FC2ブログ

麺道はなもこし@薬院 ~ああ、すごいなコレ~ 

濃厚鶏そば+御飯割り小 850+100円 ☆4.5
福岡市中央区薬院2-4-35 11:45~13:30&19:00~20:30 日曜定休

今日のお昼。「はなもこし」の前を通りがかったのが11:42、開店待ちで並んでる人は4人。あれ、コレチャンスじゃね? というわけで俺も並んで開店と同時に店内へ。座ってみて、ああこの店の席数は7だったのかと知る。オーダーはここ数回品切れだった筆頭メニュー「濃厚鶏そば」。一杯ずつ作ってるんで少々待って麺登場。
19041300.jpg 19041301.jpg
麺は細~極細のストレート麺、見た目通りの素直な食感と歯応え、そしてスープの絡みは抜群にいい。啜るだけでしっかりとスープを持ち上げてくれる。そのスープ、主材料は華味鳥、羅臼昆布、干し貝柱。品名通り濃厚な鶏ガラスープは油もすっかり溶け込んで、しっかり濃厚な味とコラーゲン感。そしてその裏にドッシリとした和風味、それが鶏ガラのサポートではなく、しっかり存在感をアピールしてくる。ダブル主演みたいな力強い味わい、それでいて塩気は控えめなんで喉が疲れない。具はフワッとした食感の鶏チャーシュー4枚、半熟煮玉子半分、原型キクラゲ1個、メンマ2本、ネギ。どれもちゃんと美味い。完食後はスープを残すのが惜しくて、
19041302.jpg
御飯割り小。あー卵割り入れたいね。御飯は意外にも麦飯、なので歯応えが面白い。最後はスープの一滴すら残さず完食。
どのくらいぶりかわからんくらい久しぶりの「濃厚鶏そば」だったけど、そりゃ開店前から並ぶわって納得の美味さでした。次は「まぜ麺(辛)」の予定だけど、「濃厚鶏そば」残ってたらそっち頼めるか怪しいカモ。

ぷち麺にゅーす
・博多デイトス地下1階「そば茶屋 文六」に9日から「はまぐり蕎麦」830円が登場してますよ。

かなで食堂@春日、夜はお花見からの飲み会で 

白はまぐりの澄まし醤油ラーメン+炒飯セット 750+200円 ☆4.0
春日市須玖南1-182 11:00~22:30 火曜定休
ブログあり

今日のお昼は「かなで食堂」の春の期間限定メニュー。食べてる途中に「中華そばかなで」のさらに期間が短い限定メニューが飛び込んできたけど気にしない方針で。あと炒飯セットもつけてもらう。ちょい待ったかな、先に炒飯登場。
19040600.jpg
セットにしてはかなり量が多いな、嬉しいな。予め具と味を入れて炊いておいたご飯を、注文後に炒めて味を加えて仕上げる感じかな。パラパラではなくシットリタイプ、具のチャーシューや卵もいい感じではあるが、味が濃いというか強いな。濃厚豚骨に合わせる前提なのかな、今回の醤油ラーメン相手にはかなり主張してくる感じ。とか言ってたら麺登場。
19040601.jpg 19040602.jpg
麺は多加水の全粒粉入り細麺かな、普通に上質で普通にいい感じ。ムッチリ感もある茹で加減。スープは和風ダシベースにハマグリダシかな、貝出汁独特のクセある美味さがきっちり響いてくる。具のハマグリは火入れが浅い印象なので、他に出汁用のハマグリを使ってるのかも。具はレアチャーシュー、ハマグリ2個、ミツバ、ネギ。ラーメンと一緒にハマグリの貝殻用の豆皿も来たんで、チャーシューはそっちに避難させてジワジワと味わう。レアチャーシュー美味いねぇ。ハマグリは柔らかいんだけど身離れが悪く、貝柱は諦める。ミツバはフレッシュな風味がいいねぇ。最後はネギ以外の具まで完食。
炒飯の量が多くて、結局お腹いっぱいでした。次は「中華そばかなで」の限定麺だな。

夕方から、オトモダチとお花見でしたよ。
続きを読む

福間ラーメン ろくでなし@福津 & 濃厚豚骨ラーメン一@神湊 

今日の麺ドラはいろいろあって遠出出来ないので近場で。宗像らへん目標に。まずは福間の「ろくでなし」、期間限定メニューの「塩ラーメン」狙いで。開店直後ながら先客1組、後客バンバン入って駐車場はほぼ埋まるほど。
19033100.jpg 19033101.jpg
麺は角麺っぽい細麺、加水率高めなのか細麺ながらプリッとした食感がかなり俺好み。スープは鶏ガラや豚骨や野菜やいろいろ使ってるのかな、複雑に入り混じった味わいで、派手さはないけどしみじみと深い味わい。塩気も油っ気もそんなに強くはなく、終盤は擂りゴマ入れたらかなり合う。具は厚みが違うチャーシュー2枚、半熟煮玉子半分、細切りメンマ、カイワレ、白ネギ。チャーシューはレア気味で、厚い方はモッチリ感が半端ない。玉子の味加減、メンマの歯応えもいいね。ごはんぶっ込みたいなぁとか思いつつ、ズズッと完食。
ハイバランスでハイレベル、中でも麺とチャーシューが好みでした。チャンスあったらまた食べに来たいなぁ。

福間ラーメン ろくでなし
塩ラーメン 750円 ☆4.0
福津市中央4-22-30 11:00~翌3:00(金・土・祝前日~翌4:00、日祝~24:00) 無休
HPあり


二麺目は神湊交差点らへんにある商店長屋、「Happy Herbs」や「らく農家」が有名かと思うが、そこのラーメン屋跡地に最近オープンした「濃厚豚骨ラーメン一」へ。入口正面に券売機、今はラーメン、ご飯モノ、替玉、ドリンクのみの品揃え。いずれ増やす予定はあるみたい。麺は「濃厚豚骨」「あっさり豚骨」の二本立て、迷わず「濃厚豚骨」をチョイス。麺の硬さは普通で。待ってる間店内眺めてるとある場所にメニューの説明あり、「あっさり豚骨」は濃厚に出汁を加えて作ってるらしい。よく見ると卓上調味料の横に昆布の細切りが。こりゃ「あっさり豚骨」も気になるな。
19033102.jpg 19033103.jpg
わはは、泡立つ泡立つ。度が過ぎて灰汁っぽくも見えるな。
麺は中細、ちょい縮れか。このくらい濃厚なスープにはこういう麺が合うのかも。歯応えしっかりめの茹で加減。スープは純豚骨かな、臭みはないが実に濃厚。しかもあえて方向性を絞ってないのか、油っ気も髄感もコラーゲン感もなんもかんも強め。でも臭みはないな。塩気もほどほど。これはちょっと面白いぞ。食後2時間は唇がペタペタしてたし。具のチャーシューは薄めのが2枚、まあ普通かな。茹でモヤシは量も多めで、このスープには実に合う。あとはキクラゲと青ネギ。最後は具の欠片まで完食。卓上の昆布や辛子高菜も良かった。
お値段お高めだけど、一口スープ飲んだら納得。同じ濃厚豚骨でも、他店とは違った個性が見えて良かったな。次は「あっさり豚骨」を是非。厨房見た感じ、提供直前に豚骨と出汁を合わせる感じではなかろうか。ワクワク。

濃厚豚骨ラーメン一
濃厚豚骨 650円 ☆4.0
宗像市神湊44-2 11:00~15:00&17:00~20:00 水曜定休

福建@中尾、夜はライブからのセンベロからの日本酒からの 

中華そば+炒飯(小) 550+250円 ☆4.5
福岡市南区中尾1-30-12 11:30~14:30(水木金土)&17:00~20:30(土日) 月火定休

今日のお昼は「福建」。この辺の道路は東西も南北もバイパスが出来たんで今となっては裏道の裏道、にも関わらず正午前には満席になる人気っぷり。なお店の東側の空き地が駐車場みたい(ボロボロになった看板もあるし)。カウンター5席に4人掛けテーブル3卓かな。それを4人で回している。持ち帰りメニューもあるし、トイメンの農産物直売所にも皿うどんや餃子を置いてたりする。さて皿うどん、焼きそば(パリパリ)、打滷麺も評価があるが、俺的には「中華そば」と「炒飯(小)」が気になるんでオーダー。ちょい待ってまず麺、続いて飯登場。
19032300.jpg 19032301.jpg
麺は細ストレート、ちょい柔の茹で加減がスープと合ってて好ましい。スープは鶏ガラ中心に中華らしくいろんな素材が入り混じった味わい、濃厚ではないが深みがありしっかりとした味わいで、塩気も油っ気も控えめの優しい味付け。そこにブラックペッパーがいい感じのアクセント。具のチャーシューは小さめ薄めながら味付けしっかりでこれまたアクセント。他にたっぷりめの茹でモヤシ、細切りのキクラゲ、青ネギ。
19032302.jpg
炒飯(小)はお茶碗に山盛りで思った以上に量がある。パラパラではなくお箸でも食べられる感じ。タマネギや卵の歯応えがいいね。味付けは塩コショウかな、しっかり油が回ってて割とドッシリとした味加減。そこにハクサイの漬け物が合うね。ラーメンのスープとの相性もいい。最後はスープの大半まで完食。
まあとにかく優しくも力強いラーメン、そこに油っ気強めの炒飯の相性の良さよね。スープがコレなら何食っても美味いでしょうよ。次は「五目そば」かな。ちなみにメニューこんな感じでした。
19032303.jpg

さて夕方からはライブ「山里亮太の140」。
続きを読む

Essence Chinese Kitchen@周船寺 ~芯の味~ 

鶏絲湯麺セット(塩味) 650円 ☆4.0
福岡市西区周船寺3-6-37 11:00~14:00&17:00~22:00 水曜定休

今日のお昼は「Essence」。あれ、10日ぶりだな。前回とは違う上司がここに来たがっててね。いや本当は周船寺駅近くの「中華川菜 蓮華」に行ったんだけど看板外してたみたいだったんで、代案だったんだけど。というわけで前回気になった「鶏絲湯麺セット」を塩味でオーダー。ちなみに今日はどんどん客が入ってきてほぼ満席。駐車場は空いてたんで、ご近所の皆様かな。地域に愛されるってのは大事ですよね。
19032100.jpg 19032101.jpg
麺は弱縮れの細麺、ちょい柔くらいの歯応えかな。透明感溢れるスープは恐らくこの店の味のベースであろう、鶏ガラの風味がギュワン! と利いている。キリッと利いた塩味、そんなに強くない鶏油の風味と合わさり、シンプルにして力強い味わい。それは例えるなら、サファテのような球の重さは無いが、シャープでキレがある甲斐野の158kmストレートのような(わかりづらいな)。一方具はシンプルに鶏モモ肉、ミズナ、ネギ。この中じゃネギが一番存在感あったかな。スープとも合ってたし。そして麺完食後はもちろん、
19032102.jpg
スープ茶漬けの儀である。数口食べてはスープを追加し、シャバシャバの状態で啜る美味さよ。
予想通り、抜群の美味さでした。シンプル系塩ラーメンの中でも屈指かも。この麺と「五目あんかけラーメン」を食べ比べると、この店の両極端を味わえるカモ。あとは麺と具が手を入れる余地があるかな。