FC2ブログ

杏仁坊主@住吉 ~中華屋の冷やしラーメン~ 

冷やし魚出汁ラーメン 990円 ☆4.0
福岡市博多区住吉2-4-7 11:30~14:00&17:30~23:00 不定休
Instagramあり

結構激しい雨の中、今日のお昼は「杏仁坊主」。店のインスタで出てた「冷やし魚出汁ラーメン」が狙い。メニュー名だけでも惹かれるね。天気が天気なので先客1組後客いっぱい、でも満席ってほどではない。やや待って麺登場。
20081100.jpg 20081101.jpg
麺は中細の縮れ、ムチッとした歯応えで麺自体の味もほの甘い。スープは和風ダシ素材に、中華らしく干し魚も使ってるかな、和風ダシよりちょいとクセが強く、キリッと塩気も利いていて、しっかり強い味わい。うん、「深い」よりは「強い」って印象だな。具は焼き魚のほぐし身、一口揚げワンタン、大根おろしと梅肉、キュウリ、茹でモヤシ、カイワレ、レモンスライス。ほんのり温かい焼き魚と、歯応えのいいワンタン、中盤以降は大根おろしと梅肉で味変も楽しめる。スープの味が梅肉に全く負けてないのがいいね。最後はスープの大半まで完食。
20081102.jpg
無料のセットはデザートにしました。相変わらずムッチムチの杏仁豆腐。
ちょっちゅ言うと、麺量がもうちょい欲しいかな。冷たい麺だからなおのこと。ただ、味は個性的でしかも好みなタイプでした。杏仁荘も杏仁坊主も、今後の新メニューがますます楽しみですな。
20081103.jpg 20081104.jpg
あぁ……飲みでも来たいよなぁ……食べたいメニューがいくつもあるよ。なんだよ「鮎の春巻 山椒の香り」って。

麺や佐渡友@三苫、夜はうどん居酒屋とか 

咖哩らー麺 858円 ☆4.0
福岡市東区三苫6-13-38 11:00~15:00 不定休(主に月曜)
Facebookあり

今日のお昼は「佐渡友」、平日なんで特に待ちもなくすんなり入れる。オーダーは「らーそー麺+チャーシュー」か「咖哩らー麺」か迷っていたが、店内けっこう冷房効いてるんで「咖哩らー麺」をチョイス。そんなに待たず麺登場。
20080600.jpg 20080601.jpg
麺は自家製の、気持ち平打ち気味の細麺。ムチッとした張りのある歯ごたえで、麺量も多めっぽい。スープは鶏ガラベースにスパイスが利かせてある。ベーススープとカレー風味がいい具合に張り合っていて、どっちも負けてないのがいいね。辛さは主に表面に浮いてる油分で、それを除けばベースとスパイスのハーモニーが更に楽しめる。具はチャーシュー2枚、ネギ、カイワレ、糸唐辛子かな。チャーシューは脂身トロトロ肉質ホロリ、サイズ感もいい感じ。ご飯放り込んでも美味しかろうとか思いつつ、ズズッと麺完食、スープも半分以上。
ラーメン屋のカレーラーメンで、ベースとカレーが絶妙に張り合ってるってのはなかなか無いよね、これはいいね。ちょいお値段お高めだけど、それに応える味わい。またブラッシュアップして食べられたら嬉しいね。

夜はソロ飲み。麺ネタあるけど畳んでます。
続きを読む

麺処直久@香椎浜 ~とにかくスープがいい~ 

純鶏らーめん塩 620円 ☆4.0
福岡市東区香椎照葉6-6-6 11:00~21:30OS 不定休
HPあり

今日のお昼は「麺処直久」。関東から来た店で、来たいなぁとか思ってたけど自粛関係で営業してるかどうかもわからず、来れなかったんだよね。いろんな店が並ぶフードコートに店を構える。メニューこんな感じ。
20080102.jpg
高いメニューもあれば安いメニューもある。というわけで最初はデフォの一番安い「純鶏らーめん」を塩でオーダー。ちょい待って呼び出し機が鳴り、麺を取りに行く。
20080100.jpg 20080101.jpg
麺は自家製の中細で弱縮れ、噛み応えはあるけどちょいとハードな歯応え。もうちょい柔麺の方が俺的には好み。スープは名古屋コーチンの親鳥を肉付きでしっかり煮だしたそうで、まあこれが抜群に美味い。純鶏だから恐らく鶏のみだろうな、油っ気を入れるとコクがあり、油っ気を除くとスッキリして深い。このスープがこの値段で味わえるかねってくらいに美味い。具は鶏チャーシュー、豚チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ2種。チャーシューはいずれも正直薄くて物足りない。片方に絞って厚み倍にしてほしいくらい。他の具は普通にいい感じ。最後はスープの大半まで完食。
とにかくスープが良かった。スープの美味きは百難隠すってくらいに美味かった。こうなると次は何かね、淡麗つけ麺からの鶏だし塩つけ麺かね。あと、他の人が頼んでたそぼろご飯もすげぇ美味そうだったんだよなぁ。

らーめん はや川@高宮 ~ある意味初体験~ 

冷やしらーめん白 800円 ☆4.0
福岡市南区玉川町11-11 11:00~15:00&18:00~22:00(スープ売切次第閉店) 水曜定休
Twitterあり

オトモダチがTwitterで行列無かった冷やし美味かったって言ってたんで俺も今日のお昼は「らーめん はや川」へ。Twitterのアカウント名を見るに、店名改めたのかな。13時過ぎとはいえ行列は無く、それどころか店の前の駐車場も空いている。ここに停めるのはじめてやで。さて券売機で迷わず「冷やしらーめん白」の食券を購入。ちょい待って麺登場。
20072700.jpg 20072701.jpg
麺は棣鄂の平打ち細麺、ツルツルッとした口当たりに、細さの割のはかまり強いモッチリ感。いいねぇ。麺量もかなり多め。スープは昆布だし中心、昆布が過ぎてとろみも感じるほど。なので麺への味の絡みも抜群。塩気や油っ気は控えめ。具のチャーシューは豚と鶏が1枚ずつ、豚は脂身がやや重いが、炙りで香ばしさが立っているのはいい。鶏はジューシーで美味い。他に海苔、白髪ネギ、カイワレ。正直、白髪ネギが多過ぎかな。この繊細なスープに白髪ネギの辛さは合わない気が。万能ねぎとかの方が良さそう。まああくまで俺的感想ですが。というわけで、ネギ残してスープの半分くらいまで完食。
今年はあちこちの店で冷やしラーメン出してるけど、ここまで昆布で押してくるのは個性的よね。次は煮干しベースの「冷やしらーめん黒」も狙ってみたいね。

らぁ麺 なお人@渡辺通、からの落語からの 

特製鶏と鴨と蛤の柚子塩らぁ麺 1,000円 ☆4.0
福岡市中央区渡辺通5-10-28 12:00~15:30&18:30~24:00(売切次第閉店) 水曜定休
Instagramあり

今日は麺ドラではなく市内にてイベント。その前に「なお人」へ。開店前に来るも待ちの列、まあ今日は時間に余裕があるのでディスタンス気にしつつ待つ事に。選ぶ麺は「特製鶏と鴨と蛤の柚子塩らぁ麺」。開店から入店まで20分、麺登場までさらに10分。
20072600.jpg 20072601.jpg
麺はカネジン謹製だっけ、細麺の弱縮れ、良く見ると角が立ってるかな。プツッと歯切れがいい、割と歯応え強めの麺。スープは、まあ油っ気が強いね。鶏油と鴨油か、コッテリ感が麺にしっかり纏う感じ。油を除いた味わいは割とすっきりコク深く、塩気がなんとなく蛤っぽい感じ。具はチャーシューが豚肉と鶏肉2枚ずつ、いずれも低温調理だが、今日は鶏の方が美味かったな。他に半熟煮玉子、穂先メンマ、白髪ネギ、カイワレ、柚子皮。メンマは歯応えが面白く、柚子皮は後味に存在感あり。最後は具の欠片まで完食。
正直な感想としては、もうちょい油っ気を抑えて、もうちょい蛤を強く出してくれたらなぁって感じですかね。あと煮玉子はもうちょい味付け強めで。とはいえ高いレベルでのいちゃもんであり、ベースとしては文句なく美味かったです。次はいよいよアカムツかね。

20072602.jpg 20072603.jpg
本日のメインイベント「橘家門朗 改メ 橘家文太 二ツ目昇進記念落語会」。二ツ目の昇進披露口上を、地方都市の福岡でなんて滅多にない機会じゃないですかね。それでなくてもコロナ禍の中で久々の生落語会。定員400席の会場で100席限定、さらに配信付き、入場退場までディスタンスに気を遣っての開催。腹の底から笑わせていただきました。寄席囃子、曲芸、紙切り、口上まであって4時間の長丁場、ありがとうございました。ぜひ、もそっと。

20072604.jpg 20072605.jpg
打ち上げは「うどん栄」……ありゃ電話が通じない、お休みか。では「エムズグリエ」……お、席取れた。まずは先付の干し肉と、前菜三種、中華風レバーパテ、トリュフビーフン、生ザーサイ。いずれもちまちまつまめる系。ビーフンはトリュフオイルが絡んでるようで、今まで食べたトリュフ料理の中でも一番良かったかも。エビチリは辛い一辺倒ではなく美味さが深い。もちろんエビはプリプリ。
20072606.jpg 20072607.jpg
五目春巻き、揚げ色このくらいでいいのか。味はこってり濃厚。焼売は肉の味がしっかり濃いめ、最初からタレと糸ショウガが載ってるあたりが面白い。
20072608.jpg
〆は四川風冷麺。つっても辛さは程々。はなもこし謹製の細麺はムッチリと存在感強め、そこにゴマや山椒の風味が絡み、具の細切りキュウリやネギ、粗みじんのニンジンやズッキーニ、味付けて炒めた挽肉、揚げネギ、パクチーなどが様々絡んでくる。こりゃ〆に良し、アテに良し、流石の一杯ですぜ。ご馳走様でした!

20072609.jpg
そして〆の〆はふとっぱらのラーソーメン。ショウガ入りの甘いつゆにラー麦の細麺。なんぼでも腹に入るわ。ごちそうさまでした~。