FC2ブログ

ワンタンメンの満月@ラーメン滑走路 ~さらばまた会う日まで~ 

小ワンタンメン+煮玉子 650+100円 ☆4.0
福岡市博多区下臼井 福岡空港国内線旅客ターミナルビル3F ラーメン滑走路 10:00~21:00OS
HPあり

19021800.jpg
福岡空港ラーメン滑走路「ワンタンメンの満月」、一旦閉店カウントダウン始まるも諸事情あったかリセットされ、二度目のカウントダウン。ついに明後日までとなる。ホントはもう来られない予定だったのだが、今日たまたまこっち方面に用事が出来たのと、とあるツイートに刺激されたってのもあって、最後に一杯食べに来た。オーダーは小さめの「小ワンタンメン」、せっかくなので「煮玉子」もつけてみた。客も少ないんでさほど待たずに麺登場。
19021801.jpg 19021802.jpg
小といっても博多ラーメンよりは確実に多いよ。自家製麺は細縮れ、ムチッとプリッとした食感がいい感じ、茹で方がいいのか千切れた麺もほぼ無かった。スープはちょいと酸味も感じる和風味、アゴと煮干しと昆布とケモノ系だったかね、美味さはしっかりしてるけど軽やかで落ち着く味わい。ただ煮干し系苦手な人には向かないかな。具はワンタン3個、チャーシューが1枚と大ぶりに刻んだのが少々、メンマ、白ネギ、追加の煮玉子。ワンタンは極薄の皮の食感こそが楽しい。ただ極薄すぎて、1個はあんが零れ出てたな。チャーシューは刻みの方が炙りが入ってて香ばしくて美味い。煮玉子は普通にいい感じでした。最後は具の欠片まで完食。
最後にワンタン食えて良かったなぁ。次は博多阪急あたりの催事になるかな、また会える日を楽しみに。
19021803.jpg 19021804.jpg
ついでに画像供養。去年の10月に食べた「極薄ふわツル塩ワンタンメン」930円。ブログに上げなかったのは、塩気が強すぎて結構喉が渇いちゃったんよね。味の方向性は好きだったんだけどね。

大陸食堂 三千世界@田村 ~また帰ってきたよ~ 

中華そば 600円 ☆3.5
福岡市早良区田村7-20-8 11:30~14:00(夜は中華居酒屋営業) 土日祝定休(ランチタイム)
Twitterあり

19021301.jpg 19021302.jpg
今日のお昼はランチ再開してまた止めてまた再開した「三千世界」、麺は担々麺、光麺、中華そばとあって、俺のオーダーは「中華そば」。麺は細麺、ツルッと口当たりが良く、量も丼のサイズの割りには結構入っている。スープはいかにも中華な、鶏ガラを中心にいろいろな素材の味が混じり合ったタイプ。塩気控えめ、油っ気程々。具は茹で豚3枚、フワッとしてるけど歯ごたえはあって味付けは極薄。逆に半熟煮玉子は味濃いめ。あとピリ辛のメンマと、真ん中の野菜はホウレンソウとモヤシとタケノコとキクラゲのミックス、ホウレンソウがすっげぇ柔らかい。あとは細かく刻まれたネギとゴマか。最後は麺の欠片まで完食。
19021300.jpg
あら、日替わり以外にもメニューあるのね。あと、麺に白飯やそうざいをつけられるセットもある。次は光麺の塩にセットかな。あと、味も接客もいい店なのですが、結構広い店内を2人で回しておられるんで、お急ぎの方はその辺ご注意を。

サッポロラーメン一光@飯塚 & かほラーメン@嘉麻 

今日の麺ドラは久しぶりに筑後以外だよ。飯塚。まずは八木山バイパスを抜け「一光」へ。正午前で満席、ちょっと外で待ったが5分もせずに通される。券売機で「カレーバターラーメン小盛」の食券を購入。フリーペーパーとかスポーツ新聞とか読んでたらそんなに待たず麺登場。
19021000.jpg 19021001.jpg
小盛の麺は100g、連食にちょうどいいサイズ。中太の縮れ麺は縮れっぷりが半端なく、暴れるような口当たり、プリッとした歯応えもいい感じ。スープは鶏ガラや豚骨のスープをベースに、カレー粉かルーを溶き入れたタイプかな。結構スパイシーだが激辛ってわけでもなく、食欲をそそる風味。最初は刺激的に、中盤からはバターが溶けてまろやかに。バターのサイズも大きめで、終盤はかなりコク深くなる。具はチャーシュー2枚、茹でモヤシ、コーン、海苔、ネギ。チャーシューは巻いたバラ肉かな、しっかり存在感がある。海苔は四角くて大きいと見せかけて実は三角、つまり見た目通りのサイズ。最後は具の欠片まで完食。
小盛なのに具はたっぷりなのが嬉しいね。特にバター。次はようやく味噌かな。

サッポロラーメン一光
カレーバターラーメン小盛 600円 ☆4.0
飯塚市椿195 11:00~(売切次第閉店) 木曜定休


二麺目は「かほラーメン嘉隈」……に行ってみたら改装工事で休業中。というわけでもうちょい足を伸ばして「かほラーメン」へ。こちらも満席の人気っぷり、カウンター1席残ってたんで座ったけど、2人で店を回してる店員さん、視線すらくれない。まあ大忙しなんでしょうね。お冷やは出てきたんで認識はされてたみたいだけど。
19021002.jpg
フリーペーパーで、この店の売りの一つである「畑からの野菜ラーメン」のスープをベースにした新メニューが出てると知ったんで(ちなみに豚骨みそ、和風豚骨もあるよ)、今日は「和風醤油ラーメン」をオーダー。少々待って麺登場。
19021003.jpg 19021004.jpg
麺は細ストレート、ラー麦100%で独特の歯応え。ムッチリというかモッチリというか、細さの割りに粘り腰のようなものを感じる。スープは野菜ダシと和風ダシのダブルだそうだが、これまたかなり独特だな。野菜由来の甘さ、醤油由来っぽい甘さ、和風ダシのコク、あとスパイシー感もある。トータルで「甘美味くてちょいピリ」。底にニンジンの欠片も沈んでたな。具はチャーシュー2枚、煮玉子半分、キクラゲ、ネギ。チャーシューは小さめだが意外と味が強い。キクラゲは量があるな。最後は具の欠片まで完食。
俺的には好みの範囲なんだけど、結構人を選びそうな個性的な味だったな。次は「味噌ラーメン」かな、冷やしが出てたらそっちにするかも。

かほラーメン
和風醤油ラーメン 660円 ☆3.5
嘉麻市中益488-1 11:00~20:00 火曜定休
HPあり

中華そば かなで@東比恵、夜は映画と飲み会と 

瀬戸内極にぼしそば 750円 ☆4.5
福岡市博多区東比恵2-8-23 11:00~22:00OS 火曜定休
ブログあり

今日のお昼は「中華そばかなで」。一昨日食べた「かなで食堂」との食べ比べ、こちらは「瀬戸内極にぼしそば」。店主さんの話によると、煮干しの産地が違うだけでスープの取り方は全く同じだそうで。
19020900.jpg 19020901.jpg
麺も一昨日と同じやね、自家製の細麺。ツルッと滑らかな口当たりとプツッと歯切れのいい歯応え。終盤千切れた麺が少々あるところまで同じだ。スープは……むむぅ、違うな。一昨日は「ああ煮干しだね」って感じだったけど今日は「あれ、煮干し以外も使ってる? いや煮干しか?」って感じ、うま味の構成要素が広いのかな。やや派手さも感じる煮干し感。苦味えぐみもあるけどごくわずか。具は紫タマネギこそ同じだが、他にレアチャーシューと、ハーブは何だろう、ミツバっぽいけど味は違った気がする。チャーシューは相変わらずいいですな、肉質は早めに食べて、脂身やスジはちょいと熱を通して食べるのが俺流。最後はスープの大半まで完食。
長崎は「深く煮干し」、瀬戸内は「幅広く煮干し」って感じかな。長崎と瀬戸内で比べたら、俺の好みは間違いなく瀬戸内。まあ、だからこそ、先に長崎食べて良かったかなとも思ったり。いずれも個性が楽しかったです、ごちそうさま~。

夜はオトモダチと映画とか。
続きを読む

かなで食堂@春日、夜は餃子屋で麺までも 

長崎極にぼしラーメン+旨トロ叉焼丼セット 750+190円 ☆3.5
春日市須玖南1-182 11:00~22:30 火曜定休
ブログあり

今日のお昼は「かなで食堂」。期間限定メニューである「長崎極にぼしラーメン」が狙い。あと、そういえばこの店の炒飯が食べたかったんだよなぁと思って、オーダーはラーメンと「旨トロ叉焼丼セット」。何故だ? ホント何故だ?
19020700.jpg
先に丼が。チャーシューの端っこをホロホロになるまで炊いてるのかな、甘めだが甘すぎない味付けがごはんとよく合う。卵黄のコクもいいし、ごはんの量も結構ある。数口食べたあたりで麺登場。
19020701.jpg 19020702.jpg
麺は自家製の細麺、加水高めかな、ツルッとした口当たりと歯切れの良さが特徴的。ただ終盤、千切れた麺が少々あったんで、扱いが難しいのかも。見た目的に全く食欲をそそらないスープは、まさに煮干し全開。ただ意外とサラッとしていて、えぐみや苦味は微かにあるけど、後に引かない。塩気は控えめ、油っ気はほぼ無い。具は丼の肉と似ているが、こっちは八角の香りがするな。他にミズナと刻みタマネギ、タマネギはこのスープと相性がいいと思う。最後はスープの半分くらいまで完食。
こういう「クセがあるけど後味が軽い煮干し」って珍しいかも。目指すところはわかるし、個性的でもあるけど、俺の好みからはちょっと外れるかな。ハマる人はハマる味かと思います。ちなみに姉妹店「中華そばかなで」では今日から「瀬戸内極にぼしそば」が登場だそうで。味比べも楽しかろうなぁ。

夜は餃子屋で飲み会でした。麺ネタもあるよ。
続きを読む