市八幡西区竹末2-4-1 11:00~15:30&17:30~23:00 無休

今日の麺ドラは北九州方面。向かったのは「鶏革命(トリレボ)」。先客1組後客1組、日曜の昼にしてはちょい寂しいかな。狙いは小倉経済新聞で見て気になってた「冷やし鶏そば」。
18081900.jpg 18081901.jpg
わぁお、見た目が以前食べた「さっぱり淡麗鶏そば」とほぼ同じだ、柚子皮が増えてるくらいか。麺は細ストレート、きっちり冷たく締められていて、それでいて過剰ではないプリッと感がいいね。スープは「冷たいかぬるいかと言えば冷たいかな」ってくらいの温度、味はストレートな鶏清湯。冷やしにしたら酸味とか香味とか加える店が多い中、このド直球は面白いね。冷たくてもちゃんと鶏の芳醇な風味が感じられる。ただ俺的にはもうちょい塩気が強くていいかな。具も柔らかくジューシーな鶏ムネチャーシュー2枚に濃い味のつくね1つ、ミツバに青ネギにタマネギ、そして冷凍してたのかな、やたら冷たい柚子皮がスープと相性がいい。最後はスープの大半まで完食。
今年は冷やしラーメンの当たり年だが、この一杯も当たりの列に並べたいね、しかも「さっぱり淡麗鶏そば」と同じ値段ってのも嬉しい。デフォも美味い、限定も美味い、この店は今後も注目していきたい所存。

あとはお盆に食べた麺たちをちょいちょい書いてます。
続きを読む

Ramen・Cafe・Dining 温@直方 ~偶然がいくつも重なり合って~ 

冷しラーメン 750円 ☆4.0
直方市上新入2035-15 11:00~15:00(夜は要予約) 木曜定休
Facebookあり

18081202.jpg
大渋滞と入道雲。
今日の麺ドラは北九州方面。事故渋滞に捕まったりして予定変更、手前のICで降りて違う店を考える。するとこんなツイートを発見。おおっ、「温」で今日から冷やしラーメンスタートですか、じゃあそれ目指して山道の中を駆け抜ける。11時半頃無事到着、先客1組後客4組かな。オーダーは迷わず「冷しラーメン」。待ってたら後客の一人から声を掛けられる……おや、あおさんじゃないですかい、お久しぶり。案の定、冷やしラーメン狙いでしたよ。
18081200.jpg 18081201.jpg
麺は全粒粉入りの細麺、割としっかり茹でてから締めてるようで、変な硬さも無く滑らかな口当たり。スープは「鯖節メインの魚介出汁に、鶏と香味野菜のスープを合わせ」てあるそうで。確かに和風ダシをメインに、鶏ガラがコクで味を下支えしてるイメージ。微かに浮いてる油が、気になる人もいるかもしれない。具はチャーシュー2枚、メンマ、刻みタマネギ、ミツバと何かのスプラウト(ブロッコリーかな)、そして普通の氷と柚子氷。チャーシューは薄切りが丁寧に畳まれていて、油っ気も重くなく柔らかい。タマネギはかなり不揃いな粗みじん、細長いのが食感的に面白い。ミツバは和風スープには合うね。そして柚子氷、基本的にダシの味で、そのまま食べてもほんのり柚子の香りがするくらい。これが具としてもいいし、じんわり溶けてスープの味を変えていくのもいい。最後はスープの大半まで完食。
流石はいろんな創作ラーメン作ってきただけあって、冷やしラーメンも個性的な味わいでした。器も涼やかだし、割と量もあったし。次はまた、普通のラーメン食べに来てみようかな。

なお昨日の飲み会で割と胃が疲れていて、今日は一麺で終了と相成りました。

ラーメン屋 游@荒江 ~やっぱり油は強いのね~ 

淡麗(白)冷やし麺 700円 ☆4.0
福岡市城南区荒江1-23-27 11:30~15:00&17:30~23:00 木曜定休
Twitterあり

今日はちょいと遅めのお昼。この時間なら客も少ないかなと「游」へ、借りてた「バオー来訪者」を利子つけて返しに来た(そして「魔少年ビーティー」を借りてきた)。メニューの狙いはもちろん「淡麗(白)冷やし麺」、あちこちで評判高いんで早く来たかったんだよな。調理過程見てて気づいた事、去年もそうだったんだけど、麺を冷やすための氷水で丼も冷やすって店は他にもあるが、スープを注ぐためのレードルまで冷やす店ってのはここしか知らない。少しでも美味しくするための手間のかけ方がハンパない。
18080700.jpg 18080701.jpg
麺は平打ちの中細麺、きっちり締められてぬめりもなく、シュルッと口に収まる滑らかな口当たり。ただ2,3本、やたら硬い麺があったな。なんでやろ。スープは和風ダシベースかな、ただ表層の煮干し油が強烈で、それが先行してそのまま逃げ切るくらいの印象の強さ。そこにアクセントになるのがネギとカイワレとみじん切りのミョウガ、特にミョウガは結構量もあって存在感が強い。他の具はレアチャーシューと煮玉子半分、いつも通りの美味しさ。そして種が多いコレはカボスかな、絞ってもないのに時々酸味と香りが飛び込んでくる。終盤はそのままスープに入れてちょいちょい突っつくだけで程よい酸味と苦味を醸し出す。最後はスープまでほぼ完食。
俺的にはちょっと煮干し油が強かったかな。苦味やえぐみはなかったんだけど、やっぱ油なんで存在感が強いんやね。とはいえ皆様絶賛も納得の味わいでした。次は最初から細麺とかお願いしてみようかな?

支那そば やっちゃんち@百年橋 ~デフォより安くていいのかしら~ 

冷やし支那そば+ワンタン 600+100円 ☆4.5
福岡市中央区清川3-12-1 7:00~14:00(木曜11:00~14:00) 水曜定休
ブログあり

今日はドームで野球観戦。というわけで麺ドラには行けんので、早めに家を出て麺を一杯。いくつか11時開店の候補店を考えていたのだが、「やっちゃんち」のブログで「今日は冷やしラーメンを10時から提供」って書かれてたんでそれに決定。店に着いたのは10時40分頃だったかな。券売機で迷わず「冷やし支那そば」の食券を購入。あとトッピングはワカメや半熟煮玉子がオススメって書いてあったけど、あえて「ワンタン」をチョイス。なおこの時間で先客2組後客1組。
18080500.jpg 18080501.jpg
麺は細~極細の平打ち弱縮れ、きっちり冷やされてムチムチとした歯応え、口あたりの滑らかさも好ましい。スープは鶏ガラや豚骨ベースで塩気は控えめ、油っ気はちょいあるけど、冷たいのに固まってないから植物性の香味油を足してるのかな。見た目通り、透明感とキレのある味わい。具は細切りのチャーシューとメンマ、その間にはニンニクの芽かと思ったがコレは細ネギのナムルか、あとプチトマト半分と豆苗、追加のワンタンはあん無しの皮のみで5枚。チャーシューとメンマは普通に美味いね、量もちゃんとあって、これでデフォの支那そば塩より値段が安いってのが不思議でならない。細ネギは微かなゴマ油とニンニクが利いている。豆苗は正直、火を入れた方が好みかな。そしてワンタンはプルンと踊るような食感、皮だけだけど食感的にも味的にも面白いオプション。最後はスープまで完食。
「今年は冷やしラーメンの当たり年」の中に迷わず入れたい当たりラーメンでした。杯数限定、昼にはなくなってるかもしれない稀少麺、是非あなたもお試しを。

五島軒@荒戸 ~冷やしラーメンの当たり年~ 

冷やしラーメン 650円 ☆4.0
福岡市中央区荒戸3-4-20-2F 11:30~14:30
ブログあり

今日のお昼は駐車場完備が嬉しい「五島軒」。狙いの一つは「冷やしラーメン始めた」ってのを店のブログで見かけたのと、もう一つはこの記事を読んだこと。製麺同人誌を出すような製麺マニアがすごいと言ってるんだからホントにすごいんだろう。というわけでオーダーは迷わず「冷やしラーメン」。
18072800.jpg 18072801.jpg
麺はラー麦と全粒粉を使い、家庭用製麺機で打った中太麺。その歯ごたえはモッチリというかムッチリというか、しっかりした歯応えだが「硬い」という印象は皆無、しかも冷やされて抵抗感が増した感じ。麺がスープ以上にキンキンに冷えてやがるのも好印象、歯に冷たさが伝わってくる。対するスープはあごを中心に和食材をふんだんに使い、冷たいながらも濃いめの味わい。節系よりあごが前に出てるってのが個性的。塩気は控えめだがスパイシー感があって味が締まっている。香味油のニンニクが強めに出てるのかな。ケモノ系を使ってないのに物足りなさは全くない。具はチャーシュー、さつまあげ、半熟煮玉子半分、チンゲンサイ、岩のり、プチトマト、ネギ。チャーシューは脂身無しで味付けしっかり、噛みしめて美味いタイプ。さつまあげは甘め、そしてほんのり温かいのが不思議。岩のりのザックリとした歯応えもいいね。プチトマトは酸味がちょっと浮いてる感じ。最後はスープも残さず完食。
麺もスープも具もいいが、やはり麺かな。冷たくしてこの美味さ、これは改めてデフォの「あごだしラーメン」も食べたくなってくるね。それにしても今年は冷やしラーメンの当たり年かね、あちらこちらで美味い麺が食べられる幸せよ。近いウチに未食の「ラーメン屋游」にも行かなきゃだな。「一風堂塩原本舗」は8月から細つけ麺が始まるし、「komugi」も「佐渡友」も「長浜将軍長住店」も……わー、身体が足りない!(笑)