FC2ブログ

博多テールラーメンたのしや@松島、夜は飲み会 

海老テールラーメン 720円 ☆4.5
福岡市東区松島3-34-26 11:00~20:00 火曜定休(祝日は翌日振替)
Facebookあり

今日のお昼は約1年ぶりの「たのしや」。麺メニューは特に増えてないので、宿題麺の「海老テールラーメン」をオーダー。さほど待たずに麺登場。
18101300.jpg 18101301.jpg
麺は平打ちの細麺、ちょっとダマがあったのが惜しいな。茹で加減はちょい硬めで、口当たりの滑らかさは好ましい。スープは「テールスープに甘エビと桜えびを併せ鰹節で味に深みを出した」そうで、なるほどテールスープの美味さを感じさせつつ、エビの香ばしさも立っている。鰹節のチップっぽいサクッとした歯応えのモノや桜海老っぽいカリッとした歯応えのモノも浮いていて、ゴマや糸海苔とも相まって一口ごとに変化する味わいを楽しめる。具は他にテール肉とネギくらいかな、テール肉はダシ殻なので味的に存在感は薄い。麺完食後、以前は無かったはずの小ライス(キムチ付きで100円)を頼んで放り込もうかとも思ったが、スープがあまりに美味いんで飲み進めるうちにライスを入れるほどの量はなくなってしまった。
テールとエビの風味が際立っているというよりは、いろんな味が入り混じって複雑な美味さってタイプの味わい。次は新メニューの焼マンドゥセットにして、ライスをスープに放り込みたいな。

夜は飲み会でした。麺ネタもあるよ。
続きを読む

ラーメン処 のんちゃん@伊万里 & らーめん砦@佐世保、そして長崎の夜を楽しむ 

今日は朝から麺ドラ、一番の目的は長崎くんち。それに併せて麺とか観光とか楽しもうって寸法。まずは福岡から唐津を経由して伊万里へ。牛骨ラーメンを提供している「のんちゃん」が最初の狙い。思ってたより狭めの店内は先客後客無し。麺は醤油塩味噌が600円、具材多めの特製が700円、他に和風とか辛そうなのとかつけ麺とか幅広い。俺のオーダーは「特製塩ラーメン」。待ってたら店主さんが小さな擂り鉢出して「ゴマも合いますので良かったら」と。なのでゴマを擂り擂りしつつ待ってたら麺登場。
18100700.jpg 18100701.jpg
麺は中細の縮れ、プリッと感やチュルッと感も良く、食感的に面白い。スープは伊万里牛のゲンコツを丸1日炊いてるそうだが、なるほど豚骨よりクセがなく、それでいてコクはある。塩気も結構強めで、意外と万人向けかも。テールスープとはまた違った感じかな。具はたっぷりの茹でモヤシを中心に、バーナーで炙った伊万里牛薄切り肉、煮玉子、牛そぼろ、コーン、カニカマ、ワカメ、青ネギ、くらいかな。牛肉はサイズ感は寂しいが流石に美味い。煮玉子も味濃いめかな。終盤、ゴマを投入して残った具を浚いつつ食べ尽くすのが楽しい。
麺もスープも具もハイレベルで、メニューも豊富、近場だったら全メニュー制覇したいところ。早起きして麺ドラで伊万里に来る機会を増やせたらいいな。

ラーメン処 のんちゃん
特製塩ラーメン 700円 ☆4.0
伊万里市蓮池町114-1 11:00~15:00&18:00~23:00 不定休
HPあり


さて伊万里から佐世保へ。次の狙いは貝出汁で名を馳せる「らーめん砦」。コインパークに車を入れて店の前に来ると待ち1組、ただし7人(笑)。まあ待つかと名前を書き入れ、15分くらい待ったかな、店内に案内される。ちなみに帰りがけに見たら合計24人待ち、うおぉ良かった良かった(笑)。さてオーダーはスタンダードメニュー「砦」。まあ最初は基本でしょうよ。そこからはさほど待たずに麺登場。
18100702.jpg 18100703.jpg
麺は中細のストレートかな、ちょい硬めの茹で加減。マテ貝とかで取ったスープは……思ったほどクセがないな。和風ダシの範疇に収まりそうだけど独特な感じ、総じて甘めかな。塩気も控えめだし。同じ貝でもシジミやハマグリのような尖った感じはない。具はマテ貝2個、ベビーホタテ3個、ベーコン、ワカメ、揚げネギ、ネギ、クレソン(かな?)。意外と個性薄めなスープの中で、ベーコンとマテ貝はかなりの存在感。特に軽く炙ったベーコンは、美味いんだけど後味が残らないのがいいね。丼は小さめだが麺量は十分、二麺目なんで割と苦しみつつズズッと完食。
想像してたほど個性的な味ではなかったんだけど、想像してたより個性的なメニューがズラズラと並んでた(笑)。次は「来世は公務員になりたい」かなぁ(笑)。

らーめん砦
砦 780円 ☆3.5
佐世保市万津町7-11 11:30~15:00&17:00~20:30 不定休
HPあり


18100704.jpg 18100705.jpg
ここから長崎入り。今回の最大の狙い「コッコデショ」も堪能しつつ(リアルはいいなぁ!)夜は長崎のオトモダチと飲み。舞台はまた別のオトモダチにオススメ頂いた「だしぼんず」。
18100706.jpg 18100707.jpg
焼き雲仙ハム、鯛ダシ水餃子、馬レバ刺し、揚げ五島うどんとか楽しみつつ、飲み会の締めは、
18100709.jpg 18100708.jpg
地獄炊き! 2~3人前で1,500円。アゴだしと生卵の両方用意していただけまして、嬉しいね。この店は半生麺を使ってるようで、乾麺よりもソフトな食感、それが生卵とよく合うのだ。もちろんアゴだしとも。本場の五島うどんを味わえて良かったなぁ、自宅でもやってみたいな。

18100710.jpg
そこから二次会へ。途中に「阿蘭陀船」に遭遇。こういった偶然もくんちの楽しみだってオトモダチが。確かに。
18100711.jpg
そして日本酒フリードリンクという天国、あるいは地獄。自分の想定以上に酒が進みました。ご一緒頂きありがとうございました~! この後うっすらとした記憶の中ではバタンキューでした。多分。

中華そば かなで@東比恵 ~グアニル酸の味かしら~ 

木の子の中華そば 750円 ☆3.5
福岡市博多区東比恵2-8-23 11:00~22:00OS 火曜定休
ブログあり

今日のお昼は「中華そば かなで」。駐車場が1台分空いてて良かった~。オーダーは秋の期間限定メニュー「木の子の中華そば」。
18100600.jpg 18100601.jpg
麺は中細の平打ち、割としっかりとした歯応えと滑らかな口当たり。平打ちっぽさはそんなに強くない。スープは和風ダシにキノコオイルかな、スッキリと軽やかな味わいで醤油もキリッと利いてるんだけど、甘さと土の香りを足したような風味が気になる。これがグアニル酸というかキノコオイルの味なのかな、まあちょいとクセはあるけど美味しいよ。具はレアチャーシュー、赤タマネギ、シメジとエノキ、シイタケの含め煮、ネギ、針ショウガ、チャーシューの上の茶色いのはキノコオイル作った時のキノコの残りかな。レアチャーシューはいつも通りの美味しさ、針ショウガは歯応えも風味も存在感がある。シイタケは甘めでジューシー。終盤は味変スプーンの柚子胡椒ペーストを溶き入れるが、タイミングが早かったのか、あまり柚子っぽさは感じなかった。
インパクトは強くないが、他店では味わえない個性ある味。最後はごはんにスープかけて食べても美味しかったかもなぁ。

博多元助 大濠公園駅店@大手門 ~思い出は美化されまくってるけど~ 

鶏そば 700円 ☆4.0
福岡市中央区大手門3-7-6 11:00~23:00 年末年始定休
HPあり

今日のお昼は「博多一幸舎 慶史」からリニューアルした「博多元助」大濠公園駅店。華味鳥を使った鶏の専門店として、鶏白湯ラーメン、鶏そば、特選鶏つけ麺を用意し、さらにチャーシューも鶏、サイドメニューもかしわごはんや唐揚げを揃える。さて俺のオーダーは迷う事なく「鶏そば」。9年程前、平尾にあった一幸舎の系列店「博多元勲」のとりそばが大好きで、その記憶はずっと美化されまくってるんで、まあその記憶に追いつく事はないだろうと思いつつ、期待をしてのオーダーである。
18100200.jpg 18100201.jpg
製麺所慶史謹製の麺は細麺、微妙に平打ち気味かな、でも平打ちっぽい食感ではなく、終盤にはちょい伸び気味かつ千切れた麺が結構あった。透明感のあるスープは……おお、これはいい! 鶏清湯と言っていいかな、静かに炊いた鶏ガラの力強い風味に鶏油のコク、そして塩気も強めで味が引き締まる。和風ダシは感じなかったけど、バックで支えてくれてるのかな。具の鶏チャーシューは低温調理だろうか、まずまずモッチリ感とジューシーさがある。他の具は山クラゲとネギ。この山クラゲ、メンマ的な食感で悪くはないんだけど味付けはないかごく薄め、そして数本スジがあった。これではメンマよりいい食材ではないなぁ。とはいえ、ブラックペッパーや柚子胡椒を投入しつつ、最後は久しぶりにスープまで完食。
いいトコあり、惜しいトコあり、少なくともスープは俺のツボでした。さあ、次は鶏白湯かつけ麺か。

六味亭@志免 ~個性炸裂、まさに和風坦々麺~ 

担々麺 650円 ☆4.5
糟屋郡志免町志免東2-1-10 11:30~15:00 月曜定休(祝日は翌日振替)

今日のお昼は「六味亭」。8月から始まる予定だった夜営業はまだやってないみたいね。正午過ぎの店内はちょいちょい待ちが出るくらいの人気ぶり。オーダーは二枚看板の前回頼まなかった方「担々麺」。サーブがスムーズに行ってたのかな、さほど待たずに麺登場。
18092200.jpg 18092201.jpg
麺は製麺所慶史謹製の中細縮れ、歯応え口当たり、そして味の絡みがいい。量的には多からず少なからず。スープは鶏ガラベースだそうだが、どっちかというと和風味の方が前に出てる気がするな。ゴマ風味は利いてるけど擂りゴマ中心だからか、あっさりして重くない。辛さはラー油のみかな、後から卓上の「六味スパイス」で花椒の風味を加えても面白い。トッピングは肉味噌、茎ワカメ、白ネギ、砕いたピーナッツ、あとみじん切りのネギ。肉味噌は鶏挽肉の他に「あごそぼろ」が入ってるそうで、歯応え強めな上にスープの和風っぽさをさらに増してくる。茎ワカメやピーナッツの歯応えも楽しいね。最後は挽肉の欠片まで完食。
後味軽やかで和風味な担々麺、具も個性的。ここでしか味わえない味という意味では「中華そば」より面白いかも。次は背脂とかでカスタマイズしてみようかな。ごはんをぶち込むのもいいかも。

18092202.jpg 18092203.jpg
ところで今夜行った「くらり庵@室見」ですが。
18092204.jpg
日曜が定休日に加わりました。行かれる際にはご注意を。